ニュース
» 2008年10月10日 11時32分 公開

しょこたんプロデュース「スカシカシパンマンDS」って何?東京ゲームショウ2008 インターチャネルブース

インターチャネルは2009年2月発売予定のニンテンドーDSソフト、「スカシカシパンマンDS『しょこたん』こと中川翔子プロデュース」のステージイベントを実施。残念ながらしょこたんには会えなかったが、代わりに謎のヒーロー(?)スカシカシパンマンに会ってきました。

[麻生ちはや,ITmedia]
photo スカシカシパンについて説明中の、インターチャネル ゲームコンテンツグループ山口知子氏

 スカシカシパンDSの中身を紹介する前に、そもそも「スカシカシパン」について解説しよう。しょこたんこと中川翔子ファンには説明不要なのだが、スカシカシパンはウニの一種で、円盤状のボディにすかし模様が入っている。海岸に打ち上げられた姿を見かけることは多いが、生きたスカシカシパンを偶然プレゼントされたのが、しょこたんとスカシカシパンとの最初の出会い。そのユニークな形状と名前にすっかり魅せられた彼女は、スカシカシパンを自身のブログで紹介。さらに、擬人化したスカシカシパンマンのイラストと設定を公開したのがきっかけで、このキャラクターがやがてケータイ配信のアニメへ、ついにはこの「スカシカシパンマンDS」というゲーム集にまでなってしまった、というわけだ。

photophotophoto

 肝心のゲームだが、潮干狩りや釣り、ひたすら納豆をかき混ぜたり、敵から逃げ続けるといったミニゲーム全40種を収録し、東京ゲームショウ2008では、そのうち16種類を実際にブースで遊べる。実際にいくつかプレイしてみたのだが、制限時間内に打ち寄せる波を避けつつ、ひたすら貝を掘るというようなシンプル極まりないゲームなのに、なぜかムキになって黙々と操作してしまうハマり要素がある。また、かわいらしい女の子キャラクター「エイ子」の声は、中川翔子さんが担当しているので、ファンにはたまらないポイントだろう。

 元々がブログで紹介されたウニ、という非常にマイナーなネタをベースにしているため、主なターゲット層はやはり中川翔子さんのファン、そして12〜17歳ぐらいの男の子。購入特典にもありきたりな物ではなく、スカシカシパンを最初から知っているような、とがったユーザー向けの内容を用意する予定だと言う。

 ステージイベントでは同社ゲームコンテンツグループ 山口知子氏がスカシカシパンマンDSの生まれるまでを紹介した後、スカシカシパンマンと可愛いエイ子が登場。山口氏の解説によると、スカシカシパンマンの特徴は「マッハ3で走る」「スカシ穴から女性を透かし見る」という、大変個性的なキャラクターだ。素敵なダンスに続けて一緒に写真を撮れるサービスも準備されていたのだが、希望者が非常に少なく、とても残念そうなスカシカシパンマン。10月11日からの一般公開日には、同社ブースで「スカスカじゃんけん大会」が行われるので、もしかしたらスカシカシパンマンが登場するかもしれない。その時には優しく接してあげよう。スカシ穴からあなたを透かし見てくれるかもしれない!

photophotophoto 後ろに控えているのがエイ子さん。彼女はメイド喫茶で働く美少女で、体臭がアンモニアくさいという、これまた強烈なキャラクターだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」