ニュース
» 2008年09月24日 19時57分 公開

日々是遊戯:いろいろスゴかった、韓国ゲームハイの発表会

23日に韓国・ソウルで行われたゲームハイの新作発表会。国が変われば発表会の形式も変わるもので、韓国ならではの発表会に、ちょっとしたカルチャーショックを受けた筆者なのでした。

[池谷勇人,ITmedia]

なんか全体的にゆったりしてます

まるで披露宴のような会場。ホテルの宴会場は日本でもよく使われるが、円形テーブルははじめて見た

 月曜・火曜と、久しぶりに韓国へ行ってきた。目的はゲームハイがソウルで開催した新作タイトルの発表会(別記事参照)だったのだが、これが普段日本で見ている発表会とはいろいろと違っていて面白かった。

 まず、座席が結婚式の披露宴で使われるような、円形テーブルなのにいきなり驚く。そしてイベント開始時間になってもすぐに発表が始まるわけではなく、最初の30分間は入場&座席案内の時間にあてられていて、この間にロビーでゆっくりお茶を飲んだりもできる。普段つい遅刻ギリギリで駆け込みがちな人には、ありがたい習慣と言えるかもしれない。

 発表会がスタートしても、今度はパフォーマーによるダンスや演奏が始まったりして、実際の発表が始まったのは開始から45分後くらい。とにかく全体的に進行がゆったりしていて、発表会が終わると今度はそのままバイキング形式の食事会に突入(このための円形テーブルだったのかも)。かなり長時間会場を押さえておかないといけないが、希望すればこの時間を使ってプロデューサーや会長に話を聞いたりもでき、これはなかなかにウマいやり方だと思った。もちろん今回の発表会が特別大規模だったということもあるが、同行していた韓国人ライターに聞いたところ、「大体こんな感じですよ」とのことだった。

 さらに極めつけは退出時に配られたおみやげである。配っているところをのぞいてみると、中身はなんと250Gバイトの外付けハードディスク。「やった!」と一瞬喜んだものの、インタビューやらで会場をかけずり回っているうちに、僕らが退出するころにはすべて品切れに。世の中そうそうウマい話は転がっていないのでした。

ロビーには各種お茶類のほか、クッキーなどのちょっとしたお菓子類も置いてあった
シェフがその場でお肉を切り分けてくれたりして、バイキングのメニューもけっこう豪華
危険を察知し、一足早くおみやげを確保していたライターさんに、写真だけ撮らせてもらいました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた