インターネットのあけぼの「ありす in Cyberland」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

今回取り上げるゲームは、グラムスの「ありす in Cyberland」です。千葉麗子さんプロデュースという触れ込みで売り出された“ギャルベンチャー”。これの失敗が原因で、グラムスは倒産したといわれていますが、果たしてゲーム自体の出来はどうだったのでしょうか?

» 2008年10月06日 16時23分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

千葉麗子さんがプロデュース?

 日本におけるインターネットの普及については、千葉麗子さんの功績を抜きにして語れない。

 1990年代半ばにおいては珍しく、コンピュータやテレビゲームに詳しいアイドルだった千葉さんは、弱冠20歳で芸能界を離れ、チェリーベイブという会社を創業。インターネット入門書の執筆、講演やコンピュータ関連イベントへの出演、インターネットカフェの開業など、インターネットの普及に尽力された。

 わたしも、千葉さんと伊藤穣一さんの「千葉麗子とつくるインターネットホームページ」という本で、サイトの作り方を勉強した。

 当時のわたしは、ライターの仕事を失い、新しいゲーム雑誌に連載企画を持ち込もうとしたが、うまくいっていない状況だった。そんなわたしにとって、“誰でも情報を発信できる”インターネットは、非常に魅力的な新しいメディアだった。

 わたしはこの本で勉強して個人サイトを作り、それをインターネット専門誌(インターネットマニア、ヤフーインターネットガイド、あちゃらなど)で取り上げていただいた。考えてみれば、今こうしてWebサイトで記事を書かせていただけるのも、千葉さんの本があったからこそだ。

photo オキエラビッチェはラフォーレ原宿の中にあった。店名はChiba Reikoのアナグラム

 さらに、原宿に千葉さんがオープンしたネットカフェ「オキエラビッチェ」にも通い詰めていた。当時は親と同居していて、ダイヤルアップ回線を気軽に使えなかったので、このお店があったことでずいぶん助けられた。

 後にインターネットがブームになってくると、狭いオキエラビッチェは常に満席状態で、端末がなかなか空かなかった。そのためわたしは、同じ明治通り沿いにある、「サイバーネットカフェ」という別のネットカフェを利用することが多くなった。

 両店舗とも、インターネット専門誌でよく取り上げられていた。この頃の原宿は、日本のインターネットの最先端基地だったのだ。千葉さんが先頭に立って紹介していたことや、ネットカフェが原宿にあり、その内装も原宿にふさわしいきれいなものだったことから、インターネットはオシャレで“クール”なものとして認識されていた。

 前述の本の中でも、Hot WIREDのハワード・ラインゴールド氏が、千葉さんの活躍によって、「日本の若い女性たちがファッショナブルでかっこいいイメージを持ってコミュニティへの参加ができるようになるだろう」と賛辞を贈っている。

 そんな千葉さんがプロデュースしたゲーム、という触れ込みで発売されたのが、グラムスの「ありす in Cyberland」だった。残念ながら売り上げは伸びず、そのことがグラムスの倒産につながったとうわさされる。では実際、このゲームの出来はどうだったのだろうか?

渋谷で遊ぶありすたち

photo 左から、麗奈、ありす、樹莉。彼女たちの話の多くは、たわいもない内容だが……

 ありす in Cyberlandは、1996年12月に発売されたプレイステーション用ゲーム。ジャンルはギャルゲー+アドベンチャー、略して“ギャルベンチャー”と銘打たれている。

 主人公は、ミスカトニック学園に通う中学2年生、頭脳明晰でコンピュータに強い水無月ありす(CV:浅田葉子)、スポーツ万能で若干ガサツな性格の鳳麗奈(CV:荒木香恵)、かなり天然キャラな八神樹莉(CV:宮村優子)の3人。

 時は21世紀。インターネットはさらなる進化を遂げ、“サイバーランド”となっていた。ありすたち3人は、サイバーランドに“ダイヴ”して「アリス3(アリススリー)」と名乗り、そこで起こる数々の事件を解決するのだ。

 ストーリーは全5話から成り、それぞれ現実世界で事件が起こり、ありすたちがサイバーランドに乗り込んでそれを解決する。第1話から第3話では、現実世界で渋谷の街を回り、事件に関する情報を得たり、3人でおしゃべりしたり、ゲームセンターやカラオケ屋やブティックで楽しんだりする。

photo 現実世界の渋谷のマップ。星印のある場所では、何らかのイベントが起こる
photo 特に作中で示されてはいないが、ここは明らかにハチ公前交差点
photo こちらが実際のハチ公前交差点。かつてよく目立っていた薬局の看板は、大型ビジョンに置き換えられた

 シナリオの本筋とはあまり関係がない、ゲームセンター、カラオケ、ブティックのイベントが妙に凝っている。ゲームセンターでは「ドカバキジャイケン」というミニゲームが遊べるし、カラオケでは3人それぞれの持ち歌があって、フルコーラス聴ける。

 ブティックでは3人が互いに服を選び合って、それぞれの服を試着する。この時のグラフィックは、2画面分の1枚絵で表示されるという力の入れようだ。まさに“ギャルベンチャー”の、ギャルゲー的側面である。

 結局3人とも、試着しただけで1着も買ってないんだけど。

photo ドカバキジャイケンは要するに、「たたいてかぶってジャンケンポン」。2人対戦も可能
photo カラオケではデフォルメされた3人が歌う。セットも衣装も用意されている凝りよう
photo ブティックで3人が着る服は各話ごとに異なる。ゲームが進むにつれて、露出度が高くなっていく

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評