未来のゲームクリエイターたちへ――小島秀夫氏・辻本良三氏が語る「ゲームの作り方」東京ゲームショウ2008

最終日のイベントステージで特に注目を集めたのが、「メタルギア ソリッド4」の小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」の辻本良三氏によるクリエイターズトークショウだった。

» 2008年10月12日 23時36分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
photo

 東京ゲームショウ2008最終日のイベントステージでは、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル2008」と連動したオフィシャルイベントの一環として、「メタルギア ソリッド4」を作ったKONAMIの小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」のプロデューサーを務めたカプコンの辻本良三氏らを迎えた、豪華メンバーによるクリエイターズトークショウが行われた。

 司会進行は、大の「バイオハザード」好きとして知られるアナウンサーの鈴木史朗氏。さらにユーザー代表として、お笑い芸人・よゐこの有野晋也氏、流通代表としてゲームズマーヤ店長・秋谷久子氏、またゲーム業界のコメンテーターとしてエンターブレインの浜村弘一氏らもトークに加わった。


photo 「メタルギア ソリッド4」を始め、多くのヒット作を手がけたKONAMIの小嶋秀夫氏
photo 「モンスターハンターポータブル2nd G」のプロデューサーを務めた、カプコンの辻本良三氏

photo 司会進行は「バイオハザード」好きぶりが買われての抜擢となったアナウンサーの鈴木史朗氏と、おなじみ、よゐこの有野晋也氏が務めた
photo ゲームズマーヤ店長の秋谷久子氏と、エンターブレインの浜村弘一氏もトークに参加

 話題は小島・辻本両氏の「ゲームの作り方」に始まり、二人のこだわり、そして二人が考える「これからのゲーム」へと進んでいったが、中でもやはり面白かったのが、二人のゲームの作り方の違いだ。

 まず小島氏の場合、自分が好きなもの、興味があるものをゲームに盛り込むのが第一段階。そしてその次に「自分の中にいろんな人格を作り、その人の立場になって遊んでみる」という作業が入るのだという。例え自分が好きなものでも、ほかの人から見たらどうなのか? 遊んだ人はどう感じるのか? 視点を変え、さまざまな方向から自分を客観視してみる。このプロセスが、ゲーム開発においては非常に重要とのことだった。

 一方、辻本氏の場合は「スタッフ全員が、自分が作っているものを“面白い”と思える環境を用意すること」が大切だと語る。「人を動かす」ことを第一に考えるという点で、最初の出発点が“自分の頭の中”である小島氏とは、ある意味で対称的だ。見方を変えるなら、辻本氏のほうが“プロデューサー寄り”で、小島氏のほうは“クリエイター寄り”の立ち位置だと言えるかもしれない。

photo トップクリエイター2名の「生の声」が聞けるとあって、ステージは立ち見も出るほどの人気ぶりだった

 これからのゲームについて聞かれた辻本氏は、「最近はマルチプレイのタイトルも増え、遊び方そのものが進化、成長してきている」とコメント。また小島氏も、「カジュアルにしろコアにしろ、もっとゲームの定義自体が広がっていくべき」と、さらなるゲームの進化と、これまでにない新しいゲームの登場に期待を寄せた。また、コアユーザーとライトユーザーの二極化が進んでいることについては、「いろんなゲームがあっていいし、出てくるべき」と小島氏。しかし、「僕はコアなゲームを遊びたいし、その火は消したくないと思っています」とも述べ、自分自身としてはやはりコアなゲームにこだわり続けていきたいとのことだった。

 最後に二人から、会場にいる多くの未来のゲームクリエイターへのメッセージとエールが送られた。

 「世の中で不可能と言われていることの9割は、実は可能なんです。ただ前例がないだけ。どうやって不可能を可能にするか、それがモノを作るということ。作りたいと思ったらまず作ってみる。ひとりでは無理だという人は、同じ志をもった仲間を探し、互いに切磋琢磨しながら成長していって下さい」(小島氏)

 「今しかできないこと、今しか感じられないことを大切にしてください。その体験はきっと、後にゲームを作る時のアイデアや知識に結びついていく。今という時間の使い方を良く考えてみて下さい。ゲーム作りという仕事は、自分のアイデアや発想を世に残すことができる、夢のある職種です。ぜひ皆さん、夢に向かってがんばって下さい」(辻本氏)


photo この後のチャリティオークションに出品された、登壇者6人による貴重なサイン入り色紙

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評