キメラついに北米に上陸――「RESISTANCE(レジスタンス) 2」(1/2 ページ)

SCEJが11月13日に発売するPS3用FPSでは、さらに凶悪に進化したキメラとの戦いが描かれる。キメラたちは海を越え、北米大陸に上陸していた……。

» 2008年11月04日 15時19分 公開
[ITmedia]

抵抗か、死か


 抵抗か、死か――「レジスタンス」のタイトルどおり、本シリーズの人類が置かれている状況は絶望的だった。ヨーロッパ全土がキメラと呼ばれる異形の生物に制圧され、人類はなすすべなくキメラによる蹂躙を甘んじて受けなくてはならなかった……。そんな時、アメリカ合衆国軍に属する兵士、ネイサン・ヘイルがキメラ壊滅を誓いイギリスへと降り立った。

 前作「RESISTANCE(レジスタンス) 〜人類没落の日〜」は、2006年11月11日に発売されたプレイステーション 3のローンチタイトル唯一のFPSだった。開発は「ラチェット&クランク」シリーズなどを手がけたInsomniac Games(インソムニアック・ゲームズ)が担当している。その開発の経緯や様子は、以前現地取材を敢行しているのでそちらを確認してほしい(記事、その1はこちら、その2はこちら)。

 今回、続編「RESISTANCE(レジスタンス) 2」が11月13日に発売される。前作の舞台は、1951年のイギリス――もちろん、史実ではない。この時代、もしもキメラが地球を襲ったらという架空の話を元に、ストーリーが構成されている。そして本作では、キメラがついにアメリカ合衆国へと上陸を果たすことになったというわけだ。プレイヤーは、前作同様ネイサン・ヘイル。キメラと戦い、キメラ侵略の謎に迫ることになる。

グリム:前作でも登場した人間由来のキメラ。改造プロセスによってこの状態に。個性なく、知性も低い種で意志なくただ仲間と団体で行動する。ゴキブリじゃないが、1体とであったら、近くに40体はいると考えたほうがよい

フューリー:水中で主に行動するキメラ。鋭い牙とツメで相手をつかみ食いつかれたら最後。たまに陸上にあがる場合があるが、その際は敵ではない

マウラー:かなりの巨体希少種。その巨体自体のパワーはもちろんだが、口から強力なナパーム弾を放つ

正体不明のキメラも登場。異様な姿、長く鋭いツメが背筋を凍らす。ヤバイ相手であることは間違いないようだ

ストーリー

1930年代ひとつの生科学実験リポートがロシアから漏れ始めた。

そこには村々が一夜のうちに全滅し、さらには町ごと失われたという報告が。

人々はロシアの兵器開発と考え、恐れたが、真実はそのようなものではなかった。

すべては謎の生物キメラによる地球侵略。

しかし、キメラの発生源と考えられるウィルスについては殆ど明らかにされず、唯一分かったことは、ロシア国内に10年以上も封印され潜伏していたことだけだ。

そして1949年、ついにキメラは全人類に向けて攻撃を開始。地球侵略はロシアからはじまり、僅か数週間で全ヨーロッパをも陥落。アメリカ合衆国軍に属する兵士、ネイサン・ヘイルは、このヨーロッパでの戦いで、キメラウィルスに感染しながらも戦いを切り抜けた人物だ。満身創痍の中、謎の部隊へ連れ去られるが、彼の身体は確実に得体の知れない何かによって侵食され始めていた……。

そして今。舞台は合衆国へ。




They came from above……with terror.

Larger than the heaven. And…hell follows them……

彼らは上空から現れた

天など忘れさせるほどの、圧倒的な恐怖と地獄絵図を広げて……


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」