レビュー
» 2008年12月09日 12時52分 公開

誰もが知らず知らずのうちに誰かの運命に干渉している――パズル的な要素が面白い“実写”サウンドノベル「428」レビュー(2/2 ページ)

[立花裕壱,ITmedia]
前のページへ 1|2       

遊びやすくなったシステム

 さて、ここからはシステムをチェックしていきたい。といっても、文章を読み進み、選択肢を選んでいくのは既存のサウンドノベル通り。そして、428は街と同様、複数のシナリオがお互いに影響し合うザッピング前提の構造となっている。

 各主人公のシナリオは「11:00-12:00」といったように、1時間ごとに区切られた「タイムエリア」でまとめられている。タイムエリアの各シナリオが最後までたどり着くと、次の1時間に進める。しかし、普通にプレイしていては、バッドエンドに到達してしまう。プレイヤーはほかのシナリオも考慮しつつ、主人公たちの行動を選択しなければならない。これが運命を操るゲームと呼ばれるゆえんだ。

 例えば冒頭、身代金の引き渡しを待つ女子大生のひとみに近づいてきた若い男を、張り込んでいた刑事の加納が逮捕する。だが、この男は事件には無関係の、亜智だった。これではバッドエンドに……。ここを回避するためには、亜智のシナリオで、ひとみに関わらない選択肢を選べばいい、といった具合だ。

 終盤はバッドエンドを迎えることが多くなり、難易度も上がってくる。どの選択肢がどこに関係しているのか、見極めるのはパズル的な面白さがある。

photo 各シナリオの選択肢をうまく選び、バッドエンドを回避していく。といってもすぐに後戻りできるので、気軽にセレクトしよう
photo バッドエンドごとにヒントがついている親切設計。猛者ならヒントを読まずにやり込むのも手か

 選択肢以外では、テキスト中に表示される赤い文字を選んで「JUMP」するザッピング的システムも重要だ。シナリオを読み進めるうちに、突然「KEEP OUT」と表示され、話がストップしてしまう。これは、ほかのシナリオからJUMPしてこなければ解除されない。

 こうした要素は、街にも見られたが、先ほども触れたタイムチャートが非常に優秀で、敷居がかなり下がった。ゲームを進めると自動的に作られるタイムチャートによって、主人公たちの物語が5分刻みのチャプターで確認できる。選択肢やJUMPがどこにあるかも一目瞭然(りょうぜん)だ。詰まったら十字ボタンの左右で主人公、上下で時間を切り替え、サクサクと調べていこう。タイムチャートとにらめっこすれば、打開策も見えてくるはず。クリア後のバッドエンド探しも楽だ。

 ちなみに、テキスト中、青い文字で表示される単語は「TIP」と呼ばれ、ここに合わせてボタンを押すと、その単語についての豆知識や詳しいコメントを読むことができる。真面目な用語解説もあるが、クイズや占い、ギャグ、マニアックすぎるうんちくとさまざま。TIPには作り手の遊び心を感じる。

 また恒例の隠しシナリオもあり、今回はかまいたちの夜の我孫子武丸氏と、TYPE-MOONの奈須きのこ氏が手がけているなど超豪華だ。特に奈須氏のパートは全編アニメでボイスつき。本編とはイメージが180度違うので、こちらも必見だ。

photo 刑事の加納のシナリオがKEEP OUTされたら、亜智が加納に突き飛ばされるシーンからJUMPしよう
photo 情報量たっぷりのTIP。TIPの中には動画が再生できるものもあって、ちょっと新鮮

巧みな演出で盛り上がるドラマ

 本作で特筆すべきは演出のうまさだろう。ノベルゲームは確かに文字がメインだが、もともとサウンドノベルと名乗っているように、ケータイの着信音や街角の雑音など、効果音から臨場感が良く伝わってくる。さらに、一見止め絵に見える背景の画像も、少しずつズームアウト・ズームイン、パンしているのに気づくと思う。何気ない演出だが、これもゲーム全体の躍動感につながっているのではないか。

 巧みな演出のおかげで、頭の中では、まるでドラマのワンシーンのようにキャラクターが生き生きと動き回る。しかもドラマにはない文字という武器で、心の奥底までもが細やかに分かるのだ。428は、これまでになかった新たな表現方法を明示している。

 全体としてサービス精神も旺盛で、ビギナーへのガイドもしっかりしている。サスペンスものが好きなら、普段ほとんどゲームをしないという人にも自信を持ってオススメできるだろう。実写ノベルゲームのブームが到来する、そんな気にさせる作品だ。

photo ゲームを進めると挟まる予告映像。この先何が起こるのか、期待を煽る
photo 10年前と比べると実写画像のクオリティも上がった。動く演出にも切れがある

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声