海外パビリオン─―台湾編東京ゲームショウ2008 海外パビリオン(1/2 ページ)

今年は韓国パビリオンがなくなってしまった分を補うかのように、活気があった台湾パビリオン。PCゲームも数も豊富に取りそろえており、今後日本でサービスが始まるかもしれない、完成度の高い作品もいくつか並んでいた。

» 2008年10月12日 23時50分 公開
[麻生ちはや,ITmedia]

ブラウザベースのかわいいカジュアルMMORPG「CANAAN」

photo

 XPEC Entertainmentが4台のデモ機を用意していた、MMORPG「CANAAN」は、Flashで製作されたクライアント不要のWebゲームだ。モンスターを倒して経験値とお金をため、町で武器や防具、おしゃれな装備品を買ったり、友達とチャットを楽しむという典型的なMMORPGだ。かわいいキャラクターにほのぼのした色使いを見ての通り、どちらかと言えばカジュアルゲーマーあるいはオンラインゲーム初心者をターゲットにしている。短時間ではあるが実際にプレイしてみたところ、移動や攻撃はすべてクリックで、モンスターは基本的にノンアクティブで、こちらから攻撃をしかけるとエンカウント制に切り替わる。また、エリアマップ上で行きたいところをクリックすれば、自動的に目的地まで動いてくれる親切設計だ。

 職業には近接戦闘が得意なウォーリアー、属性魔法を操るメイジ、支援スキルを持ち魔法耐性もあるプリースト、弓やボウガンを扱えるレンジャーの4つがある。アバターアイテムもネコ耳やリスの尻尾、背中にリボンの並ぶ可愛いチュニックなどがあり、一緒に戦闘に参加するペットもドラゴンにイルカに空とぶブタと、かわいいものづくめだ。キャラクターの成長バランスやコミュニケーションの取りやすさなど、もう少しじっくりプレイしてみなければ分からない点もあるが、クライアント不要の手軽さと、やりすぎないかわいいキャラクターデザインは、日本のユーザーにも十分ウケそうな気がする。

 ビジネスモデルはアイテム課金で、台湾より中国での先行サービスを予定しており、8月25日〜9月11日にはクローズドβテストも実施。年末までにはオープンβテストが行われる予定だ。それ以外の国での展開について尋ねてみたところ、残念なことに、日本より欧米での運営元を積極的に探しているそうだ。

photophotophoto

ついでに台湾PCゲーム市場の話も聞いてきた、INSREA GAME CENTER Corp.

photo

 INSREA GAME CRENTER CORPORATIONは「Genki Online」と「Sword of Legend Online」の2本を出展していたのだが、Genki Onlineは実は日本先行でサービスを開始している「ニアディア オンライン」のことだ。台湾でもようやくこの12月からサービス開始となそうだが、最新情報は日本版というわけで、こちらの話は割愛させていただく。

 「Sword of Legend Online」も背景は水墨画をイメージさせる3D、キャラクターはかわいらしい2Dとニアディアに似たスタイルのMMORPGだが、こちらはカンフーをモチーフにしたもう少し大人向けのタイトルで、台湾では2年前からサービスが始まっている。

 プレイヤーが選べる職業は、医者、パラディン、学者、盗賊、忍者、プリンセス、侠客などバリエーション豊か。さらに各職業には通常の攻撃や支援スキルに加えて、物ごいやスリ、脅しなどユニークなスキルもあるようだ。また、チームを組んで戦うバンクェットシステムや攻城戦システムもあり、1つのセールスポイントとなっているのが、「1000人のプレイヤーキャラクターが一画面にいてもラグが発生しない」ことと、さらに「1人のプレイヤーが、NPC兵士最大100人を連れて行ける」ことなんだとか。画面がキャラクターで埋め尽くされて、ラグが発生しなくとも何も見えなくなりそうだ。そのほか、結婚や生産システム、剣にのって空を飛べるシステムなどが実装されている。

photophotophoto

 話のついでに、今台湾で人気のあるPCゲームやPCゲーム市場について同社のディレクター Chao-Ye,Liu氏に話を聞いてみた。ぶっちぎり1位で人気があるのは、やはりBlizzard Entertainment社の「World of Warcraft」。これは世界的に見ても1位で当然のタイトルゆえに、2位以降を改めて質問してみると、「星辰オンライン(ルーセントハート)」の名前が。その次が「仙剣奇侠伝」だとか。Chao-Ye,Liu氏は「台湾国産のゲームはとても少なく、中国で開発されたゲームが市場を占めている。中国ゲームメーカーの成長はものすごい。今台湾のPCゲームメーカーがそれに打ち勝つためには、もっと政府のバックアップが必要だ。韓国のようにゲームメーカーや専門学校に対する、政府からの支援があまりになさ過ぎる」と自社タイトルを解説するときよりも、熱く語ってくれた。また、同社は海外進出も積極的に考えており、有望な国として挙げたのはタイ、マレーシア、ベトナムなどであった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評