レビュー
» 2008年08月05日 16時56分 公開

武器格闘アクションゲーム最新作登場! あのゲストキャラクターも……「ソウルキャリバーIV」レビュー(3/3 ページ)

[松井悠,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

大ボリュームのシングルプレイヤーモード、まずはここでお金を貯めて……

 「SC4」のシングルプレイヤーモードは全部で4つ用意されている。キャラクターそれぞれのストーリーを追いかけていく「ストーリー」、武器やパーツ、スキルなどをカスタマイズしたキャラクターを使用して塔を制覇していく「タワー・オブ・ロストソウルズ」、ノーマルキャラクターで8ステージを闘いぬく「アーケード」、そして、相手キャラクターの動きや強さなど、さまざまな設定を行って練習できる「トレーニング」だ。トレーニング以外のそれぞれのゲームをクリアすると、キャラクタークリエイションモードで使用できるポイントやパーツを入手可能。このポイントは、キャラクターの装備品はもちろんのこと、未購入キャラクターの購入や、「ミュージアム」のイラスト購入など、様々な用途に使うことができる。「ストーリー」では、進行するお話にあわせて、途中でパートナーとなるキャラクターが追加されることがある。ここでさまざまなキャラクターに触ってみるのもいいだろう。

 「ストーリー」のノーマルモードは何度がそれほど高くなく、ボタン連打でもクリアできる程度。「キャラクターに興味があるけれど格闘ゲームが苦手……」という人もストーリーならばサクサクとクリアできる。

アーケードでは特定の条件で技をヒットさせるとスコアが加算されていく
とあるステージでは、見たことのある武器を持ったキャラクターが……

「タワー・オブ・ロストソウルズ」はオリジナルキャラが多数登場するので、カスタマイズの参考になるかも
大王イカを片手にプレイヤーをぶん投げるネコ(?)も登場

「ストーリー」では、キャラクターそれぞれの闘う理由が明らかになる
場合によっては、複数のキャラクターを相手にしなければならないことも

定評のあるナムコの「トレーニング」は今回もさまざまな設定が可能
タイミングのつかみにくい「ジャストインパクト」もここで練習できる

ファンサービスの要素は盛りだくさんだが、初心者にはやや不親切か……?

 高解像度のイラストギャラリーや、新旧キャラクターの相関図など、ファン垂涎の要素が盛りだくさんの「SC4」なのだが、今までにシリーズに触れたことのない人に対してのアプローチがやや不十分な感がある。まず、マニュアルに技が掲載されていないので、いちいちスタートボタンを押して技表を調べなければならない。そのわりには、スタートボタンを押してから方向キーを2回下に入れなくてはならず(PS3の場合)、技表へのアクセスがスムーズにできないのが不満として挙げられる。カーソル位置を記憶しておいてくれれば、技を調べながらプレイができたのだが、ここは残念なところ。また、システムが複雑化しているわりには、チュートリアル全般が不親切で、初心者にはややハードルが高い印象を覚える。

 次世代ハード、しかもマルチプラットフォームで展開するのであれば、今まで「ソウルキャリバー」シリーズを触れたことのない人に対しても、手厚いケアが必要だったのではないだろうか。対戦格闘ゲームは、他のゲームと比較しても、ひと通り遊べるようになるまでに覚えることが多い印象がある。そこをいかに「楽しくゲームをプレイしながら覚えさせるか」がメーカー側の課題になると筆者は思うのだが……。

 「SC4」は、やりこみ要素が非常に多く、対戦格闘ゲームとしてもかなりバランスがとれているだけに、多くの人に触れてもらいたいタイトルだ。だからこそ、初心者に入りやすい施策がもっとあれば、オンラインでの対戦が盛り上がってくるはず。

 格闘ゲームが苦手な人や、初めて「ソウルキャリバー」シリーズに触れる人は、まず「トレーニング」で、ひと通りのシステムを理解することを強くオススメする。覚えることが多すぎるからといってあきらめるのではなく、その先にある「キャラクターを意のままに操る楽しさ」をぜひとも体験してもらいたい。

 なお、PS3とXbox 360版でロード時間を比較したところ、1vs1の場合は非常にスムーズに読み込みが完了するが、特定のステージ(プレイヤーキャラクター2名、敵キャラクター3名)の読み込みには若干時間がかかった。あくまでも筆者の環境下での計測のため、参考程度にとらえてほしいのだが、上記のステージ読み込みにかかった時間はPS3はソフトインストールなしで約20秒、インストール後は約9〜10秒くらい、Xbox 360版はだいたい12〜13秒くらいだった。





「ソウルキャリバーIV」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンル武器格闘アクション
発売日7月31日発売予定
価格(税込)7800円
(C) 1995-2008 NBGI
LucasArts,the LucasArts logo,and the STAR WARS characters,names and all related indicia are trademarks of & (C) Lucasfilm Ltd. (C) 2008 Lucasfilm Entertainment Company Ltd. or Lucasfilm Ltd. &(R) or TM as indicated. All rights reserved. Used with permission.
※画面は開発中のものです


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」