ニュース
» 2008年11月26日 23時22分 公開

アーケード版「グラディウス」の販促用ポスター、なんと13万8000円で落札される日々是遊戯

先日、Yahoo! オークションに初代「グラディウス」の販促用ポスターが出品され、一部ゲームファンの間で注目を集めていた。最終的に、落札価格はなんと10万円を超えるまでにハネ上がったのだが、そこまで値段が上がった理由とは?

[池谷勇人,ITmedia]

希少性もさることながら、やはり思い入れの強さが決め手か

 ゲームセンターなどによく貼り出されている、アーケードゲームのポスター。「あれってどうやったら手に入るんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか? かくいう筆者も昔、よく通っていたゲームセンターに貼ってあった「電脳戦機バーチャロン」のポスターが欲しくてたまらなかった時期があった。

 実はこれらのポスターは基本的に、メーカーからお店にプロモーション用として送られてくるものが大半で、一般に出回る機会はほとんどないと言っていい。どうしても手に入れたければ、お店の人にお願いして譲ってもらうとか、ネットオークションに出品されているものを狙うかしかない。それも比較的新しめのタイトルならまだしも、対象が古いゲームだったりしたらなおさら大変だ。

 で、ここまでが前置きなのだが、先日「Yahoo! オークション」に初代アーケード版「グラディウス」のポスターが出品され、なんと13万8000円という高価格で落札されていた。20年以上も前のポスターで、しかもいまだに根強いファンの多い「グラディウス」ということで、出品当初から一部で注目を集めてはいたものの、まさかの10万円超えにはさすがに度肝を抜かれた人が多かったようだ。

 ちなみに過去のオークション結果を検索してみたところ、高かったのは「マジックソード」の3万500円、「ビートマニアIIDX16 EMPRESS」の2万5000円あたり。そのほか「グラディウスII」や「メタルスラッグ3」なども2万円ほどで落札されていたが、やはり「グラディウス」の13万8000円を超えるものはちょっと見つからなかった。それだけ「グラディウス」という作品に思い入れのある人が多かったということだろう。

 さすがに今回の例は別格だが、それでも最初に述べたような理由から、アーケードゲームのポスターは基本的に高価で取引きされているものが多い。もし家に古い販促用ポスターが眠っているという人がいたら、ためしに出品してみてはいかが?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」