日本ゲーム大賞2008「フューチャー部門」に12作品選出東京ゲームショウ2008

日本ゲーム大賞2008の「フューチャー部門」受賞作品が、TGS最終日となる10月12日に発表され、「モンスターハンター3(トライ)」など12作品が選出された。「ドラクエIX」は2年連続受賞?

» 2008年10月12日 19時34分 公開
[加藤亘,ITmedia]

ある意味納得の受賞作品が並ぶ

 社団法人コンピュータエンタテインメント協会が主催する「日本ゲーム大賞2008」の「フューチャー部門」受賞作品が決定した。

 フューチャー部門は、未発売タイトルであり、東京ゲームショウ会場で発表・展示された879タイトル作品を対象に、10月11日までの3日間にわたって来場者からの投票を募集。来場者により選出された全作品の中から、「日本ゲーム大賞」選考委員会により今後が期待される作品として、12作品が受賞した。受賞作品は以下の12タイトル。

タイトル 機種 メーカー
428 〜封鎖された渋谷で〜 Wii セガ
アイドルマスターSP パーフェクトサン/ワンダリングスター/ミッシングムーン PSP バンダイナムコゲームス
逆転検事 DS カプコン
白騎士物語-古の鼓動- PS3 ソニー・コンピュータエンタテインメント
スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- Xbox 360 スクウェア・エニックス
DISSIDIA FINAL FANTASY PSP スクウェア・エニックス
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 DS スクウェア・エニックス
バイオハザード5 PS3/Xbox 360 カプコン
モンスターハンター3(トライ) Wii カプコン
リトルビッグプラネット PS3 ソニー・コンピュータエンタテインメント
龍の如く3 PS3 セガ
レッツタップ Wii セガ

 日本ゲーム大賞「フューチャー部門」の司会に抜てきされた鈴木史郎氏は、大のバイオハザードファンとして知られる。「バイオハザード5」の受賞の際には誰よりもテンションが上がっていたようで、プレゼンターよりも質問する姿が見られた。鈴木氏曰く、「バイオハザード4」のプロフェッショナルモードでは、Wii版が一番簡単とのこと。

 さて、フューチャー部門の選出作品は、最終的には「日本ゲーム大賞」選考委員会によって選出されるものの、選出基準となっているのは、東京ゲームショウに来場し、実際に各タイトルをプレイしたりトレーラー映像を見るなどして投票した来場者の意見となる。つまり、ユーザーの期待と意見が色濃く反映されるとあって、各作品の開発者は期待度を実感できる受賞となる。

 特筆すべきは選考委員会の言にもあったが、すべての作品が発売日時期をある程度決定している点。昨年は発表時点で発売時期を未定とするタイトルもあっただけに、目で見て手に取ってユーザーが選出することができたことがうかがえる。

 選出理由としては「スターオーシャン4」や「バイオハザード5」などシリーズものの最新作という期待値の高さからというのはもちろんのこと、「アイドルマスターSP」や「龍が如く3」「モンスターハンター3」のように、ハードを変えることで新たな展開を求められてのこと。「逆転検事」や「DISSIDIA FINAL FANTASY」のようにシリーズの新たな展開や、「リトルビックプラネット」や「レッツタップ」のように新たなゲームの可能性に期待するものなどさまざまだ。もちろん、「白騎士物語」や「428」など新作タイトルへの興味もあってのこと。

 受賞式では各タイトルの関係者が壇上に上がり、トロフィーを授与。一様に感謝と抱負を述べ、ユーザーへの期待を裏切らないよう開発に努めていきたいというコメントが聞くことができた。

渋谷のあらゆる場所で撮影されている「428 〜封鎖された渋谷で〜」は、テレビドラマのような臨場感が受賞の理由
全国のプロデューサーさんお待たせの「アイドルマスターSP パーフェクトサン/ワンダリングスター/ミッシングムーン」をPSPで遊べる期待感で受賞
法廷から事件現場へ舞台を移す「逆転検事」は、御剣の脳内をゲーム化したかのようなロジックシステムが特徴

TGSでオンライン対応していることが明かされた「白騎士物語-古の鼓動-」では、開発を担うレベルファイブの日野氏がトロフィーを受け取る
海外を意識して製作された「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-」は、スタンドアローンのプレイを貫く
実はまだ隠し要素があるとステージで発言した「DISSIDIA FINAL FANTASY」

実は2年連続受賞の「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」。思わず恐縮しつつも、来年3月には確実に発売しますとわびながらの受賞となった
アフリカに滞在し、数万点の写真を資料として持ち込み製作された「バイオハザード5」は、日の下の恐怖が描かれる
TGSの試遊台は、開幕数分で入場規制が発布されるほど人気だった「モンスターハンター3(トライ)」は当然受賞。発売日決定を待ちたい

ユーザーが遊び方を作っていく「リトルビッグプラネット」の開発者は受賞に素直に感激していると発言
「龍の如く3」はすでにお約束かのように、お姉さんとの同伴受賞。ちなみに昨年は「龍が如く 見参!」でも隣には和装のお姉さんが……
手を触れずに操作するという新たなWiiリモコンの可能性を提案した「レッツタップ」は、その斬新なアイディアが受賞の理由となった。こちらも負けじとお姉さんを同伴?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評