ニュース
» 2008年07月28日 17時56分 公開

今年も「JR東日本ポケモン・スタンプラリー」の季節がやってきました日々是遊戯

今年も「JR東日本ポケモン・スタンプラリー」の季節がやってきた。数あるスタンプラリーの中でもかなり難易度が高い、上級者向けのイベントだが、それだけに楽しさ、達成感は格別だ。

[池谷勇人,ITmedia]

今や夏休みの定番イベントに

今年もピカチュウサンバイザーがあふれる季節となりました。あぁ、夏が来ました

 今年もJR東日本の各駅に、ピカチュウサンバイザーをかぶった子供たちが大量に出没する季節になった。JR東日本が毎年夏休みに実施しているイベント「JR東日本ポケモン・スタンプラリー」の影響である。

 今年の「JR東日本ポケモン・スタンプラリー2008」は、7月26日から8月10日までの開催。昨年同様、首都圏のJR95駅を対象に、全95種類のポケモンスタンプが設置され、6個集めて「オリジナルストラップ」が、さらに全95駅集めると「オリジナルピカチュウ貯金箱」がもらえるという内容だ。今年でもう12回目の開催とあって、小さな子供をもつ家庭には、もはやおなじみのイベントと言ってもいいかもしれない。

 実は筆者、昨年「1日で全95駅のポケモンを集めることができるか」という無茶な企画に参加したことがあったのだが、このときは6人がかりで朝から夕方まで(スタンプ台の設置は午前9時30分〜午後4時まで)かけずり回ってギリギリ、という有り様だった。つまり、もし1人で回っていれば最低でも6日はかかっていたわけで、いかにこのスタンプラリーがハイレベルなものかが分かるだろう。

 昨年の経験からいくつか攻略のポイントを書いておくと、まず大事なのがやはりルートの選定。スタンプ台の設置駅は、熊谷(埼玉県)や土浦(茨城県)、大船(神奈川県)にまでも及ぶため、無計画にまわっていてはアッと言う間に1日が終わってしまう。うまくルートを考え、同じ方向の駅は1日で回れるようにしておくのが重要だ。

 そんなルート選定に役立つのが「夏休み時刻表 ポケモン・スタンプラリー特別号」。ぜひゲットして、上手くスタンプを集めてもらいたい。また、ぜひ利用したいのが、指定範囲内が1日乗り放題になる「都区内パス」や「ホリデー・パス」などの特別切符。スタンプ台はいずれも改札の「外」に置いてあるので、これらの乗り放題切符を使わないと、電車代がものすごいことになってしまうので注意しよう。

 そんなわけで、数あるスタンプラリーの中でもかなりハイレベルの部類に入ると思われる「JR東日本ポケモン・スタンプラリー2008」だが、あちこちをまわりながらポケモンスタンプをコツコツと埋めていく作業はなかなか楽しい。親子で夏休みにじっくりコミュニケーションをとるにも最適なので、機会があればぜひコンプリート目指してチャレンジしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」