ニュース
» 2009年01月08日 20時20分 公開

KONAMIを怒らせた「DJMAX」ってどんなゲーム?日々是遊戯

「ビートマニア」シリーズをはじめ、数々の音ゲーをリリースしてきたKONAMIが昨年、韓国PENTAVISIONの「DJMAX」シリーズを特許権侵害で訴えたという。この「DJMAX」シリーズって一体?

[池谷勇人,ITmedia]

確かによく似てます

「DJMAX Portable:Black Square」のパッケージ

 昨年12月、韓国KONAMIより「韓国PENTAVISIONの『DJMAX』シリーズに対し、特許権侵害で訴訟申し立てを行った」という発表があり、一部音ゲーファンの間で話題となっていた(リリース)。

 「DJMAX」シリーズとは、PENTAVISIONが主に韓国で展開している一連の“音ゲー”シリーズのこと。当初はPC用オンラインゲームとしてスタートしたが、その後「DJMAX PORTABLE」としてPSPに移植されたのをきっかけにブレイク。Wikipediaの説明によると、シリーズ1、2作目の合計販売本数は15万本を超えており、これは韓国国内おける韓国産PSP用ソフトの販売本数としては歴代第1位だという。

 今回KONAMIが同シリーズを訴えたのは、「DJMAX」がKONAMIの「音楽シミュレーションゲームに関する基本特許」を侵害しているとしたため。これについては、文字で説明するよりも、写真を見ていただいた方が早いかもしれない。以下の写真はすべて、昨年12月発売の最新作「DJMAX Portable:Black Square」のもの。


ゲームシステム、画面レイアウトなどは「ビートマニア」とほぼ同じ
上から降ってくる音譜に合わせ、タイミングよくボタンを押していこう
操作方法は、腕前に応じて4ボタン〜8ボタンから選ぶことができる

韓国語の楽曲もあるが、英語曲やインストゥルメンタルも多く、普通に楽しめる
CGや楽曲のクオリティはかなり高く、人気があるのもうなずける
言語設定で「日本語」を選べば、なんと日本語でもプレイ可能

 基本的なゲームシステムは、上から降ってくる音譜に合わせ、ボタンを押していくだけというオーソドックスなもの。使用するボタン数などに違いはあるものの、画面インタフェースやゲームのルールなど「ビートマニア」とそっくりな部分は多く、確かにKONAMIが怒るのも分からなくはない。

 一方で、楽曲やCGのクオリティは非常に高く、また日本人ウケしそうな曲も多く収録されているため、遊んでみると思いのほかハマる。上記のとおり画面表示などもオプションで簡単に日本語化できるため、わざわざ韓国から取り寄せたり、海外ゲーム取り扱い店などで購入したりして楽しんでいる音ゲーファンも少なくなかったようだ(PSP用タイトルは基本的にリージョンフリーなため、日本のPSPでもプレイ可能)。

 なお以前取材した“海外音ゲー”専門ゲームセンター「WORLD GAME CIRCUS」にも置いてあったが(関連記事)、最新作「DJMAX TECHNICA」は、シリーズ初のアーケード版として日本でも近々稼働が予定されていた。これは個人的な推測だが、おそらく今回KONAMIが動いたのは、この「DJMAX TECHNICA」の日本進出を懸念したからではないだろうか。

 ちなみにKONAMIと“韓国音ゲー”との確執は今に始まったことではなく、2001年には韓国Amuse Worldらの「EZ2DJ」シリーズに対し同様の訴訟を行い、このときはKONAMI側の勝訴で判決が確定している(ただしAmuse World側に命じられた賠償はかなり軽いもので、事実上の敗訴とする見方も)。判決が出るのはもう少し先になりそうだが、今後の動きを注意深く見守っていきたいところだ。

「WORLD GAME CIRCUS」に設置されていた「DJMAX TECHNICA」
操作方法はタッチパネルを使ったものへと一新されている
こちらは「EZ2DJ」の筐体。さすがにこれは怒ってもいいレベルだと思う

(C)1997-2008 Neowiz Corporation ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (C) 2004,2006,2007,2008 PENTAVISION Corporation ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」