連載
» 2008年10月01日 02時31分 公開

ゲームとアカデミーの素敵なカンケイ(第1回)――東京大学 大学院情報学環 馬場章教授(2/4 ページ)

[松井悠,ITmedia]

ゲーム大国日本が、ゲーム研究で立ち後れている事実から

研究室にはすべての家庭用ゲーム機と多種多様なソフトが並んでいた

―― 馬場先生は、とにかく世界中を飛び回ってらっしゃいます。学生の方からも「馬場先生はいつ寝てらっしゃるのか……」という話を伺ったことがあります。

馬場 8月はドイツのライプチヒで開催されたゲームズコンベンションに参加していましたし、9月はアテネに行きますし、10月には台北とアラブ首長国連邦のドバイ、11月にはロサンゼルスに出張の予定です……。国内での活動もありますが、だいたい、1年のうちで5分の1程度は海外にいまして、そのほとんどがデジタルゲームについての活動です。アテネはたまたまデジタルアーカイブについてですが、10月に行く台湾、ドバイもデジタルゲームについてですね。睡眠時間は平均3時間ぐらいでしょうか? 研究室で徹夜ということもよくあります。

―― やはり、海外の方がそういった研究が盛んなのでしょうか。馬場先生は、さまざまなインタビューで「日本はゲーム研究で立ち遅れている」とおっしゃっています。DiGRAも、もともと母体となる団体はフィンランドで設立されていますね。それを解消するために日本デジタルゲーム学会「DiGRA JAPAN」の立ち上げをされたということでしょうか。

馬場 これまでにも「ゲーム学会」や「日本シミュレーション&ゲーミング学会」など、ゲーム関連の学会は既にあることにはあったのですが、それとは違うコンセプトでゲームの学会を立ち上げようと2年前にDiGRA JAPANを立ち上げました。その時に出た新たなコンセプトの1つは、やはり「国際的な活動を重視する」というのがありまして、それは海外のゲーム研究に追い付きたい、産業に比べて日本でのゲームの研究が著しく遅れているという認識から出発しています。

―― 海外の場合、研究と産業が密接に連携して、そこから研究としても、産業としても良い結果が生まれているケースが多いのかと思います。それはゲームに限らず他の産業でも。  

馬場 一般的に言えることですが、日本でも他の産業であれば、産学(産業・教育研究機関)の連携であるとか、産官学(産業・国、地方自治体・教育研究機関)の連携はかなり進んでいると思っています。それに比べて日本のゲーム産業は今まで世界的に見て優等生だったにも関わらず、国内の産学連携、あるいは産官学の連携が著しく遅れている、そういう問題があると思うんですね。

―― その原因はどこにあるのでしょうか?

馬場 産官学それぞれに責任があると思いますが、共通していることはゲームの社会的な地位の低さが原因だと思います。例えば学、大学や研究機関の研究者の側でいうと、ゲームが研究の対象になり得るという認識がなかったと思うんですよ。私の目から見て「あなたのやっている技術研究は実はゲームにも応用できるんじゃないんですか?」と言ってみても本人はその自覚がなかったり。それは技術だけではなく、他の分野の研究にも言えることなんですが……。

 産業界の側も、大学と連携できる、あるいは国の一流の機関と連携できるだけのテーマだという認識がゲーム業界の中に無かったと思うんですよね。ゲームを作り出している企業、産側は「自分たちの作っているものに、学に対して何か引け目を持っていなかったか? そういう意識が産業界の側にありはしなかったか?」と私は思うわけです。ただ、最近は徐々に産学官の距離が近くなってきているのではないかと思います。きっかけのひとつは、韓国など他の国々が産業としてのゲームに注目をして、しかも政府が力を入れるという政策が成功したことがあります。日本でも経済産業省を中心にデジタルコンテンツやゲーム産業に、それなりに注目をするようになってきたわけですが……。

―― それでも、海外に比べて連携の度合いは足りていない?

馬場 まったく足りていないですね。理想的な産学連携の姿としては、やはり相互乗り入れが必要です。例えば半導体の研究であれば、企業の研究者が大学の研究室で研究すると思うんです。あるいは大学の研究者や学生が企業に行って一緒に研究するとか。物理的にも人的にも相互乗り入れがあるわけです。ところがゲーム研究についてはそういうことはほとんど……実は私のところで始めたので、一切ではないんですけれども……ない。

 私の認識で言うならば「産学連携しよう、連携したい」と思ったところですらお互いの窓口を探している段階じゃないのかなと。ゲームの産学連携が商業的に成功した事例は一部ではあります、川島隆太先生の「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」などですね。「脳トレ」は商品化に結びつき、すばらしいセールスを記録しましたが、これはきわめて特殊な例で、「脳トレ」を産学連携の一般的なスタイルと捉えられてしまうとまた間口が狭まってしまいます。もっと他の分野で進んでいるような産学連携に近づけるためには、ゲーム産業界と研究機関・学校等が物理的にも人的にも乗り入れていくような。そういう形が理想ではないかなと思います。   

―― 最近は、大学や大学院を卒業した後にゲームメーカーに入る方も少しずつ増えている印象を受けます。

馬場 そうですね、現に私の研究室や情報学環からもゲーム会社に就職している卒業生は少なくありません。全国的に見ても確かに増えてきていると思いますし、そこにはDiGRA JAPANもその役割を少しでも果たしているかなと思います。DiGRA JAPANの研究会や公開講座で大学の研究者や開発者の方々が顔を合わせる場が多くなった。名刺交換をし、コミュニケーションが発生し、もっと深いところへと話が発展するチャンスが生まれているのかな、と。

日本で開催されたDiGRA2007におけるセッション「ゲームにおける女性 2007」の風景
DiGRA2007では馬場先生、パックマンの生みの親・岩谷氏、ファミコンの父・上村氏による記念対談も行われた
台湾デジタルコンテンツ学院での講演風景

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」