ニュース
» 2008年10月11日 00時11分 公開

ガンダム、アイマス、テイルズなど、人気作が目白押し東京ゲームショウ2008 バンダイナムコブース

バンダイナムコブースは、毎年非常に多数の試遊タイトルを用意し、プレイするだけでも大変というイメージが強い。もちろん今年も、試遊可能なものだけで21タイトル、映像出展も含めると全34タイトルと、非常に豊富な出展タイトル数を誇っている。

[平澤寿康,ITmedia]
photo

モビルアーマーとの戦いはかなり爽快

photo ガンダム無双2の試遊コーナー。PS3版とXbox 360版双方が展示されている

 バンダイナムコブースの豊富な出展タイトルの中で特に注目度の高いタイトルとなるのが、今回が初の試遊出展となる「ガンダム無双2」で、PS3版およびXbox 360版を並べて展示している。

 ガンダム無双2については、新参戦モビルスーツや、巨大モビルアーマーが登場することなどの情報を既にご存じの読者も多いと思うが、今回試遊展示されている東京ゲームショウ 2008バージョンでは、νガンダム、百式、インフィニットジャスティスガンダム、V2ガンダム、ストライクフリーダムガンダムの5種類のモビルスーツが登場し、これらの中から1機を選択してプレイが可能。また、プレイ可能なミッションは、ガンダム無双2の大きな特徴のひとつであるモビルアーマーとの戦いを体験できる3種類が用意されている。登場するモビルアーマーは、サイコガンダム、ビグ・ザム、α・アジールの3種類だ。

 モビルアーマーとの戦いは、従来のガンダム無双での戦いとは大きく違う印象を受ける。なぜなら、脚や腕、頭部など、部位を細かく破壊しつつ撃破するという戦い方になっているからだ。しかも、モビルアーマー全身に共通の当たり判定があるわけではなく、特定の部位に攻撃をヒットさせ、徐々に破壊していかなければならない。つまり、むやみやたらに攻撃しても勝てなくなっているのだ。とはいえ、当たり判定のある部分に攻撃がヒットすると、その部分が赤く光るようになっているため、どこを攻撃すればいいかの判断が付きやすいように工夫されているので、プレイしづらいということはなかった。

 また、敵モビルアーマーは、ダメージを受けていく過程で、反撃パターンを変化させていく。最初のうちは、それほど激しい反撃はしてこないし、移動もほとんどしない。しかし、ダメージを受けていくと、ビームを使った派手な攻撃を繰り出してきたり、素早く動き回ったりするようになる。こういった反撃パターンの変化によって、プレイが単調に感じるということもない。このあたりは、前作からの大きな進化と感じた部分だ。

 また、プレイ内容以上に大きく進化したと感じたのが、グラフィック面だ。確かに前作も次世代機ならではといった緻密なグラフィックだったが、ガンダム無双2ではビームやせん光など、光の処理が格段に美しくなっており、PS3やXbox 360のポテンシャルが余すところなく引き出されているといった印象だ。

 試遊できるミッションの内容は、基本的にモビルアーマーを規定時間内に撃破するというもの。もちろん、ザクIIなどのザコキャラも画面を埋め尽くすほど登場するが、時間内にモビルアーマーを倒すには、ほとんどザコにかまっている暇はない。とにかく、モビルアーマーとの戦闘を思う存分楽しんでもらいたい。ちなみに、PS3版、Xbox 360版に内容の違いは一切ないので、どちらをプレイしても安心だ。


photo 今回の試遊版では、インフィニットジャスティスガンダム、V2ガンダムなど、新参戦も含めた5機のモビルスーツが選択可能
photo ミッションは、ガンダム無双2の大きな特徴でもあるモビルアーマー・モビルアーマーとの対戦が3種類用意されている
photo グラフィック品質は前作からかなり進化しており、非常に美しい

photo 登場するモビルアーマーは、当然だが非常に巨大だ
photo モビルアーマーは、脚や腕、頭部など、部位ごとに攻撃しながら徐々に破壊していくことになる
photo ザコにかまうことなく、とにかくモビルアーマーを集中的に攻撃しないと時間内での撃破は難しい

アイドルマスターSPで天海春香を1日プロデュース!

photo アイドルマスターSP パーフェクトサンの試遊コーナー。6台の試遊機が設置されている

 ガンダム無双2に次ぐ注目作が、PSP版アイドルマスター「アイドルマスターSP」だ。アイドルマスターSPには、「パーフェクトサン」「ミッシングムーン」「ワンダリングスター」の3タイトルが用意されるが、バンダイナムコブースで試遊できるのはパーフェクトサンのみで、各タイトルに3人ずつのアイドルが収録されることになっているが、今回展示されているのは東京ゲームショウ 2008オリジナルバージョンでは、天海春香のみがプレイできるようになっている。

