ニュース
» 2008年09月26日 23時55分 公開

レベルファイブ、ロボットに変形する新ハード発表?――「LEVEL5 VISION 2008」(2/3 ページ)

[加藤亘,ITmedia]

驚きその3:「イナズマイレブン」シリーズ

上映されたトレーラーでは女性新監督や、北国出身のエースストライカーなど、ひと癖もふた癖もありそうなキャラクターが登場していた

 10月5日放送開始のテレビアニメをはじめ、さまざまなメディアミックスで展開する「イナズマイレブン」に新たな動きが。それが、据え置き型ゲーム機用に開発されている「イナズマイレブン ブレイク!」(ゲーム紹介記事はこちら)と、日本全国を舞台に最強のイレブンを探すシリーズ2作目「イナズマイレブン 2〜脅威の侵略者〜」(ゲーム紹介記事はこちら)だ。


新レーベルを発表した日野氏と蔭山氏ががっちり握手

 「イナズマイレブン」関連では、アップフロントワークス代表取締役社長の蔭山茂樹氏を招き、レベルファイブとともに新レーベル「FRAME」を立ち上げることを報告。今後は「イナズマイレブン」サウンドトラック(10月29日発売)をはじめ、「イナズマイレブン」に登場するヒロイン3人が現実のアイドルユニットとして活動する「twe'lv」(トゥエルブ)のアニメエンディングテーマ「青春おでん」とゲームエンディングテーマ「純情青春ラブ」(10月29日発売)、T-PSITONZによるアニメオープニングテーマ「立ち上がリーヨ」(11月26日発売)、「レイトン教授」オリジナルサウンドトラック(12月発売)などがこのレーベルから発売される。


蔭山氏は入院中にレイトン教授にはまり、レベルファイブの可能性と将来性に期待に胸膨らませていると語る
新レーベルでは、さまざまな枠や垣根を超えたものにしていきたいと蔭山氏
「twe'lv」(トゥエルブ)によるライブパフォーマンスで華を添える。ちなみに日野氏は作詞も担当している

驚きその4:10周年記念作品「二ノ国」

「二ノ国」は本を片手に進める新機軸タイトル。実際にソフトは本と同梱して発売される

 発表会では、レベルファイブ10周年記念作品として新たな挑戦として、3つのRPGが紹介された。その第1弾となるのが、アニメーション作画をスタジオジブリが、音楽を久石譲氏が担当する、一冊の本を頼りに進める新感覚ファンタジーRPG「二ノ国」だ(ゲーム紹介記事はこちら)。なお、発売は2009年を予定している。


プレイヤーが開く魔法指南書にはさまざまな知識が記載されている

 プレイヤーは魔法使いになり、本に記載されている魔法の呪文や、魔よけの紋章などをニンテンドーDSにタッチペンで描くことで発動させる。ゲームの進行とともに、記載されている内容の意味も分かってくるような仕掛けが施されているようだ。

 「LEVEL5 VISION 2008」ではトレイラー映像も上映され、スタジオジブリのアニメーションが久石譲氏の荘厳な音楽とともに堪能することができた。

驚きその5:10周年記念作品「ダンボール戦機」

発表ではLBXの箱をリアルに製作してプレゼンを行った。間違ってもダンボールで作られたロボットではないと日野氏

 「イナズマイレブン」のアニメーションを担当したOLMと再びタッグを組んだ10周年記念作品第2弾がプラモクラフトRPG「ダンボール戦機」。2009年にPSPとモバイルで展開する予定だ。子供のころに夢中になったおもちゃをゲームの中で昇華した作品で、高性能プラモデルが大流行している2050年の近未来を舞台としている。


 性能が良すぎて発売禁止となった小型戦闘ロボット「LBX」(Little Battle eXperience)が、「強化ダンボール」の発明とともに発売が解禁されたという設定。プレイヤーはこのLBXをカスタマイズし、対戦していくことでストーリーを進めていくことになる(ゲーム紹介記事はこちら)。

驚きその6:10周年記念作品「うしろ」

 レベルファイブ10周年記念作品3部作の第3弾が、心霊ホラーRPG「うしろ」。2009年に発売され、PSPとモバイルで展開する。心霊ホラーといってただ驚かせるものではないのが本作の特徴。人の命の尊さを訴えるものとなるとのこと(ゲーム紹介記事はこちら)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  5. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  6. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  7. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  8. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
  9. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  10. /nl/articles/2402/24/news011.jpg 年金2万、貯蓄200万――夫と死別した60代女性が一軒家を購入したら…… 波乱万丈、リアルな現在の暮らしに「何だか自分の事のよう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」