ニュース
» 2008年09月16日 22時30分 公開

名越稔洋氏や中村光一氏など、5人のキーマンが注目タイトルを語る――セガ コンシューマ新作発表会(1/3 ページ)

来春までにセガから登場するタイトルを紹介する「セガ コンシューマ新作発表会 2008 秋」が開催。「ファンタシースター」「シャイニング」シリーズの新作に加え、「龍が如く3」や「風来のシレンDS2」などの新情報が明らかになった。

[遠藤学,ITmedia]
photo 前田雅尚氏

 セガは、来春までに発売予定のタイトルを発表する「セガ コンシューマ新作発表会 2008 秋」を開催した。

 発表会ではまず、セガ 取締役 国内CS事業部 事業部長の前田雅尚氏が登壇し、4月から8月までの国内市況を振り返った。プラットフォーム別に分析した前田氏は、昨年に比べて勢いは弱まったものの、相変わらず圧倒的なシェアを誇っているのはニンテンドーDSであると説明。今期に入ってからはPSPも好調であることに触れ、「現在の日本市場は携帯ゲーム機中心に展開している」と話した。

 PSPと言えば、7月31日に発売された同社の「ファンタシースターポータブル」のヒットが記憶に新しいところだが、8月24日時点での販売本数は59万5000本を記録している(関連記事参照)。このことについて前田氏は、「市場のニーズに合ったタイトルをタイミング良く出せれば、国内市場でもまだまだ売れることを改めて実感した」と述べた。


photophoto

 続けて「来春までにたくさんのタイトルを発売するが、重点タイトルはいくつだと聞かれれば8タイトルになる」と語った前田氏は、「ファンタシースターZERO」「シャイニング・フォース フェザー」「ブレイザードライブ」「無限航路」「428 〜封鎖された渋谷で〜」「不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 〜砂漠の魔城〜」「サカつくDS タッチ and ダイレクト」「龍が如く3」を紹介。各ゲームの詳細はそれぞれのスタッフに任せるとして、あいさつを終えた。

ファンタシースターZERO

photo 川越隆幸氏

 前田氏に続いて登壇したセガ 執行役員 国内CS事業部 副事業部長の川越隆幸氏は、「ファンタシースターオンライン」の流れをくむシリーズ最新作「ファンタシースターZERO」を、ニンテンドーDS向けに発売すると発表した。

 ひとりでじっくり遊べるストーリーモードに加え、ストーリーモードで育てたキャラクターが使える最大4人での協力プレイモードに対応しており、ワイヤレス通信を使えば身近な友人たちと、ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用すれば、日本中のユーザーと冒険を楽しめるという。

 シリーズではおなじみの3段攻撃やアクションパレットシステムなどの要素は継承しつつ、回避や溜め攻撃の導入でアクション性をパワーアップ。また、川越氏が「コミュニケーションを取りながら敵を倒すというシリーズの特徴を、これまで以上の面白さで実現した」と自信を見せる新機能“ビジュアルチャット”では、ニンテンドーDSの下画面を利用し、書いた文字や絵をゲーム中の画面に表示できることなどが明かされた。


photophotophoto

シャイニング・フォース フェザー

 引き続き川越氏から紹介されたのは、ファンタシースターと同じくセガを代表するシリーズ「シャイニング」の最新作「シャイニング・フォース フェザー」。本作ではトレジャーハンターの少年・ジンと、遺跡の奥深くに眠っていた古の少女・アルフィン、2人の出会いから始まる物語が描かれている。


シャイニング・フォース フェザー〜ストーリー概要〜

 遥か昔…、突如として異世界より現れた“虚無”と、それを退けるべく結集された軍団“シャイニング・フォース”の戦いがあった。それから3000年以上の時が過ぎ、虚無との戦いは人々の記憶から忘れ去られ、シャイニング・フォースの痕跡は「古代遺跡」として各地に残っているに過ぎなかった。そんな遺跡を盗掘することを生業としているとレジャーハンターの少年ジンは、とある遺跡の奥で眠っていた少女アルフィンと出会った。自分が“コアユニット”だと名乗ったアルフィンは、かつてシャイニング・フォースが用いていた飛空艇を起動させる。

photophoto



 バトルはユニットターン制で進行するものの、戦闘フィールドからヘックスやマス目をなくしており、戦場を自由に動く楽しみを追求している。川越氏曰く、「ゲームシステムはメガドライブ版の『シャイニング・フォース』を思い起こさせるものに仕上げており、そこにさまざまな追加・変更を加えたことで、飽きのこない、変化に富んだ熱いバトルを実現できた」とのこと。味方ユニット同士との協力攻撃なども難しい操作を必要とせず、テンポ良く直感的に楽しめるという。

 川越氏はこのほか、キャラクターデザイナーに「シャイニング・フォース イクサ」のpako氏と「涼宮ハルヒ」「灼眼のシャナ」シリーズのいとうのいぢ氏をダブル起用したこと、セルアニメと3Dを融合したハイブリットCGムービーを導入したことに触れ、「キャラクターや世界観の魅力を最大限まで引き出せている」と、本作に対する自信をのぞかせた。

photophotophoto


 「ブレイザードライブ」「ワールド・デストラクション 〜導かれし意思〜」、プラチナゲームズとのコラボレーションタイトル「無限航路」といったタイトルも川越氏から紹介された。また、詳細はまだ発表できないとしたうえで、本日ティーザーサイトがオープンしたRPGの存在を明かした。

(C)SEGA
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10