レビュー
» 2008年08月05日 16時56分 公開

武器格闘アクションゲーム最新作登場! あのゲストキャラクターも……「ソウルキャリバーIV」レビュー(2/3 ページ)

[松井悠,ITmedia]

ゲストキャラクター多数参戦! スター・ウォーズからも、そしてあのクリエーターによるオリジナルキャラクターが?

 先述の通り、本作にはゲストキャラクターとして、映画スター・ウォーズからPS3版には「ダースベイダー」が、Xbox 360版には「ヨーダ」が登場しているが、その他にも日本のさまざまなゲストクリエーターの手によるボーナスキャラクターが存在する。マンガ「GANTZ」の奥浩哉氏、「エア・ギア」や「天上天下」の大暮維人氏、「機動警察パトレイバー」や「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインを担当した出渕裕氏、「舞-HiME」や「舞-乙HiME」シリーズのキャラクターデザイナー・久行宏和氏、「ケロロ軍曹」の吉崎観音氏らが「SC4」のために描き下ろしたキャラクターは、ファンならずとも必見。

 ボーナスキャラクターはベースとなるレギュラーキャラクター流派を使用しているキャラクターで、例えば修羅は両剣使いのセルバンテス、アシュロットは斧使いのアスタロスと使用する技はほとんど同じ。ただ、グラフィックはもちろんのこと、ボイスや勝利ポーズなども大きく異なっているので、普段とは違った気分でプレイできるだろう。

 ダース・ベイダー、ヨーダは完全なオリジナルキャラクターで、体力ゲージの下に特定の技を使用すると減少していく「フォースゲージ」が用意されている。このフォースゲージを使い切ってしまうと一瞬動けなくなるため、使いこなすにはそれなりのコツが必要になる。

黒をベースにしたカラーのダース・ベイダーはPS3で参戦
緑のライトセーバーを持つヨーダはXbox 360に
出渕氏デザインのレイピア使いシェラザード

腹部のネジが印象的な大暮氏デザインのアシュロット
久行氏デザインの神斬蝕(かみきりむし)は棍棒を振り回す
イロイロとセクシーな奥氏デザインの修羅(しゅら)

作れるキャラクターバリエーションは無限大? ボリューム満点のキャラクタークリエイション

御剣のヘアスタイルを変えたところ。かなりインパクトがある

 本作最大のポイントは、自分でほぼオリジナルに近いキャラクターを作れること。通常のキャラクターをベースに、髪型やカラーの設定、さまざまなパラメータが割り振られた「武器」、「パーツ」を装備するカスタマイズの他、男女の性別、体格から、皮膚の色、目の色、髪の毛の色、声質、スタイル(御剣やアスタロス、タキなどのレギュラーキャラクターと同じ動きとなる)などを設定できるオリジナルキャラクターメイキングができる。装備品のカラーも細かく指定可能で、まさに自分だけのキャラクターを作り上げられるようになった。


スキルはさまざまなものが用意されており、プレイスタイルにあわせて選択可能

 キャラクターの装備品にはそれぞれパラメータが割り振られており、「体力」、「防御力」、「攻撃力」の他に、「ブースト」、「ゲージ」、「パワー」など、「スキル」を使用するために必要なポイントが存在する。このスキルはそれぞれのポイントを消費して装備するもので、「横斬り強化」や「削りダメージ」といった普段の攻撃に使用するものから、「オート投げ抜け」、「オートインパクト」といった補助的な要素、一定時間姿を消せる「インビジブル」、お互いが吹き飛びにくくなる「マグネット」、8WAY-RUNの速度が上がる「ランスピードアップ」など、さまざまなものが用意されている。これらは、「スタイル」の熟練度とひも付いており、キャラクターを育てていくと新たなスキルを使用制限が解除される。装備品のデザインを優先させると、パラメータに不満が残り、パラメータ優先で装備をすると、思った通りのキャラクターイメージにならない……。このもどかしさもキャラクタークリエイションならではか。

 オンラインでの対戦にも、オリジナルキャラクターの持ち込みが可能なので、発売後はネタをフルにつぎ込んだキャラクターが多くオンラインに現れることだろう。もちろんスキルやアイテムなどの効果を使用しない従来通りの対戦モードも用意されている。

オリジナルキャラクターを作成する際は、まずスタイルを選択する
お約束の1枚だが、オリジナルキャラの場合、ボディスタイルも変更可能
特定の条件をクリアすることで、こんな武器も装備できるようになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」