トップ10
» 2008年09月10日 18時41分 公開

ワタシきれい?

年末商戦をにらんで、各メーカーのカンファレンスや発表会が立て続けにあった先週、美しさにこだわったアレが上位を独占しました。

[加藤亘,ITmedia]

なんとなく並べてみました。3色そろいぶみ

 ご覧のとおり、「美・画面 PSP」関連が“遠慮なく”上位を独占した。PSPは携帯ゲーム機の顔ともいえる“画面”を、より美しく表示させるという、いわば正統進化を遂げたことになる。昨年発売された、PSP-2000の時のような劇的な変化は見た目ないが、電源を入れて画像を見比べてみるとなるほど変わっている。

 記事にもあるとおり、PSP-3000とPSP-2000の形状を比べてもそれほど違いはない。両サイドのエッジに多少丸みを加わり、従来あった「HOME」ボタンが「PS」ボタンに変更されたことを受け、SONYマークが左側(本来PSマークがあった場所)へ移動。そして、VOLボタンの隣に標準搭載の内蔵マイクの穴が開いているくらいだ。やはりキモは「携帯機器では最高クラスのコントラスト・応答速度・広色域を実現」し、また「反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすく」なった点。

 実際に見比べてみると、やはり肌色や赤色といった暖色系の発色が顕著。より濃淡がはっきりしている。ただ明るく描写するだけでなく、本来あるべき色をちゃんと表示できるようになったというべきだろうか。現状、もっともその美しさを体感できるのは写真などを見比べた時。というのも、発売済みPSP対応タイトルは従来のPSPでもっとも見やすいよう調整されており、見比べてみたところでそれほど「美・画面」の恩恵を受けることはないからだ。PSP-3000発売を見越して発売される今後のソフトに期待したい。

下がPSP-3000。見た目分からないが画面を見るとなるほど納得。あと小さい穴も開いてます
手前がPSP-3000。並べてみましたが、分かりづらいですか?
なんとなく暗くしてみました。分かります?

 ちなみに、冒頭にある“遠慮なく”ですが、2007年10月にSCEJプレジデントに就任したショーン・レーデン氏がカンファレンスで繰り返し使っていたフレーズを引用したもの。「我々はこれから遠慮なくPSPを進化させていく」とのことですが、遠慮はいりません。やっちゃってください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた