ニュース
» 2008年09月02日 19時45分 公開

PSPは遠慮なく進化していく――「美・画面 PSP」を宣言PSP年末戦略発表会(1/2 ページ)

ソニー・コンピュータエンタテインメントは9月2日、先ごろ発表された新型PSP(PSP-3000)の発売日と価格を発表した。そこにはより美しく進化したPSPが確かにあった。

[加藤亘,ITmedia]

PSP-3000は10月16日発売

会場となったのは、コンラッド東京内ボールルーム「凪波」。左からSCEワールドワイド・スタジオ JAPANスタジオ SVPの小林康秀氏、SCEJプレジデントのショーン・レーデン氏、バンダイナムコゲームス取締役 CSカンパニープレジデントの東海林隆氏、スクウェア・エニックス コーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)は9月2日、先月ドイツで行われた「GC-GAMES CONVENTION-」において、日本をはじめ、アジア、北米、欧州の各市場で、2008年10月より順次発売すると発表された新型PSP「PSP-3000」の日本市場における発売日と価格を発表。PSPの年末戦略を発表した。

 既報のとおり、「PSP-3000」は10月16日に発売される。価格は1万9800円(税込)。PSP-3000は、内蔵マイクを標準搭載し、より高画質の液晶ディスプレイを搭載した新型モデル。カラーは「ピアノ・ブラック」「パール・ホワイト」「ミスティック・シルバー」の3色を用意し、4Gバイトの「メモリースティックPRO デュオ」をはじめ、専用ポーチ、ハンドストラップ、クロスなどを同梱した「バリューパック」も2万4800円(税込)で発売される。


4GバイトのメモリースティックPRO デュオ、専用ポーチ、ハンドストラップ、クロスなどを同梱した「バリューパック」は2万4800円(税込)。写真はピアノ・ブラック
バリューパックから本体、ACアダプタ、バッテリーパックを抜いた「アクセサリーパック」も発売。価格は3800円(税込)
より長時間の使用に対応したバッテリーパックとバッテリーカバーをセットにした「バッテリーパック」は5500円(税込)

PSPをセットしたまま簡単に充電や映像出力ができる「クレードル」は4800円(税込)。写真の「クレードル&D端子ケーブル」は6500円(税込)
こちらはPSP-3000のカラーをモチーフにした「ポーチ」で、1800円(税込)。カラーはピアノ・ブラックとミスティック・シルバーの2色
単体ではACアダプタとバッテリーパックを同梱している。3色ともの19800円(税込)。写真はミスティック・シルバー

りゅうちょうな日本語で報告するSCEJプレジデントのショーン・レーデン氏

 PSP-3000のなんといっても最大の特徴は美しくなったディスプレイといえる。480×272ピクセルの1677万色と、まったくPSP-2000と変わらないものの、明らかに見やすくなっている。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)プレジデントのショーン・レーデン氏は、PSP-3000のプロモーションコンセプトが「美・画面 PSP」であると紹介する。

 レーデン氏はまず、国内販売状況としてハードウェア販売数が累計で1000万台を突破したことを改めて報告するとともに、据え置き機を含む全機種で今年ナンバー1の販売数となっているとデータを示す。これによると、昨年9月に発売したPSP-2000をきっかけに、「モンスターハンターポータブル2nd G」を代表する強力なソフトが発売されたことで、大きく販売数を伸ばしたことが分かる。こうして普及しつつあるPSPだが、ゲーム以外での利用状況として調べてみると、音楽、動画、写真、Web、テレビとさまざまな使い方をしており、ゲームしかしていないユーザー数は16%ほどと少ない。いかにPSPがユーザーの多様な要求を満たす可能性を秘めたハードであるかとレーデン氏は語る。



 「継続的にユーザーにアピールできる機能を追加していき、それに見合ったものへとハードもソフトも進化させなくてはならない。我々は、これから遠慮なく進化させていく。サービスについても同様だ」と、レーデン氏は進化の過程として発表されたのがPSP-3000なのだと言わんばかりに強気だ。

 サービスについては、さきほどのゲーム以外でのPSPの利用状況からWebを利用する39%に向けた施策として、以下のPSP向けオンラインサービスの充実も発表された。

  • PSPからPlayStation Storeに直接アクセスできるダウンロードサービスを開始
  • PS3の「まいにちいっしょ」がPSPに――「まいにちいっしょポータブル」
  • アドホックモード対応のソフトウェアで、離れたユーザー同士で協力プレイなどのコミュニケーションを楽しむことができる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる