連載
» 2008年07月30日 14時34分 公開

2度の挫折を乗り越えた独身ガルカが見た「FFXI」の素晴らしき世界感じるヴァナ・ディール(第3回)(2/2 ページ)

[山本博幸(ねこひげLLC),ITmedia]
前のページへ 1|2       

ホラー要素満載のグスゲン鉱山

 夏に欠かせない、もう1つの要素は心霊の類の話。今の時期、各局のテレビ番組やメディアで心霊スポットが取り上げられているが、ヴァナ・ディールにも身の毛もよだつエリアが存在する。バルクルム砂丘と同じく、コンシュタット高地と隣接しているエリア「グスゲン鉱山」がそれだ。

よーく目をこらしてください。鉱山内は薄暗く、いかにも何か出そうな雰囲気を漂わせている。内部の構造も分かりづらいので、最初の頃はよく迷子になり、そして戦闘不能になったものだ

 ここには鉱山開拓中、不運な事故により命を落とした人たちの霊が、まるで冒険者に無念を訴えかけるようにさまよっている姿が、あらゆる場所で確認できる。もちろん冒険者の霊感の有無は問わない。それを見ただけでも充分恐ろしいのだが、深夜になると鉱山中を響かすサイレンの音を聞くと(特にプレイの時間帯が夜中の場合)、初めて訪れた冒険者なら驚かずにはいられないだろう。今はさすがに慣れているが、昔はソロで鉱山内の探索中に、何度サイレンの音に驚かされたことか。そしてレベル上げで戦っていたスケルトン族に、何度返り討ちにあったことか。もしかしたら、ここで命を落とした多くのキャラクターたちの亡霊が、冒険者(=プレイヤー)を恨んで、事故者に交じって夜な夜な徘徊しているのかもしれない。信じるか信じないかは、アナタ次第だが……。

よく見ないと分かりづらいが、この写真には階段を降りる1人の少年の姿がうっすらと写り込んでいます……。キャーーー!!
サイレンが鳴り響いたあと、鉱山内にある特定の泉に近づくと、水中から怨念の塊のようなゴースト族が浮かんでくる。ギャーーー!!

高レベルになってからは、「骨くず」や「ボムの灰」を取るために、よくお世話になったエリアでもある。今はどんな敵が来てもヘッチャラだ

疲労困憊の冒険者を癒す風景

 1人で心霊スポット巡りを堪能したあとは再びバルクルム砂丘を抜けて、今度はラテーヌ高原まで足を延ばす。景色的にはコンシュタット高地と似ているものの、たんぽぽの綿のような植物や小さな泉など、この土地特有のスポットがいたる所に存在する。それらの絶景スポットを見て目の保養をしたあと、僕はある野望を実行することにした。

ラテーヌ平原には、隣接するエリアの「オルデール鍾乳洞」へ続く道が崖下に存在する。風が強い日はたんぽぽの綿のような植物から綿毛が宙を舞い、とても幻想的らしい
コンシュタット高原にはない泉のオアシス。周囲はゴブリン族が徘徊しているので、低レベルの冒険者は釣りを楽しむときにご注意を
木々の間から差し込む夕日。どのエリアでも、夕日が落ちる瞬間はつい写真に撮ってしまう

 前回、僕はコンシュタット高地に出現する大羊族(雄羊)のNMを撃破することに成功したのだが、そのとき(ラテーヌ高原のNMも倒してやろう!)と目論んだのだ。残念ながら前回のように大羊族(雄羊)のNMは出現していなかったので、まずは通常の大羊族(雄羊)を倒すことから始める。なぜなら、このNMは再出現する予定の大羊族(雄羊)の代わりに現れるという、いわゆる「同種の敵との抽選」が出現条件のNMだからだ。NMでなければソロでも倒すのはたやすいので、発見次第すぐターゲットを合わせ倒していく。

 どれくらいの時間が経過しただろう。快晴だった空模様も崩れ出し、雨が降ってきた。それでも一向にNMが出現する気配がない。僕もさすがに眠くなってきたので、この日は断念。「今度こそ……!」と今まで以上に強い野望を抱いた僕は、ホラの岩からチョコボに乗って帰ることにした。気づけばさっきまで降っていた雨も上がっており、真っ青な空が気持ちが良い。そして徐々にホラの岩に近づくにつれ、まるで僕の健闘を称えてくれるかのように、綺麗な1本の虹が架かっているのが見えた。NMはめったにお目にかかれないからこそ、その存在価値は高い。今の僕にはこの虹にも、それと同等の価値がある。偶然が巻き起こした奇跡の風景に触れる瞬間こそが、何よりの宝だと思うから。

何度も何度も大羊族(雄羊)を倒し、気がつけば鞄の中は戦利品でいっぱいに。NMと遭遇するには根気が必要だ。前回はたまたま運が良かっただけだ……
実はヴァナ・ディールで虹を見るのは今回が初めて。現実世界でもなかなか拝めないのに、まさかこんな形でお目にかかれるとは。これもラテーヌ高原ならではの絶景ポイントだ

ラテーヌ高原と隣接するオルデール鍾乳洞。長い年月をかけて作られてきた鍾乳石が天井から伸びている。奥へ進むと水面が光輝く泉もあり、納涼するにはもってこい
(C)2002-2008 SQUARE ENIX CO.,LTD All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」