ニュース
» 2008年12月03日 17時42分 公開

実写版「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」は2009年2月公開

春麗をヒロインにした「ストリートファイター」実写版の日本公開が2月に決定した。

[ITmedia]

 映画「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」の日本公開が2002年2月に決定した。配給はギャガ・コミュニケーションズで、新宿ミラノほか全国ロードショー公開の予定だ。

 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」は、カプコンの「ストリートファイター」の人気キャラ「春麗(チュンリー)」を主人公にしたオリジナルストーリーの実写映画。春麗を演じるのは、クリスティン・クルック(「ヤング・スーパーマン」、TV版「ゲド戦記」)。監督は、「ロミオ・マスト・ダイ」のアンジェイ・バートコウィアクで、「マトリックス」のスタッフが製作に関わっている。

 キャストはほかに、バルログにマイケル・クラーク・ダンカン(「グリーンマイル」「シン・シティ」)、バイソンにニール・マクドノー(「父親たちの星条旗」「守護神」)、ベガにブラック・アイドピーズのTaboo、ナッシュにクリス・クライン(「アメリカン・パイ」「ローラーボール」)など。

imageimage

 ちなみに「ストリートファイター」は1994年にもハリウッドで実写化されており(日本公開は1995年)、ガイルをジャン=クロード・ヴァン・ダムが、キャミィをカイリー・ミノーグが演じていた。

ストーリー

 春麗は裕福な家庭に生まれた一人娘。幼い頃から大好きな父親からカンフーを習い、彼女は幸せいっぱいな暮らしのなかで育っていた。しかし、ある日、突然悪漢が彼女たちの前に現れ、春麗の目の前で父親が拉致されてしまう。 そして、そのまま父の消息は途絶えてしまう……。

 それから10年後、美しい女性へと成長した春麗は、母の死後、10年前に悪の組織に拉致された父親の行方を捜すことを決 意。可憐な少女だった春麗が厳しい修行を重ね、強く美しい「ストリートファイター」となり、さらわれた父親を助けだすため、犯罪組織に立ち向かう……。

(C) CAPCOM U.S.A.,INC.ALL RIGHTS RESERVED. (C) CAPCOM CO.,LTD./Based on Capcom's Street Fighter Video Games

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声