海外パビリオン─―台湾編東京ゲームショウ2008 海外パビリオン(2/2 ページ)

» 2008年10月12日 23時50分 公開
[麻生ちはや,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Winking、時間のない大人向けカジュアルオンラインゲーム2本を出展

photo

 2年前のTGS2006では「Fantastic Melody Online」を映像出展していたWinkingだが、今年は「天関戦記(テイルズオブヒーローズ)」と「戦闘足球(ファイティングサッカー)」の2つを、これまた映像のみ出展していた。

 天関戦記は横スクロール型の2DオンラインアクションRPGだ。イメージとしてはNHNJapanの「アラド戦記」に近いかもしれない。職業には戦士、格闘家、魔法師、ガンナー、アーチャーなどが選択可能。PvPシステムも用意されている。今年の6月から中国ではサービスが始まっており、既に5万アカウントを突破しているとのこと。来月には遅れて台湾でもサービスが始まるそうだ。

photophotophoto

 もう1つのファイティングサッカーだが、こちらはごく普通のサッカーのルールでも遊べるほかに、各国武術の要素を取り入れて相手プレイヤーをすべてノックアウトする「サバイバルマッチ」というモードがある。むしろこちらがメインの遊び方かもしれない。プレイヤーには必殺技や必殺シュートといったスキルもあるようだ。どちらのモードでも試合は2対2、あるいは3対3の少人数制となっている。

 こちらは日本で現在運営会社を探しているところで、中国では来年にもβサービスが始まる予定だ。Winkingは毎回映像出展のみなので、次回のTGSではプレイアブルなものが見られるとうれしいのだが……。

photophotophoto

PCバージョンは立ち消えに!? Mega Net&Techの「PARSE RORUNPE」

photo

 去年もホウキ型スティックに乗ってプレイする姿が人目を引き、なかなか注目を集めていたMega Net&Techの「PARSE RORUNPE〜空舞魔導陣〜 Prelude」。ホウキにのった魔法使い、魔女たちによる空中戦闘が可能な対戦ゲームで、技を繰り出す際にタッチパネルで決められた魔方陣をなぞるというのが、ちょっとおもしろいシステムだ。TGS2007ではまだ試作品だったため、ホウキの操作性を向上したほか、あまりに広すぎたバトルフィールドを3分の1に縮小、タッチパネルの反応を良くするなど改善されている。

 実は、前回の話ではアーケード版とPC版の2つが連動し、同期の関係で1対1の試合に限定されてはしまうが、自宅からもゲームセンターからも対戦できるという話であった。ところが今回尋ねてみると、PCからの接続に関してはまったく未定。あくまでためたポイントで、アバターアイテムを公式サイトで購入するときしか使わない、ということになっていた。「ユーザーからの要望が強ければPC版との連動も復活されるかも」とは言うものの、望みは薄そうだ。

 なお、台湾では既にゲームセンターへの出荷がスタートしており、予約だけで80台が契約済みだとか。また、台南の高雄で行われるアーケードゲーム関連のショウで、一般ユーザーによるPARSE RORUNPEの大会も催される。日本でのサービスは年内を予定しており、今も引き続き代理店を探しているとのこと。

photophotophoto PC版がなくなってしまったのは本当に寂しいが、その分今年かわいい魔女っ子姿のコンパニオンさんが増えていたので、少し慰められた。早く日本のゲームセンターでも、このホウキにまたがる(女性)プレイヤーが見られるとうれしい

「童話王国2」の話も聞けた、Lager Network Technologies

photo

 6種以上のオンラインゲームを既に開発している、実力派メーカーLager Network Technologiesは今回、正統派MMORPG「King of Kings 3 Gods of Seven Realms」を出展していた。Gods of Seven Realmsという名前にも関連しているのだが、本作品でプレイヤーはキャラクター作成後に、まず7つの地域から自分が所属する地域を選択し、その中でプレイを進めていく。5〜10人程度のチームを作り、このチーム同士が結合して次に軍団を、さらに軍団同士の同盟によって国家が作れるというシステムになっている。国家同士のRvRもあり、勝利すれば国家のリーダーはその地域の「界王」となり様々なメリットが受けられるようだ。またプレイヤーはレベルを上げ、条件を満たせば誰でも「神様」まで上り詰めることができ、強力な攻撃スキルを習得できる。

 そう聞くと、かなりのヘビープレイヤー向けMMORPGに思えるが、対象ターゲットは13歳〜30歳とかなり幅広く、NPCを自動サーチできたり、自動戦闘など初心者向けの機能がある。また、騎乗生物とペットシステム、生産システム、豊富なクエストなどでプレイに変化をつける工夫がなされている。今年の12月末から台湾で正式サービスが始まり、2009年上旬には中国でもβテストを予定している。TGS2008でも日本の運営元といくつか既に交渉に入っているそうなので、いずれ国内でもβテストが始まるかもしれない。

photophotophoto

 メーンで出展しているのは、このKing of Kings 3なのだが、資料の中には「童話王国2」の文字が。童話王国はVerX(ベルクス)が運営している、世界中の有名な童話をモチーフにした、ほのぼのカジュアル系MMORPGで、サービス開始から4年目を迎える古参タイトルの1つだ。続編となる童話王国2だが、童話モチーフやターン制の戦闘はもちろんそのままにグラフィックスが2Dから3Dへ。そしてシナリオのボリュームアップと、新たにハウジング機能が実装されるとのこと。2009年夏休み頃には台湾でβテストを開始する予定で、2009年の東京ゲームショウにはプレイアブルなものを出せるという話であった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」