ニュース
» 2008年10月10日 15時49分 公開

EA、体験プレイ可能なオンラインゲーム2種を展示東京ゲームショウ2008 エレクトロニック・アーツブース

 EAブースでは、まだ国内サービスがスタートしていない、「EA SPORTS FIFA Online2」と「Battlefield Heroes」、そして発売済みの「SPORE」が制限時間付きだがプレイアブルに。

[麻生ちはや,ITmedia]
image

 エレクトロニック・アーツのブースでは、既に発売済みのシミュレーションゲーム「SPORE」の他、国内ではまだサービスを開始していない2つのオンラインゲーム「EA SPORTS FIFA Online2」と、「Battlefield Heroes」を展示。それぞれ2台のデモ機が設置されていた。

 Battlefield Heroes(以下、ヒーローズ)はもちろん、同社の人気FPS「バトルフィールド」シリーズをベースにオンライン化したもの……なのだが、過去のタイトルがパッケージ販売でシングルプレイもネットワークによるマルチプレイも可能というスタイルだったのに対し、ヒーローズはクライアントのダウンロード無料、プレイ料金無料のアイテム課金制度を採用するなど、何もかもがシリーズ中異色のタイトルとなっている。また、カートゥーンシューティングと名付けられたアニメ調のグラフィックスは、これまでの硬派なバトルフィールドのイメージからすると、驚くほど可愛い絵柄だ。

 既に海外のゲーム業界向けカンファレンスなどで、ムービーやスクリーンショットが公開されてきたが、プレイアブルな物が出展されるのは、この東京ゲームショウが初めてとのこと。クライアントは北米で行われた社内限定βバージョンとほぼ同じ、80%の完成度ということで、ストレスなく体験プレイができた。プレイヤーは接近戦に優れるがやや扱いにくい「コマンドー」、銃火器を使える「ガンナー」、最もバランスに優れヒールや修理スキルも持つ「ソルジャー」の3種類からキャラクターを選択。1〜9の数字で武器を持ち替え、走ったり戦車に相乗り(?)しながらマップ上で村を制圧、あるいは敵軍プレイヤーを駆逐していく。敵に撃たれても血なまぐさい表現は全くなく、何となくレゴの人形同士で遊んでいるような感覚であった。

 これまでバトルフィールドシリーズを愛してきたプレイヤーには、あまりに大きな変化ではないか? と尋ねてみたが、「見た目はカジュアルでも、戦略性の高さはバトルフィールドの流れを組んでいる。ただ、これまでのバトルフィールドとは別物として考えてほしい」という答えであった。基本プレイ無料のアイテム課金というビジネスモデルからも分かるように、ターゲット層も従来より少々若く、13歳以上のプレイヤーを取り込んでいきたいとのこと。課金アイテムには、まず第1弾としてお洒落系アイテムを用意し、将来的には乗り物や武器など性能差が出るアイテムも販売される予定だ。国内でのスケジュールは2009年夏頃のサービス開始を目標としている。

image Electronic Arts Asis Pacificプロデューサー Jean-Chares Gaudechon氏

 一方のFIFA Online2だが、こちらはElectronic Artsと韓国Neowiz Gamesによる共同開発のタイトルで、既に韓国では正式サービスが始まっているオンラインサッカーゲームだ。FIFA(国際サッカー連盟)の公式ライセンスを取得しており、実在するチームや選手でプレイできるのが魅力となっている。

 国内では9月29日にクローズドβテストが終了したばかりで、正式サービスは未定。基本プレイ無料のアイテム課金となる予定だ。Electronic Arts Asis PacificのプロデューサーのJean-Chares Gaudechon氏に話を聞いてみたところ、「日本市場でどういったプレイヤーにフィーチャーするべきか、その結果として例えばゲームパッドへの対応など、日本独自の機能実装を慎重に検討している。もしかすると、韓国版には全く無い機能が追加されるかもしれない。FIFA Online2はEAにとっても初のオンラインスポーツゲームだが、韓国では成功しているタイトルであり、日本でも成功させる自信はある。最高のオンラインサッカーゲームをTGSでプレイできるチャンスを逃さないでほしい」と語ってくれた。また、国内での運営会社にゲームオンを選んだ理由としては、複数のMMORPGを運営しており経験豊かな企業であることがポイントだったとか。韓国でビジネス的に成功している、という点については少々疑問を感じるが、ネットワーク対戦がオマケになりがちなコンシューマタイトルではなく、本格的なPCオンラインスポーツゲームであるFIFA Online2の今後に注目したい。

 この他、既に発売済みのシミュレーションゲーム「SPORE」もEAブースにデモ機が用意されているので、購入を迷っている読者は、この機会に不思議なクリーチャーを造ってぜひ遊んでみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声