ニュース
» 2008年10月12日 23時36分 公開

未来のゲームクリエイターたちへ――小島秀夫氏・辻本良三氏が語る「ゲームの作り方」東京ゲームショウ2008

最終日のイベントステージで特に注目を集めたのが、「メタルギア ソリッド4」の小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」の辻本良三氏によるクリエイターズトークショウだった。

[池谷勇人,ITmedia]
photo

 東京ゲームショウ2008最終日のイベントステージでは、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル2008」と連動したオフィシャルイベントの一環として、「メタルギア ソリッド4」を作ったKONAMIの小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」のプロデューサーを務めたカプコンの辻本良三氏らを迎えた、豪華メンバーによるクリエイターズトークショウが行われた。

 司会進行は、大の「バイオハザード」好きとして知られるアナウンサーの鈴木史朗氏。さらにユーザー代表として、お笑い芸人・よゐこの有野晋也氏、流通代表としてゲームズマーヤ店長・秋谷久子氏、またゲーム業界のコメンテーターとしてエンターブレインの浜村弘一氏らもトークに加わった。


photo 「メタルギア ソリッド4」を始め、多くのヒット作を手がけたKONAMIの小嶋秀夫氏
photo 「モンスターハンターポータブル2nd G」のプロデューサーを務めた、カプコンの辻本良三氏

photo 司会進行は「バイオハザード」好きぶりが買われての抜擢となったアナウンサーの鈴木史朗氏と、おなじみ、よゐこの有野晋也氏が務めた
photo ゲームズマーヤ店長の秋谷久子氏と、エンターブレインの浜村弘一氏もトークに参加

 話題は小島・辻本両氏の「ゲームの作り方」に始まり、二人のこだわり、そして二人が考える「これからのゲーム」へと進んでいったが、中でもやはり面白かったのが、二人のゲームの作り方の違いだ。

 まず小島氏の場合、自分が好きなもの、興味があるものをゲームに盛り込むのが第一段階。そしてその次に「自分の中にいろんな人格を作り、その人の立場になって遊んでみる」という作業が入るのだという。例え自分が好きなものでも、ほかの人から見たらどうなのか? 遊んだ人はどう感じるのか? 視点を変え、さまざまな方向から自分を客観視してみる。このプロセスが、ゲーム開発においては非常に重要とのことだった。

 一方、辻本氏の場合は「スタッフ全員が、自分が作っているものを“面白い”と思える環境を用意すること」が大切だと語る。「人を動かす」ことを第一に考えるという点で、最初の出発点が“自分の頭の中”である小島氏とは、ある意味で対称的だ。見方を変えるなら、辻本氏のほうが“プロデューサー寄り”で、小島氏のほうは“クリエイター寄り”の立ち位置だと言えるかもしれない。

photo トップクリエイター2名の「生の声」が聞けるとあって、ステージは立ち見も出るほどの人気ぶりだった

 これからのゲームについて聞かれた辻本氏は、「最近はマルチプレイのタイトルも増え、遊び方そのものが進化、成長してきている」とコメント。また小島氏も、「カジュアルにしろコアにしろ、もっとゲームの定義自体が広がっていくべき」と、さらなるゲームの進化と、これまでにない新しいゲームの登場に期待を寄せた。また、コアユーザーとライトユーザーの二極化が進んでいることについては、「いろんなゲームがあっていいし、出てくるべき」と小島氏。しかし、「僕はコアなゲームを遊びたいし、その火は消したくないと思っています」とも述べ、自分自身としてはやはりコアなゲームにこだわり続けていきたいとのことだった。

 最後に二人から、会場にいる多くの未来のゲームクリエイターへのメッセージとエールが送られた。

 「世の中で不可能と言われていることの9割は、実は可能なんです。ただ前例がないだけ。どうやって不可能を可能にするか、それがモノを作るということ。作りたいと思ったらまず作ってみる。ひとりでは無理だという人は、同じ志をもった仲間を探し、互いに切磋琢磨しながら成長していって下さい」(小島氏)

 「今しかできないこと、今しか感じられないことを大切にしてください。その体験はきっと、後にゲームを作る時のアイデアや知識に結びついていく。今という時間の使い方を良く考えてみて下さい。ゲーム作りという仕事は、自分のアイデアや発想を世に残すことができる、夢のある職種です。ぜひ皆さん、夢に向かってがんばって下さい」(辻本氏)


photo この後のチャリティオークションに出品された、登壇者6人による貴重なサイン入り色紙

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」