ニュース
» 2009年01月15日 16時24分 公開

ファミカセ1051本のフルコンプリートセットが、まんだらけで展示中。価格は65万円→即売約日々是遊戯

家庭用ゲーム機のはしりとして、かつて一大ブームを巻き起こしたファミリーコンピュータ。そのROMカートリッジ全1051本を集めた展示が、東京・秋葉原のまんだらけコンプレックスで行われている。

[池谷勇人,ITmedia]

価格は65万円。高い? それとも安い?

展示が行われている、秋葉原のまんだらけコンプレックス。懐かしの玩具からゲーム、同人誌まで幅広く扱う、8階建ての大型店舗だ

 1月10日より、東京・秋葉原のまんだらけコンプレックスで、歴代ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)ソフト全1051本(ディスクシステム用ソフトは除く)のフルコンプリートセットの展示・販売が行われており、話題を呼んでいる。

 展示されているのは、表通りに面した1階西側のディスプレイ部分。色とりどりのカートリッジが10メートル以上にわたって陳列されている様子は圧巻で、筆者が写真を撮っている間にも「うわあ懐かしい!!」「こんなにあったんだ!!」などと、多くの人が買い物途中の足を止めて展示に見入っている様子だった。ちなみにソフトは年代順にすべて並べられており、ウィンドウ部分には「その年の出来事」も合わせて貼られていたりするのが面白い。これによると、ファミコンが発売された1983年の主な出来事は「東京ディズニーランド開園」「三宅島噴火」など、最後のファミコンソフトが発売された1994年には「松本サリン事件」や「ビートたけしバイク事故」などが話題となっていた。

 気になる価格はというと、1051本セットで65万円(税込)なり。1本あたりに換算すると約618円と意外に安く、「この価格ならちょっと欲しいかも……!」と一瞬食指が動きかけたものの、残念ながら筆者が訪れた14日の時点ではすでに「売約済」となっていた。スタッフによると、週明けの12日ごろにはすでに買い手が付いていたそうで、やはり同じようにビビッと来てしまった人がいたということだろう。ちなみに価格の決め方については「ソフトごとに設定された中古販売価格を単純に合計して、端数分をちょっと調整しただけです」(同店スタッフ)とのこと。自力でコンプリートする手間をまるまる省けると考えれば、やはりかなりのお値打ち品だったと思われる。

 すでに買い手は付いているものの、展示自体は1月23日まで引き続き行われているそうなので、興味がある人は今のうちにぜひどうぞ。

ファミコン世代にはたまらない今回の企画展示……と思ったら、意外に若い女性が足を止めて見入っていたりして面白かった
左から右へと進むにしたがって年代も進んでいく。当時の思い出と照らし合わせながら、時代を追っていくのが楽しい
筆者が訪れた14日の時点で、POPには大きく「売約済」の表示。冷静に考えてみると、実はかなりのお買い得商品なのかも

担当スタッフイチ押しの「サマーカーニバル'92 烈火」。ファミコン末期に発売された名作シューティングで、かなりのレアソフト
もちろん日々是担当者が大好きな「スペランカー」先生も。ソフトによっては、スタッフのコメント付きで展示されている
最後は94年発売の「高橋名人の冒険島IV」でした。サターン・プレステが登場した年に、まだ新作が発売されていたというのがスゴい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」