 プレイ内容は、春香の1日プロデュースといった感じで、Lv.6の春香を1日のみプレイできるようになっている。プレイスタイルはXbox 360版と大きく変わるものではなく、営業、レッスン、オーディションの中から自由にスケジュールを組んで1日を過ごすというもの。1日には、朝、昼、夜の3枠があり、スケジュールで選択できる内容にも消費時間が設定されているため、1日あたり最大3つのスケジュールが組めるようになっている。

 例えば、消費時間1のレッスンは、1日に3回繰り返すことが可能。また、消費時間2の営業と消費時間1のレッスンを1日に同時に行うことも可能。消費時間3に設定されているオーディションは、当然1日に1回しか行えず、他のことも行えなくなる。1人で長時間の試遊は難しいため、お得に楽しみたいなら営業とレッスンだが、オーディションに合格するとテレビ出演映像が堪能できるため、こちらも捨てがたい。しかもアイドルマスターSPでは、縦画面のカメラアングルも選択できるので、春香の姿をじっくり堪能したいなら、やはりオーディションを選択するべきだ(もちろん、オーディションに失敗するとダメだが…)。

 さて、Xbox 360より解像度の低いPSPなので、グラフィック品質を心配している人もいることだろう。ただ、アニメーションのクオリティはPSPとは思えないほど高く、ぱっと見ただけではXbox 360版とほとんど遜色がないのでは、と思ってしまうほどだ。

 ちなみに、筆者にはアイドルマスターへの思い入れはほとんどない。しかし、実際にプレイして、一生懸命に営業やレッスンをこなす春香の姿(実際はプレーヤーが一生懸命操作しているのだが…)や、素直な受け答えなどを見ていると、ファンの気持ちも何となくわかったような気がした。ファンなら確実にゲットしておくべきタイトルなのは間違いないが、これまでプレイしたことがないという人も、ぜひ東京ゲームショウで試遊し、アイマスの世界を堪能してみてもらいたい。


photo 試遊版は、Lv6の天海春香を1日のみプレイ可能となっている
photo 1日は朝・昼・晩の3枠に分けられ、消費時間に応じて複数のスケジュールが組めるようになっている
photo レッスンや営業では、さらに複数の内容を細かく選択できる

photo 会話の選択によってコミュニケーションのランクが変化
photo 用意されている数は少ないが、衣装チェンジも可能
photo オーディション中は、ボタン操作で審査員にアピールだ

photo 無事オーディションに合格できれば、お楽しみのテレビ出演映像が堪能できる
photo 映像クオリティは、PSPとは思えないほど高く、Xbox 360版とも遜色がないように思えるほどだ
photo 縦画面のカメラアングルも用意されているので、いろいろ試してみよう

隅々まで体験したいなら、早めの来場がおすすめ

 ガンダム無双やアイドルマスターSP以外にも、バンダイナムコブースには数多くの試遊タイトルが展示されている。例えば、アーケードでも好評稼働中の「機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダム」のPSP版(11月20日発売予定)や、PS2向けタイトルの「機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ」(10月16日発売予定)などのガンダム系ゲーム、ナムコの人気RPGブランド「テイルズ」シリーズの最新作となる、PSP向けの「テイルズ オブ ザワールド レディアント マイソロジー2」(今冬発売予定)や、DS向けの「テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション」および「テイルズ オブ ハーツ CGムービーエディション」(どちらも12月11日発売予定)、バンダイレーベルの「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」を初めとするキャラクター系タイトル、さらに先日開催された「任天堂カンファレンス 2008.秋」でも展示されていた、「ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード」や「FRAGILE 〜さよなら月の廃墟〜」、「太鼓の達人Wii」などのWii向けタイトルも多数プレイアブル展示されており、ソフトの充実度は目を見張るものがある。しかも、そのどれもがしっかりとしたクオリティを実現しており、単に頭数を揃えただけではないという点も特筆すべき部分だ。

 来場者が一気に増える11,12日は、試遊だけでかなりの時間がかかることになると思われるので、余裕を持ってバンダイナムコブースに足を運ぶことをおすすめする。

photo ガンダム無双2以外に、「ガンダムVS.ガンダム」や「機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ」の試遊コーナーもある
photo 特別仕様のPSP-3000を同梱する、「ガンダムVS.ガンダム プレミアムパック」も展示されていた

photo テイルスシリーズ最新作「テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション」および「テイルズ オブ ハーツ CGムービーエディション」
photo バンダイレーベルお得意の、キャラクター系タイトルも充実。こちらはPS3向けの「NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム」だ
photo Wii向けの新作も多数プレイアブル展示されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」