連載
» 2008年08月12日 13時19分 公開

あの手この手でドキドキさせろ! より過激になった魔女たちを、本能のままにタッチすべし!今日は何の日? 萌え曜日!

タッチペンを使わずに、実際に指でタッチして女の子の柔らかさを脳内補完する輩が続出したゲーム「どきどき魔女神判!」待望の続編が登場。新要素、新ヒロインを追加した、さらなる萌エロを体験すべし!

[雛見沢秀一,ITmedia]

煩悩ますますヒートアップ!!

 こんにちは。高校野球で必死に応援する女の子に萌えて萌えて仕方ない雛見沢です。彼女たちが一喜一憂しながら応援する姿には、なんだかドラマを感じますよね!

 僕が応援娘にドキドキしているさなか、7月31日にSNKプレイモアから「どきどき魔女神判2」が発売されました。本作は、魔女の疑いがある女の子“魔女容疑者”の体をタッチして正体を暴いていく“魔女チェックモード”が話題となった「どきどき魔女神判!」の続編となる作品です。

 前回の騒動から数週間後、またもや天使界から魔女探しを頼まれた“ちょい悪”中学生の西村アクジ。魔女を探すために“天桜守学園”へと転校してきたアクジは、元悪魔の天使のクロと、いつも元気いっぱいな女の子の聖花ころんとともに、新たな魔女探しをすることになる……といった内容です。

photophotophoto 魔女容疑者の情報や証拠となるアイテムを、聞き込みしたり怪しい場所を調べて集める“アドベンチャーパート”。証拠を示し、追いつめられた魔女と戦う“魔法バトルモード”。勝負に勝ち、魔女の体に隠された証を探す“魔女チェックモード”の、3つのモードを繰り返しながら物語を進めていく

 新要素として、前作のヒロインやサブキャラクターたちを魔女チェックできたり、マイク機能を使って女の子たちと会話が楽しめる“どきどきチェッカー”が登場。触ったり息を吹きかけるだけでなく、会話で相手をドキドキさせることで、女の子とより深いコミュニケーションが楽しめるようになりました。

photophoto (写真左)魔女チェックモードでの新要素である拡大コマンドを使用すると、胸やお尻など、女の子の特定の部分にズームし、ピンポイントで体を調べることができる。容疑者のひとり・羽織くれはの場合は、彼女のビックバストが調べほーだい!
(写真右)リストの中にあるセリフを、マイクを使ってしゃべることで会話できる。セリフ内容は『お兄ちゃんって呼んでくれ!』や『さわってもいいか?』など、きわどいセリフのオンパレード!

 ニンテンドーDSのタッチ機能を煩悩ド直球に活用した本作。前作のCEROがC(15才以上対象)だったのに対して、今回はD(17才以上対象)に上がっている点から考えても、萌えとエロスがパワーアップしています。

 正直に言えば、『早く魔女チェックしたい!』とはやる心を抑えながらプレイしていました。女心を理解しながらうまくドキドキさせることも大事ですが、個人的には『いかに自分の心を抑制できるか?』も重要なポイントだったり

 また、魔女チェックモードだけでなく、アドベンチャーパートに出てくるセリフやマーローくんの嘔吐(おうと)物の名称などもかな〜り過激。表現の限界に挑戦しているさまが、萌えやエロスとは関係なく別の意味でハラハラドキドキさせてくれます

 しかし、なにも萌えやエロスだけが見どころというわけではありません。容疑者探しの証拠集めや情報収集では、謎解き要素や個性的なキャラクターたちとの掛け合いが楽しめるし、魔法バトルでは、相手に合わせた戦い方を探すのも楽しみのひとつ。

 女の子にタッチし放題な本作で、あふれる本能に対して忠実に従いたい人や、普通の恋愛アドベンチャーとは違うシステムで萌えゲーを遊びたい、という人はぜひプレイしてみてください。

 最後に、本作に登場する女の子(+天使)と、本作の萌えポイントをご紹介!!

photo

●聖花ころん(CV:こやまきみこ)

 魔女探しを手伝ってくれる女の子。アクジがバイトする喫茶店のマスターの娘で、天然のトラブルメーカー。序盤から、ころんとクロによるダブルボケで物語のテンションを上げる。よくパンツをはき忘れるという、すばらしきおっちょこちょい。


photo

●悪魔クロ(CV:壱智村小真)

 魔女探しをナビゲートしてくれる天使で、非常に腰が低くいつもオドオド。元悪魔なためか、魔女探しの際は呪いや魔術で解決しようとする。本作で残念だと思ったのは、本編でクロを魔女チェックできないこと。クロの性別が判明するイベントをプレイした人ならば、残念だと思っても仕方ないと感じるはず。


photo

●羽織くれは(CV:櫻井浩美)

 魔女容疑者のひとり。生徒から慕われ、ファンクラブもある生徒会長。さらに巨乳。新体操に励んでおり努力を惜しまない。見た目からしてえっちぃけれど、実はひたむきな性格なまたかわいい。くれはの見どころといえば、巨乳にホクロ! ただの黒いポッチなのに、エロスを倍増させるという神秘をぜひ感じて欲しい



■このゲームのココが萌えポイント!

・なんといっても、お触りモードもとい魔女チェックモード
・巨乳生徒会長や双子ロリッ子、クールなサムライ娘など個性豊かな女の子
・物語中、所々にちりばめられた下ネタ。シナリオを書いたライターはすばらしきバカ(褒め言葉)だと思いました
・逆パンダ探しやクリア後に遊べる隠されたモードなどのやり込み要素

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」