ニュース
» 2008年12月15日 20時19分 公開

あの「サターンPC」がパワーアップ!? 今度は「ドリキャスPC」だ!!日々是遊戯

以前紹介した「セガサターンPC」に続き、現在、秋葉原のツクモパソコン本店にて「ドリームキャストPC」が展示されている。今度はなんとBlu-Rayドライブ+HDMI出力搭載だ!

[池谷勇人,ITmedia]

ライバルはプレイステーション 3!?

 先週より、東京・秋葉原のパソコンショップ・ツクモパソコン本店1階にて、ドリームキャスト本体を改造した「ドリームキャストPC」の展示が行われている。

 ツクモパソコン本店と聞いてピンと来た人もいるかもしれないが、作者は以前このコーナーでも取り上げた「セガサターンPC」と同じ、同店スタッフのTKさん。前回はプレイステーション 2を基準に「DVDが見られる」スペックを目安に制作したとのことだが、今度のライバルはプレイステーション 3、ということでBlu-RayドライブとHDMI出力を新たに搭載。さすがサターンの上位機種だけあって、本体の小型化とともに、スペック面でもさらなるパワーアップがはかられている。

 特筆すべきはやはりその本体サイズで、ドリームキャスト本体が190ミリ×196ミリであるのに対し、今回使用したマザーボードは170ミリ×170ミリと本当にギリギリ。手に取ってみるとズッシリとした手ごたえがあり、中身のみっしり詰まった果物のような重量感がある。またこれだけ小さいと廃熱が気になるところだが、これについては本体底面に大型の冷却ファンを取り付け、ゲタをはかせて接地面との隙間を作ることで対処しているようだ。

 前面のコントローラ端子はUSBポートに改造されており、コントローラもこれに合わせてUSB仕様に。またビジュアルメモリは無線LANのアクセスポイントにもなり、これを介してPS3やニンテンドーDSなど、ほかのゲーム機を接続することも可能だという。単なるUSBメモリで終わらせないあたり、あいかわらずの芸の細かさだ。また制作中、手が滑ってうっかりBlu-Rayドライブを破損させてしまい、泣く泣くもう1台購入することになった――といった失敗談も語ってくれた。

 制作費は約10万円、制作期間は3日間。TKさんによればすでに次の構想もあるそうなので、次回作にも期待したいところ。同店のブログでは、TKさん本人による解説も掲載されているので、詳細なスペックや使用パーツなどを知りたい人はそちらへどうぞ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10