未来のゲームクリエイターたちへ――小島秀夫氏・辻本良三氏が語る「ゲームの作り方」東京ゲームショウ2008

最終日のイベントステージで特に注目を集めたのが、「メタルギア ソリッド4」の小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」の辻本良三氏によるクリエイターズトークショウだった。

» 2008年10月12日 23時36分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
photo

 東京ゲームショウ2008最終日のイベントステージでは、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル2008」と連動したオフィシャルイベントの一環として、「メタルギア ソリッド4」を作ったKONAMIの小島秀夫氏、「モンスターハンターポータブル 2nd G」のプロデューサーを務めたカプコンの辻本良三氏らを迎えた、豪華メンバーによるクリエイターズトークショウが行われた。

 司会進行は、大の「バイオハザード」好きとして知られるアナウンサーの鈴木史朗氏。さらにユーザー代表として、お笑い芸人・よゐこの有野晋也氏、流通代表としてゲームズマーヤ店長・秋谷久子氏、またゲーム業界のコメンテーターとしてエンターブレインの浜村弘一氏らもトークに加わった。


photo 「メタルギア ソリッド4」を始め、多くのヒット作を手がけたKONAMIの小嶋秀夫氏
photo 「モンスターハンターポータブル2nd G」のプロデューサーを務めた、カプコンの辻本良三氏

photo 司会進行は「バイオハザード」好きぶりが買われての抜擢となったアナウンサーの鈴木史朗氏と、おなじみ、よゐこの有野晋也氏が務めた
photo ゲームズマーヤ店長の秋谷久子氏と、エンターブレインの浜村弘一氏もトークに参加

 話題は小島・辻本両氏の「ゲームの作り方」に始まり、二人のこだわり、そして二人が考える「これからのゲーム」へと進んでいったが、中でもやはり面白かったのが、二人のゲームの作り方の違いだ。

 まず小島氏の場合、自分が好きなもの、興味があるものをゲームに盛り込むのが第一段階。そしてその次に「自分の中にいろんな人格を作り、その人の立場になって遊んでみる」という作業が入るのだという。例え自分が好きなものでも、ほかの人から見たらどうなのか? 遊んだ人はどう感じるのか? 視点を変え、さまざまな方向から自分を客観視してみる。このプロセスが、ゲーム開発においては非常に重要とのことだった。

 一方、辻本氏の場合は「スタッフ全員が、自分が作っているものを“面白い”と思える環境を用意すること」が大切だと語る。「人を動かす」ことを第一に考えるという点で、最初の出発点が“自分の頭の中”である小島氏とは、ある意味で対称的だ。見方を変えるなら、辻本氏のほうが“プロデューサー寄り”で、小島氏のほうは“クリエイター寄り”の立ち位置だと言えるかもしれない。

photo トップクリエイター2名の「生の声」が聞けるとあって、ステージは立ち見も出るほどの人気ぶりだった

 これからのゲームについて聞かれた辻本氏は、「最近はマルチプレイのタイトルも増え、遊び方そのものが進化、成長してきている」とコメント。また小島氏も、「カジュアルにしろコアにしろ、もっとゲームの定義自体が広がっていくべき」と、さらなるゲームの進化と、これまでにない新しいゲームの登場に期待を寄せた。また、コアユーザーとライトユーザーの二極化が進んでいることについては、「いろんなゲームがあっていいし、出てくるべき」と小島氏。しかし、「僕はコアなゲームを遊びたいし、その火は消したくないと思っています」とも述べ、自分自身としてはやはりコアなゲームにこだわり続けていきたいとのことだった。

 最後に二人から、会場にいる多くの未来のゲームクリエイターへのメッセージとエールが送られた。

 「世の中で不可能と言われていることの9割は、実は可能なんです。ただ前例がないだけ。どうやって不可能を可能にするか、それがモノを作るということ。作りたいと思ったらまず作ってみる。ひとりでは無理だという人は、同じ志をもった仲間を探し、互いに切磋琢磨しながら成長していって下さい」(小島氏)

 「今しかできないこと、今しか感じられないことを大切にしてください。その体験はきっと、後にゲームを作る時のアイデアや知識に結びついていく。今という時間の使い方を良く考えてみて下さい。ゲーム作りという仕事は、自分のアイデアや発想を世に残すことができる、夢のある職種です。ぜひ皆さん、夢に向かってがんばって下さい」(辻本氏)


photo この後のチャリティオークションに出品された、登壇者6人による貴重なサイン入り色紙

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」