2つのハードで純和風なゲームを――新作タイトル制作発表東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアブース(1/2 ページ)

フロム・ソフトウェアから2本の新作ゲームが発表された。ひとつはニンテンドーDS用、ひとつはPSP用。特色の違う2つの携帯型ゲーム機で、フロム・ソフトウェアが仕掛ける新たな一手はいかなるものなのか。ちょっとしたサプライズ発表も?

» 2008年10月10日 01時41分 公開
[仗桐安,ITmedia]

あまりにも有名なあの惨劇が、ニンテンドーDSでゲーム化

 10月9日13時、フロム・ソフトウェアブースの特設ステージで、新作タイトル制作発表が行われた。

 冒頭、短めのトレーラー映像が流された後、スクリーンに「ニンテンドーDS用ソフト 本格ミステリー」と表記され、「犬神家の一族」とのタイトルが大写しにされた。そして司会の女性に呼ばれて壇上に上がったのは、プロデューサー・武村大氏。武村氏は金田一耕助そっくりの出で立ちで登場するという演出。その後、司会者から武村氏に「犬神家の一族」に関するいくつかの質問が行われた。

突然飛び込んできた“金田一”の文字
そしてトレーラー映像が流れた
金田一コスプレ(?)で現れた武村大プロデューサー

―― あの有名な小説をゲーム化ということですが、いかがでしょうか。

武村氏 今まで「犬神家の一族」は、ドラマ、映画、コミックなどになったりしてますが、意外とゲームにはなったことがないんです。今回が初のゲーム化ですね。

―― 具体的にはどのような作品なんですか。

武村氏 昭和初期を舞台にしてますので、その世界観を表現するのにモノクロタッチ、白黒の映像を全編通して使っています。一部、金色だとか、惨劇の“血”には色が入ったりしますが、基本的には墨絵タッチです。

全編モノクロであるが故に、ワンポイントの赤や金色がひきたつ

―― 純和風なテイストですが、これはどうしてですか?

武村氏 戦後間もなくの昭和初期のイメージをニンテンドーDSで表現するにはどうしたらいいかというところで悩みに悩んだのですが、こういった和風のテイストを表現するのに墨絵のタッチが一番合っているんだろうなという結論に至りました。

―― ミステリーアドベンチャーということですが、システムを紹介していただけますか。


ストックした言葉を投げかけるキーワード心理戦……簡単かつ面白いシステムになりそうだ

武村氏 単純明快、と言いますか、誰にでも簡単にできるシステムを搭載しています。アドベンチャーゲームですので、推理をして進めていくのですが、従来のアイコンみたいなものは一切ないんです。会話を進めていくことによって赤い文字が自動で出てきます。これが自動的に金田一のいる下の画面にストックされるんです。これを尋問する相手にタッチペンで投げかけることでストーリーが進んでいくのですが、投げる文字によってストーリーが幾重にも分岐しますので、原作そのままのストーリーだけでなくて、もしも金田一がこんな行動をとったら……というIFのストーリーも楽しむことができます。

―― (スクリーンの画像を見て)金田一さんが頭をかいていますが、これは何でしょうか。

武村氏 開発者の中ではボリボリシステムと言っています。話を進めていて詰まった時に、タッチペンで金田一の頭をボリボリかくと金田一が何かをひらめく時があるんです。その金田一のヒントによってストーリーが進むようになってます。

物語の展開は金田一の推理にかかっている

―― さらに新しい情報があるということですが。

武村氏 はい。今回は原作もビッグネームですが、その他にも著名な方に協力いただいてます。本作のキービジュアルは茂本ヒデキチさんです。この方は筆を使ったドローイングを得意とされていて、ナイキアメリカと契約してTシャツなどを販売されてます。世界的に著名なアーティストです。

武村氏 オープニングテーマとエンディングテーマは陰陽座さんです。和をテーマにされている、日本の古典的なものを大切にしながら若者に支持されるロックをやっている方々です。男女2人のツインボーカルが非常に特徴的なんです。リーダーのマタタビさんに直接何度もお会いして作品のイメージを2人で熱く語りまして、ご本人も原作が非常に大好きということで非常に話が合ったんです。


曲作りに全身全霊をかけた、とマタタビ氏

 ここで陰陽座のマタタビさんからのビデオレターが紹介された。「オープニングテーマとエンディングテーマを、数あるミュージシャンの中から、あえて私たち陰陽座にやってほしいと言ってくださったのは、スタッフの皆さんのこだわりと作品愛だと思います。作品のすばらしさをより盛り上げる曲を作らなければならない、ということで全身全霊で楽曲を作りました。物語のオープニングとエンディングを飾るに相応しい曲ができた、と自負しています。ゲームにまずはどっぷりと浸っていただいて、楽曲にも耳を傾けていただければと思います」と、マタタビさんから熱いメッセージが寄せられた。

 最後に「犬神家の一族」が2009年1月発売予定であることが発表され、そして武村氏の口からサプライズ発表が! なんと、すでに第2弾の「八つ墓村」制作が決定しており、2009年春に発売予定、とのことだった。

「犬神家の一族」が2009年1月……
そして「八つ墓村」は2009年春!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」