海外パビリオン─―台湾編東京ゲームショウ2008 海外パビリオン(1/2 ページ)

今年は韓国パビリオンがなくなってしまった分を補うかのように、活気があった台湾パビリオン。PCゲームも数も豊富に取りそろえており、今後日本でサービスが始まるかもしれない、完成度の高い作品もいくつか並んでいた。

» 2008年10月12日 23時50分 公開
[麻生ちはや,ITmedia]

ブラウザベースのかわいいカジュアルMMORPG「CANAAN」

photo

 XPEC Entertainmentが4台のデモ機を用意していた、MMORPG「CANAAN」は、Flashで製作されたクライアント不要のWebゲームだ。モンスターを倒して経験値とお金をため、町で武器や防具、おしゃれな装備品を買ったり、友達とチャットを楽しむという典型的なMMORPGだ。かわいいキャラクターにほのぼのした色使いを見ての通り、どちらかと言えばカジュアルゲーマーあるいはオンラインゲーム初心者をターゲットにしている。短時間ではあるが実際にプレイしてみたところ、移動や攻撃はすべてクリックで、モンスターは基本的にノンアクティブで、こちらから攻撃をしかけるとエンカウント制に切り替わる。また、エリアマップ上で行きたいところをクリックすれば、自動的に目的地まで動いてくれる親切設計だ。

 職業には近接戦闘が得意なウォーリアー、属性魔法を操るメイジ、支援スキルを持ち魔法耐性もあるプリースト、弓やボウガンを扱えるレンジャーの4つがある。アバターアイテムもネコ耳やリスの尻尾、背中にリボンの並ぶ可愛いチュニックなどがあり、一緒に戦闘に参加するペットもドラゴンにイルカに空とぶブタと、かわいいものづくめだ。キャラクターの成長バランスやコミュニケーションの取りやすさなど、もう少しじっくりプレイしてみなければ分からない点もあるが、クライアント不要の手軽さと、やりすぎないかわいいキャラクターデザインは、日本のユーザーにも十分ウケそうな気がする。

 ビジネスモデルはアイテム課金で、台湾より中国での先行サービスを予定しており、8月25日〜9月11日にはクローズドβテストも実施。年末までにはオープンβテストが行われる予定だ。それ以外の国での展開について尋ねてみたところ、残念なことに、日本より欧米での運営元を積極的に探しているそうだ。

photophotophoto

ついでに台湾PCゲーム市場の話も聞いてきた、INSREA GAME CENTER Corp.

photo

 INSREA GAME CRENTER CORPORATIONは「Genki Online」と「Sword of Legend Online」の2本を出展していたのだが、Genki Onlineは実は日本先行でサービスを開始している「ニアディア オンライン」のことだ。台湾でもようやくこの12月からサービス開始となそうだが、最新情報は日本版というわけで、こちらの話は割愛させていただく。

 「Sword of Legend Online」も背景は水墨画をイメージさせる3D、キャラクターはかわいらしい2Dとニアディアに似たスタイルのMMORPGだが、こちらはカンフーをモチーフにしたもう少し大人向けのタイトルで、台湾では2年前からサービスが始まっている。

 プレイヤーが選べる職業は、医者、パラディン、学者、盗賊、忍者、プリンセス、侠客などバリエーション豊か。さらに各職業には通常の攻撃や支援スキルに加えて、物ごいやスリ、脅しなどユニークなスキルもあるようだ。また、チームを組んで戦うバンクェットシステムや攻城戦システムもあり、1つのセールスポイントとなっているのが、「1000人のプレイヤーキャラクターが一画面にいてもラグが発生しない」ことと、さらに「1人のプレイヤーが、NPC兵士最大100人を連れて行ける」ことなんだとか。画面がキャラクターで埋め尽くされて、ラグが発生しなくとも何も見えなくなりそうだ。そのほか、結婚や生産システム、剣にのって空を飛べるシステムなどが実装されている。

photophotophoto

 話のついでに、今台湾で人気のあるPCゲームやPCゲーム市場について同社のディレクター Chao-Ye,Liu氏に話を聞いてみた。ぶっちぎり1位で人気があるのは、やはりBlizzard Entertainment社の「World of Warcraft」。これは世界的に見ても1位で当然のタイトルゆえに、2位以降を改めて質問してみると、「星辰オンライン(ルーセントハート)」の名前が。その次が「仙剣奇侠伝」だとか。Chao-Ye,Liu氏は「台湾国産のゲームはとても少なく、中国で開発されたゲームが市場を占めている。中国ゲームメーカーの成長はものすごい。今台湾のPCゲームメーカーがそれに打ち勝つためには、もっと政府のバックアップが必要だ。韓国のようにゲームメーカーや専門学校に対する、政府からの支援があまりになさ過ぎる」と自社タイトルを解説するときよりも、熱く語ってくれた。また、同社は海外進出も積極的に考えており、有望な国として挙げたのはタイ、マレーシア、ベトナムなどであった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」