シネマティックとはこういうことだ――フロム・ソフトウェア「NINJA BLADE」トークイベント東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアイベント

「天誅4」と並び、フロム・ソフトウェアブースの目玉となった、Xbox 360用忍者アクションゲーム「NINJA BLADE」。フロム・ソフトウェアブースでは、本作のプロデューサーである竹内将典氏によるトークイベントが開催された。

» 2008年10月11日 03時04分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

「TGS 2008」2日目のフロム・ソフトウェアブースでは、先日の「マイクロソフト メディアブリーフィング」でその存在が明らかにされたばかりの、Xbox 360用アクションゲーム「NINJA BLADE」のステージイベントが行われた。

 本作は、現代の東京を舞台に、摩天楼を忍者となって超スピードで駆け抜けていく「シネマティックアクション」ゲーム。新宿や六本木、東京タワーなど、ステージはいずれも東京の名所を忠実に再現したものとなっており、プレイヤーは実在する街並みをバックに、まるで映画のようなアクションを楽しむことができる。

 ただし「映画のような」と言っても、本作の場合それは「ムービーシーンが多い」という意味ではない。プロデューサーの竹内将典氏によれば、今回特にこだわったのは、アクションからムービーシーンへ、ムービーシーンからアクションへと、すべてをシームレスにつなげるということ。さらにユーザーがムービーシーンに干渉できるようにすることで、「“映画を見る”のではなく、まるで“映画を体験している”のような感覚が味わえるゲーム」を目指したのだという。

 主人公のキャラクターデザインには、「ロストプラネット」シリーズのデザイナーであるカプコンの中岡恵司氏、ゲーム楽曲制作には「メタルギアソリッド3:サブシスタンス」「龍が如く2」などを手がけた日比野則彦氏、イベントシーンのアニメーション演出にはプロダクションIGの川崎逸朗氏をそれぞれ起用した。残念ながら中岡氏は都合により来られなかったが、ステージには日比野氏、川崎氏の二人もゲストとして登場。互いの視点から、作品の見どころなどを語ってくれた。

imageimage Wii「天誅4」に続き、「NINJA BLADE」でもプロデューサーを務める竹内将典氏(左)、「このためだけに東京のあちこちを取材しました」という、プロダクションIG・川崎逸朗氏

 演出面で川崎氏が心がけたのは、意外にも「カメラをあまり動かさない」ということ。3Dだとカメラワークに制約がないため、ついクルクルと回したくなってしまうが、あえてそうしないことで映画的なカメラワークを目指したのだという。また日比野氏は、今作の楽曲イメージを「海外から見た日本」と表現。いわゆる日本的な忍者ではなく、アメリカンヒーローのような忍者を思い描いた時に、ぴたりと本作のイメージにハマったのだそうだ。

 またイベントでは、アーティストの小柳ゆきさんが歌う主題歌「beanstalk」も初披露に。「beanstalk」とは、直訳すれば「豆の茎」。最後には切り倒されてしまった“ジャックと豆の木”のように、「よかれと思ってしたことが裏目に出たり、信じていたものに裏切られたりといったせつなさを込めた曲」(日比野氏)だという。「おとぎ話のようなやさしさと、現実のせつなさとが入り交じった曲。いろいろな表情や気持ちを表現できて、歌っていて楽しかったです」と、小柳さんも曲の内容にはかなり満足していたようだ。

imageimage 楽曲担当の日比野氏。「やりたかったことをやれました」と自信たっぷりに語った(左)、ステージでは見事な歌声で観客を魅了してくれた小柳さんだが、実は大のゲームファンなのだとか

 ちなみに今回、同社ブースでは12台の「NINJA BLADE」試遊台を出展。時間にすればおよそ10分程度だが、実際にゲームの冒頭部分をプレイしてみることができた。

 ゲーム開始早々、いきなりヘリから飛び降り、眼下の摩天楼に向かって降下していく主人公。普通のゲームならまだまだオープニングの1シーンといったところだが、先ほども触れたとおり、本作ではムービーシーンもゲームの一部。しばらく空中を落下していくと、いきなり翼を持った敵が空中で主人公に迫り、同時に「Xボタンを押せ」との指示が出現。ここで見事指示どおりボタンを押すことができれば、華麗に空中で敵を倒して着地、失敗すれば降下するところからやりなおしとなる。ちょっと例えが古いが、「シェンムー」のQ.T.Eシステムのような印象だ。

 着地後は、刀や大剣、手裏剣などを駆使して戦う、文字通り「地に足のついた」普通の格闘アクションとなるが、ホッとしたのもつかの間、周囲の敵を一掃すると、今度は窓ガラスを突き破ってビルの壁面を猛スピードで駆け下りていく主人公。どんだけアグレッシブなんだ。ここでもやはり途中で様々なボタンを押すよう指示が出され、成功するとカギ縄のようなものをひっかけて次の建物へ移動したり、空中で襲いかかってきた敵を一撃で葬り去ったりと、思わず見とれてしまうようなアクションが目まぐるしく展開されていく。

 基本的には「アクション→ムービー→アクション→ムービー……」の繰り返しでゲームは進んでいくが、上記のようにムービー中にも様々なアクションを要求されるため気が抜けない。また竹内氏も言っていたとおり、アクションとムービーのつながりは非常にスムーズで、時おりムービーシーンもまるで自分が操作しているかのような錯覚に陥る。忍者+摩天楼という素材を活かした、ダイナミックな演出も一見の価値アリだ。

 このあとしばらく進むと、巨大なクモのようなボスと戦闘になるが、体験版でプレイできるのは残念ながらここまで。この先を見たい人は、ブース内のクローズドシアターにて、初公開シーン満載の特別映像も上映されているので、そちらもぜひチェックしてみてほしい。

imageimage マイクロソフトのノーマン・チャック氏。海外市場での販売はマイクロソフトが行う形となる(左)、やや奥まったところにあり、やや見つけにくい試遊台。時間は短いが、かなり濃密なプレイが楽しめた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」