韓国ゲームハイ、近未来ロボットTPS「Metal Rage(仮)」など新作オンラインゲーム6タイトルを発表(1/2 ページ)

日本でも「サドンアタック」、「デカロン」などのタイトルでおなじみの、韓国オンラインゲームメーカー・ゲームハイが9月23日、国内外のメディアを招いた発表会を韓国・ソウルにて開催し、6タイトルもの新作オンラインゲームを大々的に発表した。

» 2008年09月24日 19時10分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

 日本では“ゲームヤロウ”の社名で、オンラインゲームポータル「レッドバナナ」をはじめ、「サドンアタック」、「デカロン」などのタイトルを展開中の韓国ゲームハイ。その次期新作オンラインゲームの発表会が9月23日、韓国・ソウルのJWマリオットホテルにて開催された。

 日本でも2007年にサービスを開始している「サドンアタック」だが、韓国では総人口のおよそ20%にあたる1000万人がこれに登録しているという、文字通りの“国民的FPS”として人気を集めている。そのゲームハイが次なる新作タイトルを発表するということで、発表会の注目度は非常に高く、韓国国内からはもちろんのこと、日本や台湾からも多くのメディアがこれに招かれ、参加した形となった。


 発表されたのは、自社開発タイトル4本+パブリッシングタイトル(制作は他社で、ゲームハイが運営を行う)2本の計6タイトル。今回の発表では、あくまで韓国内でのサービス内容発表に留まったが、基本的にこれらのタイトルはすべて海外展開を前提に考えているとのことなので、日本でのサービス展開についても当然、期待していいだろう。ここでは、各タイトルの内容を順に紹介していく。

日本を強く意識――近未来ロボットTPS「Metal Rage(仮)」

「Metal Rage(仮)」プロジェクトマネージャーのキム・テフン氏

 実際の発表順とは前後するが、まずは今回公開されたタイトルの中でもっとも注目を集めていた、近未来ロボットTPS「Metal Rage(仮)」から紹介しよう。6タイトルの中では、唯一日本でのサービス時期について語られた作品でもあり、当初は日本で先行してサービスを開始する案もあったというほど、日本市場を強く意識したタイトルとなっている。

 本作は2070年の宇宙を舞台に、利権と支配力をめぐって衝突する3カ国(うち2国は同盟関係のため、実質的には2勢力とのこと)の争いを描いた3人称視点シューティングゲーム。キャラクターが“兵士”ではなく“ロボット”なのが特徴で、ロボットらしい重量感のある動きと、金属と金属とがぶつかり合う、美しくも激しいエフェクトが強く印象に残る作品だった。パーツカスタマイズなどの要素はないものの、それぞれ役割の異なる8種類の機体と、多彩な武器の組み合わせによりさまざまな戦い方が可能。イメージとしては、「ロストプラネット」のVS(バイタルスーツ)戦あたりが近いかもしれない。


本作のロゴ&アートワーク。夕日に照らされ、巨大な四つ足の歩行兵器が町中にたたずんでいる

 ゲームモードは、最大30人以上が参加可能な対戦モードのほか、1人でも楽しめるシングルモードなども存在。対戦方式も、単純な陣取り形式のほか、どちらが先にアンテナを設置できるか競うものや、敵国の巨大兵器に協力して立ち向かうものなど、さまざまな形式が用意されるようだ。

 気になるサービス時期だが、韓国では2008年下半期にクローズドβサービスを開始し、その後「2009年夏」を目処に日本市場にも展開していく予定とのこと。関わっているスタッフも筋金入りのロボット好きとのことで、ロボットのデザインや挙動などを見ても、非常によく研究されている印象を持った。ちなみに課金方法は(韓国では)アイテム課金制を採用予定とのこと。


会場で公開されたプロモーションムービー。4体のロボットが激しい市街戦を繰り広げる。プリレンダとは言え、映像のクオリティはかなり高い

こちらは実際のゲーム画面。弾丸を発射した際、画面にブラーがかかるなど芸が細かい。映像の最後には、アートワークにあった巨大兵器との戦闘も

ゲームハイらしくない!? ポップ&コミカルな横スクロールMMO「プロジェクトL(仮)」

「プロジェクトL(仮)」プロジェクトマネージャーのカン・ドンジェ氏

 これまでゲームハイが展開してきたタイトルは、どちらかと言えばハードな世界観を特徴としたものが多かったが、それとはまったく違う路線のタイトルも発表された。それがこの「プロジェクトL(仮)」である。

 ジャンルは2D横スクロールタイプのMMORPGで、キャラクターに韓国で放送中のCGアニメ「ヴィキ・アンド・ジョニー」を起用。童話の世界をモチーフにしたというカラフルでポップなグラフィックや、コミカルなキャラクターの動きなどは、従来のゲームハイ作品とは真逆と言ってもいいだろう。


けっこうインパクトのあるキャラクター。この男の子がたぶん、タイトルにもある「ジョニー」なのだろう

 開発にあたっては「メタルスラッグ」などのアーケードゲームを参考にしたとのことで、ジャンプ中でもある程度自由にキャラクターを動かせたり、スプリングのような乗り物に乗って敵を踏んづけたりと、特にアクション面での楽しさや、操作のレスポンスにこだわった。また、クエストやミニゲームを楽しみながら英単語を自然に覚えたり、買い物や料理といった社会活動をゲーム内で疑似体験できたりといったエデュテイメント要素も充実。メインターゲットは10〜14歳を想定しているとのことで、これまでゲームハイとしては弱かった「低年齢層」にこの作品で切り込もうという意志がうかがえた。

 こちらは2009年上半期に、韓国でクローズドβサービスが開始される予定。また本作は企画段階から海外進出を強く意識していたとのことで、具体的な日程についてこそ触れられなかったものの、今後「ヴィキ・アンド・ジョニー」と併せ、日本や他の市場にも順次展開していく予定とのことだった。

なぜかみんなスプリングに乗っている、ちょっと不思議な世界。ゲーム中でも、このスプリングがアクションのカギとなる

アニメは3DCGだが、ゲーム中のグラフィックは2D。簡単な操作で、誰でもキャラクターをさくさく動かせるのがウリのようだ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」