ニュース
» 2008年08月08日 14時16分 公開

ピカチュウ、ソニック、ポケモン――ゲームが由来となった遺伝子たち日々是遊戯

日々新しい遺伝子が解明され、命名されている昨今だが、先日「ピカチュリン」という遺伝子が大阪バイオサイエンス研究所の研究チームにより発見された。もちろん名前の由来は……。

[池谷勇人,ITmedia]

化学の世界でもピカチュウは人気なのか?

 先日、大阪バイオサイエンス研究所の研究チームにより、視覚情報を脳に伝達する際、重要な働きをするタンパク質が発見され、「ピカチュリン」と命名されたとのニュースが報道された。ネーミングの由来は、もちろん「ポケットモンスター」のピカチュウをもじったもの。我々が普段見ている映像は、網膜が受けた光を“電気信号”として脳へ伝えたものなので、その意味ではぴったりなネーミングと言えるかもしれない。

 同じようにゲームが由来となった遺伝子のネーミングとしては、体の各器官を形成する際に作用するという遺伝子「ソニック・ヘッジホッグ」(こちらは発見者がソニックのファンだったため)や、がんを引き起こすカギになるという「ポケモン」遺伝子というものもあった。なお、後者は「POK Erythroid, Myeloid ONtogenic factor」の頭文字をとって「POKEMON」と命名されたとのことだが、こちらは「がんとポケモンのイメージが結びつくのは良くない」とし、2005年に「Zbtb7」に改称されている。

 約2万種類存在すると言われているヒトの遺伝子だが、現時点でその働きが分かっているのはほんの一部。もしかすると今後も、こうしたゲーム由来の遺伝子が命名されるかもしれない……? それにはまず、研究者がゲームファンであることが重要なのだが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する