ニュース
» 2008年07月31日 12時15分 公開

触れる恐怖にようこそ――「零〜月蝕の仮面〜」

任天堂は7月31日、Wii対応のホラーアドベンチャー「零〜月蝕の仮面〜」を発売。Wiiリモコンやヌンチャクで“触れる恐怖”を体験できる。

[ITmedia]

 本年1月30日に開催された「テクモ プレスカンファレンス 2008 Winter」にて、テクモと任天堂の共同プロジェクトとして、発売を任天堂が、開発を任天堂とテクモ、そしてグラスホッパーマニファクチュアが担当する「零〜月蝕の仮面〜」が発表された。

 「零」シリーズといえば、“和風ホラーアクション”としてジャパニーズホラーをゲームに体現した作品。プレイステーション 2用ソフト「零〜zero〜」を皮切りに、「零〜紅い蝶〜」、「零〜刺青の聲〜」と作品が続いた。本作では、Wii対応ということもあり、Wiiリモコンやヌンチャクを使って、“体験するホラー”に挑戦している。

 「零」といえば、怨霊を封じこめるカメラ。本作でも「射影機(しゃえいき)」と呼ばれる霊を封じることができるカメラを手に、日本家屋や廃病院を探索し、謎を解くことになる。プレイヤーは、失われた記憶を取り戻すために島へ向かう主人公となり、次第に明らかになる事件の真実に迫っていく。

ストーリー

 幼い頃に誘拐され、1人の刑事に救出された、水無月流歌(みなづきるか)をはじめとする5人の少女。数年後、事件に巻き込まれた5人の内の2人が死亡。そして他の2人、海咲(みさき)と円香(まどか)は事件のあった朧月島(ろうげつとう) に向かうことになった。あの時に何があったのか……。そして失った記憶の先に何があるのかを確かめるため、流歌もまた、朧月島をめざす……。


 本作は、月、仮面、朧月島の家屋や病院、謎の儀式、数々の事件など、これまでもかというほどのホラーの世界を体感できる。あまりの恐怖に、時には息をのむ瞬間も多いはず。物語は、過去に誘拐されたことがある5人のうち、現在生存している3人の主人公のほか、彼女たちを救い出した元刑事、霧島長四郎らの複数視点で展開する。プレイヤーは章ごとに異なるキャラクターを操作することになる。

 過去に記されたメモや日記、新聞記事などによって、事件当時から現在に及ぶ謎が徐々に明らかになっていく。メモの内容から、閉ざされた扉を開けるヒントが得られるなど、謎解き要素も豊富だ。

霊を封じ込めることのできるカメラ「射影機」で霊を封じ込める

Wiiリモコンで懐中電灯や射影機などのアイテムを操作。Wiiならではの操作感覚で、さわる恐怖体験を味わえる
「零〜月蝕の仮面〜」
対応機種Wii
ジャンルホラーアドベンチャー
発売日2008年7月31日
価格(税込)6800円

関連キーワード

Wii | テクモ | 任天堂 | 和風


(C)2008 Nintendo / TECMO,LTD.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」