かわいいリビッツから、かよわいスペランカーまで――PS3のタイトルをプレイしてきました東京ゲームショウ2008 SCEJブース(1/2 ページ)

SCEJブースで遊べたプレイステーション 3のタイトルについて、プレイリポートをお届けする。最新作からマニアックなダウンロード専売タイトルまで、各種取りそろえております。

» 2008年10月12日 23時54分 公開
[仗桐安,ITmedia]

自分だけのリビッツで協力アクション――「リトルビッグプラネット」

 SCEJブースのプレイアブルコーナーで一際目立っていたのが、10月30日に発売予定の「リトルビッグプラネット」だ。大きな地球儀のオブジェがゆっくりと回転し、その上には本作に登場するリビッツがちょこんと座って手を振っている。地球儀の根を取り囲むようにして複数の試遊台があり、ガイドスタッフを含めた4人でプレイすることになる。

photophoto SCEJブースに行くと真っ先に目に入る大きさ(写真左)。リアルリビッツくん(?)も会場入りし、来場者と触れ合っていた(写真右)

 プレイ開始後はまず、ガイドスタッフの手引きで自分のリビッツをカスタマイズする。最初はリビッツの見た目が同じだが、□ボタンを押してカスタマイズを選び、服やアクセサリー、ひげ、帽子などさまざまな着せ替えモノを選択することで、簡単に個性的なリビッツが生まれた。

 それぞれが好きにリビッツをいじった結果、まったく見た目の異なる4人のリビッツが誕生。ここからいよいよプレイ開始である。本作は基本的に横スクロールアクションで、左スティックで移動し、×ボタンでジャンプ、R1ボタンでモノやリビッツをつかむ、という操作だけ覚えておけば問題ない。

 まずは4人全員が同じ方向へ向かって好き勝手に動き出す。ステージ途中に点在するアイテムを取ることでポイントが入り、最終的にポイントが高い人が勝つというシステムとのことだが、4人でドタバタしながら横移動するさまが何より楽しい。

 個人個人が好きに動いても問題はないが、時折、協力しなくては先に進めない場所がある。3人が通路を確保している間にひとりが抜けて、抜けた先の仕掛けを解くことでほかの3人も進めるなど、ちょっとしたパズル的プレイで協力を促す。ああだこうだと言いながら、わいわい楽しめる要素だ。

 面白いのは敵を倒すという概念がないこと。横スクロールアクションといえば行く手を阻む敵がいるものだが、本作では邪魔な存在はたくさんいるものの、倒す必要がないのだ。倒す必要はないが、うまく回避したり利用したりしながら進めるので、アクションの醍醐味は十分に味わえる。

photophoto 敵を倒さなくてもいい新感覚のアクションゲームだ

 途中で奇妙なビジュアルのお母さんが「息子を探して〜」と依頼してきた。その先に息子がいたので、4人でR1ボタンでつかみ、わっしょいわっしょいと運び出して母と再会させるなど、ちょっとしたミッションもステージ内にはあった。

 ステージクリアとともに体験版プレイは終了。グラフィックの美麗さ、コンセプトの斬新さが印象に残る、SCEJらしいユニークなタイトルだった。

photo スネークリビッツ、セフィロスリビッツが公開されていた。製品版でもダウンロードなどで有名キャラ、人気キャラのリビッツが入手できるようになるらしい

操作じゃない……運転だ! 「グランツーリスモ5プロローグ Spec III」

 「グランツーリスモ5プロローグ Spec III」の試遊台は2種類あった。ひとつは通常のコントローラでプレイするコーナー。もうひとつは、車内を限りなく再現したドライブシミュレータ的インタフェースでプレイするコーナーだ。人気があったのはドライブシミュレータのほうで、本格的な操作や挙動に興奮するファンが多かった。

 筆者はいずれの試遊台も遊んでみたのだが、やはりハンドルがあって、アクセルとブレーキを踏んでという操作のリアルさや面白さは、ほかでは得がたいものだ。個人的に教習所を卒業したばかりというのもあって、かなりエキサイトしてしまった。

photophotophoto コントローラでのプレイ(写真左)と車内を再現したインタフェースでのプレイ(写真中央)。これはもはや操作ではない! 運転なのだ(写真右

 極限までリアルを追求したグラフィックや挙動は、既に保障済み。今回のSpec IIIでは、フェラーリ カリフォルニアなど最新のスポーツカーが追加されているので、それらに興味がある人は要チェックだ。

photo これ、家に置いておくにはあまりに場所を取りますね……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/08/news112.jpg 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  2. /nl/articles/2404/11/news009.jpg 天空の城ラピュタ“ムスカの3分タイマー”が「面白すぎる」 大爆笑のシュールなアイテムに「センスが良すぎる」「めちゃくちゃ欲しい」
  3. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  4. /nl/articles/2404/10/news070.jpg 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  5. /nl/articles/2404/10/news013.jpg 夫が息子のために手縫いで作ったランドセルが6年後…… 思い出と愛情が詰まった経年変化に感動の声「6年間お疲れ様」
  6. /nl/articles/2404/11/news015.jpg 1歳になりたての娘、はじめてのおしゃべりで発したのは…… 正直すぎる言葉に「とんでもなくかわいい」「ずっと見てたい」
  7. /nl/articles/2404/10/news009.jpg 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  8. /nl/articles/2404/10/news151.jpg ミャクミャク様をモチーフにしたシューズがミズノから登場 親和性感じた社員の声で誕生
  9. /nl/articles/2404/12/news031.jpg 有名画家が絵そっくりな女性発見「誰ですか」と呼びかけ → まさかの本人登場!? 「最高です!」「似ている」とSNSで起きた奇跡に9.3万いいね
  10. /nl/articles/2404/11/news016.jpg 豪在住の日本人看護師が驚愕!! 日本ではありえない外来患者、自ずと退院していく前の光景に「ちょっと衝撃」「かなしいような、すごいような…」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」