連載
» 2008年09月24日 19時43分 公開

あきたこまちが萌え化!? 米袋に美少女イラストが施された新米は味も見た目も楽しめます今日は何の日? 萌え曜日!

新米が我々の食卓に並ぶこの季節、米袋に萌え萌えなイラストが描かれた「あきたこまち」が登場! 事故米報道によってお米業界に漂う暗い空気を吹き飛ばしてくれる救世主となるか!?

[雛見沢秀一,ITmedia]

お米と萌えのコラボレーション!!

 どうも雛見沢です。食欲の秋やスポーツの秋などありますが、皆さんはどんな秋をお過ごしでしょうか。僕は言わずもがな、萌えアニメの最終回ラッシュを楽しみつつ、萌えの秋を絶賛堪能中です。

photo 西又さん曰く“一般の方々や子供たちに親しんでもらえるキャラクター”をコンセプトに手がけた模様。市女笠をかぶり稲穂を手に笑顔でたたずむ姿が、冷凍都市に暮らす僕のハートを癒します

 新米が店頭に並びだすこの季節に、秋田県羽後町のJAうごが、美少女キャラクターをパッケージイラストに使用した「あきたこまち」を発表しました。萌え萌えな女の子を描くのはなんと、アニメ化も果たしている美少女ゲーム「SHUFFLE!」や「らぶドル 〜Lovely Idol〜」のキャラクターデザイナー・西又葵さん。彼女が描く、黒髪の和服美少女のイラストで、“この萌え萌えな娘さんが新米を刈り取っているんだ!”なーんて妄想が楽しめちゃいます。

 イラストが描かれた表面部分は、切り取って飾ることができるように和紙でコーティングされています。また、購入した米袋の数だけ、原画を印刷したA4サイズのクリアファイルがもらえるという、うれしいサプライズも(10月15日まで)。ファンならば炊飯器を持っていなくても購入必至な一品ですね。

 気になるお値段は、精米5キロで2730円(送料別)から販売され、玄米(10キロ)にも同じパッケージイラストを使用。購入方法は、インターネットでの申し込みか、JAうご本社の営農販売課に直接足を運ぶかのどちらかとなります。“お店で買うのはハズカシイよ!”という方は、インターネットでの購入がオススメです。個人的には秋田まで行って、JAうごの担当者さんと熱〜い取材(という名の萌えについてのトーク)したいんですけど、経費で落ちませんかね?(※編注:自費でお願いします)

 9月22日から予約を開始(発売は27日)し、すでに600件以上の予約が入り(量にしておよそ4トン超え)、例年(月に10件単位)では考えられない売れ行きを見せているようです。予約開始の前夜から注文が殺到していたらしく、まだまだ予約者が増えているという超人気っぷり。

 JAうご担当者は、“イラストの方が注目されがちではいますが、お米の味の方も自信を持ってオススメします”とのこと。また今回、あきたこまちを購入してお米の味を理解してもらい、リピーターになってもらうことが今後の課題とも語ってくれました。

 さらに、西又さんとのコラボレーションはこれからも続けていきたいとのことで、すでにほかの野菜や果実のコラボや“春夏秋冬の羽後町を描く”なんて企画も構想中とか。

 若い人たちにお米の味を伝えるために生まれた今回のコラボ企画。こんな新米が堪能できるなら、いくらでも食べたくなってしまう萌え好きなファンも多いはず。今年の新米のデキを楽しみたい人もファンの人も、ぜひチェック!!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」