連載
» 2008年11月27日 16時22分 公開

2度の挫折を乗り越えた独身ガルカが見た「FFXI」の素晴らしき世界感じるヴァナ・ディール(第7回)(1/3 ページ)

ヴァナ・ディールを旅して美しい風景と触れ合うSサイズのガルカのブラリ珍道中。今年1年の終わりが見え始めた今日この頃、めっきり寒くなって外に出るのも億劫に……。ということで、今回はヴァナ・ディールの積雪エリアを一気に巡る極寒ツアーを決行。写真は全体的に白いです。

[山本博幸(ねこひげLLC),ITmedia]

ボスディン氷河 〜アーリマン族や剣虎族を倒し続けた日々〜

ボスディン氷河に生息している剣虎族は、バタリア丘陵の同種族と比べて戦利品を落としやすい

 最初に紹介するエリアは、東ロンフォールにあるラングモント峠を越えた先のボスディン氷河。生息するモンスターはすべてアクティブなので、低レベルの冒険者には敷居が高いエリアであるものの、剣虎族やアーリマン族といった金策に役立つ戦利品を落とすモンスターが多い。また、その対象となるモンスターはアウトポスト付近に生息しており、移動時間もそれほどかからないので利便性がいい点も魅力。高レベルの冒険者にとっては楽に金策が行えるエリアの1つとして挙げられている。僕もレベル50を超えたあたりから、よくボスディン氷河に訪れて資金稼ぎに勤しんだものだ。補給クエストを済ませてしまえば移動が楽になるので、新規の冒険者も金策手段の1つとして視野に入れてみてはいかがだろうか。


辺り一面、常に雪に覆われた白銀の世界。気候が吹雪になると極端に視界が悪くなり、低レベルだと突然モンスターに襲われることもあるので要注意

天候が妖霧になると吹雪時とは変わって、不気味さを出した紫色の瘴気のようなものが立ち込める
ラングモント峠への入口近くには「Trail Markings」があり、デュナミス(※1)に挑戦する高レベルの冒険者が群がっていることもある
ボスディン氷河の北東にそびえ立つ古代の建造物フェ・イン。ミッションやAFクエストなどで度々訪れることになるダンジョンだ

ホルトト遺跡に似ているこの建築物はソ・ジヤへの出入口。その周囲にはドール族が徘徊している
海岸沿いをよく見ると、黒い水晶のようなものが地面から突き出ている
(※1)デュナミス:特定の条件を満たしたレベル65以上のプレイヤーが64人まで参加できるバトルフィールドのこと。レリックと呼ばれるジョブ専用装備をはじめ、ここだけでしか手に入らないアイテムが存在する。

ザルカバード 〜ボスクラスのモンスターに会いたくて〜

 ザルカバードはボスディン氷河と隣接しているエリア。アウトポストテレポはもとより、テレポヴァズを使えば瞬時に移動することができる。このエリアにはスケルトン族やゴースト族などのアンデッドに属するモンスターが数多く生息しており、レベルがボスディン氷河のモンスターより高い。また3国共通ミッションで登場したドラゴン族「Shadow Dragon」も徘徊しているのが特徴で、その存在感はザルカバードに生息するどのモンスターよりも遥かに大きい。通常のエリアでこれほど巨大なモンスターを目の当たりにできる機会は滅多にないので、過去の冒険を懐かしむつもりでShadow Dragonの姿を拝むのも一興だ。ちなみにこのエリアには限界突破クエスト(※2)に関する3体のNMも生息している。まだクリアしていない冒険者は覚えておくといいだろう。

ザルカバードはなだらかな丘の地形で移動しやすい。天候はボスディン氷河と似ており、雪と闇の2種類がある
光が雪に反射しているせいなのか、太陽がいつもより大きく見える

ザルカバードの西側には、崖下からオーロラのような光が昇っている。先を進むと闇の王の住処であるズヴァール城の門があり、その周囲にはデーモン族が徘徊している
(※2)限界突破クエスト:最初、PCのレベルは50が上限となっている。この上限を上げる一連のクエストは、限界突破クエストと呼ばれており、冒険者にとって避けては通れない存在である。現在のレベル上限は75まで上げることができるが、ここに到達するには5つの限界突破クエストをクリアしなくてはならないのだ。
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