レビュー
» 2008年09月02日 01時50分 公開

最強の敵「魔王モロク」現る!「ラグナロクオンライン」新アップデート先行体験リポート(1/3 ページ)

2008年9月9日。「ラグナロクオンライン」の大型アップデート「魔王モロク」が幕を開ける。今回は、その「魔王モロク」で新たに追加、変更されるさまざまな要素を、ひと足はやく体験させてもらった。既存のマップだった砂漠の都市モロクは、このアップデートでどのように変化しているのだろうか。

[ねぎ,ITmedia]

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントが運営する「ラグナロクオンライン」(以下、RO)は、かわいらしいキャラクターや、高い自由度を持つシステムが人気を呼ぶ、老舗のMMORPGだ。昨年から短期間での大規模アップデートが続いているROだが、今回もまた、前回のモスコビア実装から約3カ月で「魔王モロク」が実装されることになった。

 このアップデート「魔王モロク」を先行体験させてもらえるということで、大幅な変更が施される砂漠の都市モロクの周辺マップと、新たに追加される「次元の狭間」を冒険してきた。このアップデートで追加される新アイテムの数々もチェック。なお、今回はあらかじめガンホーが用意してくれた、かなり強いロードナイトをお借りしてプレイしている。担当者の方にハイプリースト、ハイウィザードでガイドしてもらって冒険した。

※テスト環境でのプレイのため、特別なキャラクターを使用しています。画面表示・名称・仕様など、実際とは異なる場合があります。

変わり果てた砂漠の都市

 「RO」のサービス開始初期から存在し、ユーザーにはすでにおなじみとなっている砂漠の都市モロクだが、今回のアップデートではそのモロクが激変! 街の中央にはぽっかりと大穴が開き、街はボロボロに崩壊してしまっている。その代わりに、街としての機能はモロクの隣のマップ、ピラミッド周辺に設営される難民キャンプに移行する。モロクにいた数々の商人やクエストのNPCは、難民キャンプに移動することになるようだ。9月9日にガラリと変わるため、前日にモロクでログアウトしていたユーザーは、あまりの変化に驚いてしまうかも?

無惨にも廃墟と化したモロクの街
崩壊した街のいたるところでボランティアを発見。街の復興に尽力しているようだが……

都市機能は難民キャンプに移動。モロクで購入できたすべてのアイテムをここで購入できる
ドラゴンフライや蟻地獄ダンジョンなど、モロクフィールドのダンジョンやボスモンスターの行方も聞ける

「次元の狭間」に飲み込まれたモロクフィールド

 モロクだけではなく、街周辺のフィールドにも変化が。プロンテラの南部からモロクの東部にかけてのフィールドが消滅し、「次元の狭間01」フィールドに置き換わっている。プロンテラ側やモロク側など、どこから足を踏み入れたかによって、出てくる場所が異なる。また、さらに奥に進むためには、クエストが必要になるようだ。「次元の狭間」の入口にあたるこのマップでは、出現するモンスターはどれも従来のモンスターばかり……と思いきや、新モンスターが!! 制作担当者の話によると、「次元の狭間01」には新モンスター「モロクの現身」の天使型、物質型、人間型、精霊型の4種が、それぞれ1体ずつ徘徊しているらしい。突然ケタ違いの強さのモンスターに襲われる可能性があるため、安心はできなさそうだ。

消滅したフィールドにあった蟻地獄ダンジョンは、この「次元の狭間」の中に移動している
ザコモンスターに紛れてモロクの現身が徘徊する危険地帯に……
こちらは天使型。ディスペルや呪い攻撃などを駆使してくるため、非常に戦いづらい。生体工学研究所03のモンスターに匹敵する強さだ

モロクの現身の物質型は、攻撃するたびにこちらのHPを吸収していくため、長期戦になりがち
見た目からして恐ろしい人間型。強さはまだ控えめなほうだが、特筆すべき点は攻撃速度の速さだ
精霊型は念属性のため、武器への属性付与や属性武器の装備は必須。9999のヒールを連発する厄介者だ

謎多き洞窟の村

 「次元の狭間」の奥へと進むために必要なクエストで訪れることになる洞窟村。今回は特別に招待してもらえたが、この村にどうやって行くのかは不明だ。何か理由があって隠れて暮らしている人々の村だが、人々の見た目や会話からはどうも怪しい雰囲気が。いったいここで何が起きるのか!?

一部の村の住人は、腕や脚などがおかしなことに……? 奇声を上げる住民も多く、物々しい雰囲気だ
冒険者たちは明らかに歓迎されていない様子。むしろ危険!?
村にはいくつかの隠し通路がある。真っ黒で進めそうにない場所にも入り込め、奥には隠し部屋が。ここにも何か秘密がありそう
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」