ニュース
» 2008年08月05日 18時19分 公開

絶対に遊んではいけない「手紙」というゲームを知ってますか?日々是遊戯

スクウェア・エニックスの「ナナシ ノ ゲエム」じゃないが、ゲーム関連の都市伝説としてはけっこう有名な、「遊ぶと死ぬゲーム」のウワサをご存知だろうか。

[池谷勇人,ITmedia]

確かにROMデータは存在、最近ではプレイ動画も

 毎年この時期になると、必ず掲示板などで話題に登るのが「手紙」というゲームのウワサだ。要は「遊ぶと死ぬ」系のよくある都市伝説なのだが、実際にそのソフトはどうやら存在するらしく、けっこう具体的な体験談も挙がっているのが面白い。

 それぞれの報告で共通しているのは、どうやらスーパーファミコン用のソフトであること、ジャンルはサウンドノベルで、電源を入れるとタイトルロゴもなくいきなりゲームが始まる――など。ソフトといっても実際に発売されたものではなく、個人制作のいわゆる同人ソフトで、最初にどうやって出回ったのかは不明。少なくともインターネット上にROMデータは存在しているが、実際にカセットとして存在していたかどうかもよく分からないようだ。

 ゲームの内容は、ある男が「ハルマゲドン」というゲームをコピーして遊んでいたところ、プレイ中に恐ろしい事態に見舞われるというもの。途中に選択肢などはなく、数分間で読み終わるごく短いものだが、以前掲示板でプレイの様子を実況していたところ、途中からだんだん人が減っていって、ついに誰もいなくなってしまったことから、「遊ぶと死ぬ」というウワサが広がったらしい。結局、なぜ誰もいなくなってしまったのかは今でも謎のままだ。

 また、Windows用のフリーソフトでやはり「手紙」というサウンドノベルがあるが、こちらは上記ソフトとはまったく別の内容。推測するに、たまにこの2つを混同して、「途中に選択肢はなかった」、「いや、オレがプレイしたのには選択肢あったよ」といったちぐはぐなやりとりがなされることがあり、これが「プレイする人によって内容が変わる」というウワサにつながったのではないかと思われる。

 Webで検索すればぞろぞろと関連の書き込みがヒットするし、ニコニコ動画にはプレイ動画も上がっている(あえてリンクはしません)ので、興味がある人はあくまで「自己責任」でいろいろ探してみてはいかがだろうか。なお、この原稿を書いている最中、編集部から突然電話がかかってきて死ぬほどビックリしたのはここだけの秘密です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」