レビュー
» 2008年08月05日 16時56分 公開

武器格闘アクションゲーム最新作登場! あのゲストキャラクターも……「ソウルキャリバーIV」レビュー(1/3 ページ)

PS3/Xbox 360で同時にリリースされたバンダイナムコゲームスの人気対戦格闘ゲームの最新作「ソウルキャリバーIV」。スター・ウォーズの人気キャラ「ダース・ベイダー」や「ヨーダ」の参入でさらにヒートアップした本作の魅力を最速レビュー!

[松井悠,ITmedia]

バンダイナムコゲームスの2大対戦格闘ゲームのひとつ「ソウルキャリバー」のナンバリングタイトルが次世代ハードでついに登場

 日本刀、巨大な斧、ヌンチャクといった、さまざまな武器を使いこなす魅力的なキャラクターたちによる武器対戦格闘アクションゲーム「ソウルキャリバー」シリーズ。1995年にアーケードでリリースされた「ソウルエッジ」から端を発する本シリーズが、ついに次世代ハードのプレイステーション 3、Xbox 360で同時リリースとなった。なお、Wiiでは体感剣劇アクションとしてWiiリモコンとヌンチャクを使用する「ソウルキャリバー レジェンズ」が発売されている。

 今回紹介する「ソウルキャリバーIV」(以後、SC4)は、シリーズ初のオンライン対戦(PS3はPlayStaiton Network、Xbox 360はXbox LIVEを使用する)対応、1人プレイ用新モード「タワー・オブ・ロストソウルズ」、さらに前作「ソウルキャリバーIII」で好評を博した「キャラクタークリエイション」モードが大幅にバージョンアップして搭載され、オンライン、オフラインでの対戦プレイはもちろん、1人でも楽しめるモードが満載。シリーズ初のアクティブマッチングバトルシステムの採用もあり、今までのソウルキャリバーとはひと味もふた味も違った魅力がある。

 PS3版とXbox 360版の大きな違いは、パッケージ画像を見れば明らか。ゲストキャラクターとしてPS3版にはスター・ウォーズの「ダース・ベイダー」が、Xbox 360版には同じくスター・ウォーズから「ヨーダ」が参戦している。このほかの要素に大きな違いはなく、Xbox 360版にはゲーム内の特定の条件をクリアすることで、自身のプロフィールにひもづけられた「ゲーマースコア」が獲得できること、PS3版ではハードディスクへのインストールが可能な点が挙げられる。

 なお、PS3版とXbox 360版のクロスプラットフォームによるオンライン対戦は、残念ながら非対応。また、今回は発売前のレビューとなるため、オンラインモード周りについての詳細なレビューが記述できなかったことをご了承いただきたい(気になるゲームロビーの有無だけは確認できた。ランクマッチは1vs1のみだが、プレイヤーマッチは最大4人まで入れるロビーが用意されている)。

オープニングムービーより。PS3ではダース・ベイダーと御剣が、Xbox 360ではヨーダとアスタロスの剣舞が堪能できる

システムをしっかりマスターすれば百戦危うからず?

 「SC4」の基本操作は、アナログスティックと、縦斬り、横斬り、キック、ガードに割り振られた4ボタンで行う。「SC4」ではシリーズでおなじみとなっている、ステージの上を縦横無尽に移動する「8WAY-RUN」、相手のさまざまな攻撃をはじく、あるいはさばく「ガードインパクト」、今回から新たに追加された「ソウルクラッシュ」、「クリティカルフィニッシュ」といったいろいろなゲームシステムが搭載されているために、他の3D対戦格闘ゲームと比較しても若干複雑な印象を受ける。しかし、基本要素をしっかりと押さえておけば、あとは通常のゲームの流れの中で、なんとかコツを学んでいけるだろう。

 シリーズを始めてプレイする人は、少し面倒でも「8WAY-RUN」や、「ガードインパクト」などのゲームシステムをしっかりと覚えることから始めることをオススメしたい。というのも、基本システムをマスターしておけば、他のキャラクターを使用した時も、そんなに苦戦することなくゲームを進めていけるからだ。まずはシステムを覚え、その上で自分のお気に入りのキャラクターを使って、「トレーニング」モードなどで固有技を習得していくこと。今回は操作可能なキャラクターがゲストキャラクターなども含めると30体以上もあるので、技を覚えるだけでも大変だが、自分の思うとおりにキャラクターを操ることができるようになったときの喜びもひとしおだ。

 また、今作から追加された要素のひとつに、「ソウルゲージ」がある。ソウルゲージは対戦中の行動によって、青←→緑←→赤と変化していく。相手に攻撃をガードさせ続けると相手のソウルゲージと体力ゲージが赤く点滅し、この状態でさらに攻撃をガードさせたり、ガードインパクトに成功したりすると、相手は「ソウルクラッシュ」状態となり、攻撃の属性によって相手を無防備の状態にして、さらにアーマーを破壊することができる。この際、体力ゲージの横にある「アーマーインジケーター」のライトが消灯している位置が、破壊された部位を示している。さらに、相手をソウルクラッシュにした状態で、A・B・K・G全ボタンを同時押しすると、相手を一撃で倒す「クリティカルフィニッシュ」が発動する、ソウルゲージが白く点滅すると、後述する「スキル」を使用できるようになるなど、本作ではソウルゲージがかなり重要な要素となっている。

ヒットの状況が体力ゲージ下に表示されるようになった
相手の縦斬りには8WAY-RUNによる横移動が有効
横移動を多用する相手には横斬りを印象づけるのも手

固いガードを崩すには、投げも有効な選択になる
美麗なクリティカルフィニッシュシーンは一見の価値あり
「交代」を行うとその場でキャラクターが入れ替わる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」