連載
» 2009年01月21日 13時05分 公開

業界の突破口はネットワーク?くねくねハニィの「最近どうよ?」(その29)(1/3 ページ)

「CR花の慶次」断ちをして業界の復調を念じてるみたいですけど……それって? な、くねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」。相変わらずふざけた感じですが、中身はガチンコ。北米での市場状況が変わってきたことを切り口に書いているので、よしなに。

[くねくねハニィ,ITmedia]

いまさらですが丑年ということで

引き締めてまいります

 もぉ〜。……文句ではありましぇん。丑年なのでウシの鳴き声で新年を開幕してみました。あけおめ&ことよろ&今年も頑張りまする〜(つかおせぇ)! ずいぶんと遅れてきたくねくねハニィがお届けする、2009年最初の「最近どうよ?」です。円高が進んで海外旅行するにはサイコーだよね? なんて脳天気なことも言っていられないくらい日本経済も寒々しくなってまいりました。この不況はハニィにも影響しています……(涙)。

 それにしてもひとり勝ち任天堂のパワーを見せつけられました。昨年11月の北米販売データを見てびっくり。どうやってそこまで準備できたんですかぁ? な、Wiiの台数をご覧あれ。

 世界最大だったエレクトロニック・アーツ、昨今の株価暴落が止まりませんの。前回の「最近どうよ?」で書いた人員を6%減らすって話が実行されたんだけど、さらに「Dead Space」、「Mirror's Edge」などの販売不振が売上予算の未達に結びついて、さらなるリストラを断行する予定らしいですわ。しか〜し! オリジナルが不発に終わった今商戦期だったんだけど、めげずに「Dante's Inferno」を発表したEA。後で触れますけど、こういうオリジナルの流れは止めないで頑張ってもらいたいものですね。

 今回は、新年から大風邪をひいて鼻で息ができなくなってるハニィがリポートする、「オンラインがゲーム業界を救う?」。と、その前に11月の北米市場報告をするのだっ! 年末商戦ピークのデータだからチェックしてくれぇい。

11月の北米市場報告であるぞっ!

ハード

Wii204万
Xbox 36083万6000
プレイステーション 337万8000
プレイステーション 220万6000
ニンテンドーDS157万
PSP42万1000
NPDデータより

 よくぞまぁ、Wiiを200万台も準備できましたね、任天堂さん。増産もされたんでしょうけど、ようやく落ち着いた日本とかから振り分けたんでしょうか? それでも出したら出した分、売り切っちゃうって意味では、まだまだWiiは衰え知らずの人気なんです。

 Xbox 360も好調で、前年商戦期(77万台)を上回る売上台数をたたき出したんだけど、値下げ効果はもちろん、「Gears of War 2」や「Call of Duty: World at War」などが牽引した様子。Xbox 360を持ってる人の約8人に1人は、昨年11月中に発売されたばかりの「Gears of War 2」を購入したようです。さらに、Xbox 360はマイクロソフトの欧州戦略が効を奏して、年末商戦を終えて欧州地域でのインストールベースが800万台以上になった! とのニュースがございました。

 マイクロソフト関連のニュースでは今年1月にラスベガスで行われたCES(Consumer Electronics Show)で、Xbox 360にBlu-Rayを積む? って噂の否定がありましたわ。一番の理由はコスト高とのこと。Xbox 360の一番安いバージョン(Arcade)はWiiより安いってのがウリだから、確かに正しい判断かもね。

 ちなみにPS3は、せっかく実質的に値段を下げたのに、前年割れの38万台弱(前年同月47万台弱)。「Resistance 2」というエクスクルーシブを持ってきたものの、なかなか年末商戦に苦戦していますね。エクスクルーシブがメガヒットじゃなくても、たくさんのソフトが生まれれば多様化するユーザーニーズへの喚起になるんですがね……、タイトル数はそれほど増えていません。PS3の11月の新作タイトル数は22タイトルで、Xbox 360の31タイトル、PS2の24タイトルをも下回ってます。そのうち16タイトルは、マルチプラットフォームもの……。PS3らしいタイトルの発売が期待されます。

 さて、ご存じのとおりHomeが12月11日にワールドワイドでやっと立ち上がりました。開始早々いろいろあったけど、ようやくPS3ならではのファンクションをユーザーに提供できるようになったってわけで、今後のPS3に期待したいところ。で、ここでもCESのお話ですが、Homeがすでに340万もダウンロードされたと発表がありました。さらに、1700万アカウント(Homeのおかげか、12月だけで210万登録があったそうです)がPSNに登録されてて、現在までコンテンツが延べ3億3000万ダウンロードされたとのこと。がんばってますよぉ!

 ニンテンドーDSは、昨年同様11月単月で150万台以上売ってしまいました。DSiの発売をお待ちにはならないのかしら(夏以降発売と言われとりましたが、4月発売? との噂も)なんて素朴な疑問を持っちゃうハニィでしたが。これでニンテンドーDSは、北米だけで2400万台出回ったことになります。PSPが1300万台ってことを考えると、単純なシェアでは勝負あった! って感じですが、まぁ、同じハンドヘルドゲーム機とは言え、ユーザー層が違うから比べらんないのよね。老若男女が持ってるDSとコアユーザーがクールに遊ぶPSP。集合的にはDSユーザーの枠の中にPSPのユーザーが入っているわけで、DSを持ってる人がPSPも持ってるってこともあるわけです。

 ただ、11月に69タイトルの新作が発売されたDSに比べてPSPは6タイトルとな? ぬぬぬ、メーカーさんはPSPユーザー向けに新しいタイトルを作ってくれないのかなぁ?

※ニンテンドーDSとPSPの北米での販売累計台数に間違いがありました。正しくは文中にもあるとおりDSが2400万台、PSPが1300万台になります。

ソフト

1Gears of War 2(Xbox 360)156万本
2Call of Duty: World at War(Xbox 360)141万本
3Wii Play w/ Remote(Wii)79.6万本
4Wii Fit w/ Balance Board(Wii)69.7万本
5Mario Kart Wii w/ Wheel(Wii)63.7万本
6Call of Duty: World at War(PS3)59.7万本
7Guitar Hero World Tour(Wii)47.5万本
8Left 4 Dead(Xbox 360)41万本
9Resistance 2(PS3)38.5万本
10Wii Music(Wii)29.7万本
NPDデータより

 「Gears of War」は「Halo」と並ぶXbox 360の看板タイトルとして確立された感。第2弾は11月に発売されて年明け現在、北米だけで250万本とのことです。パブリッシャーがマイクロソフトということもあって、PS3には移植されない……残念です。こういう大きな看板タイトルがPS3にも期待されるよね。11月は「Resistance 2」がんばってますね!

 「Call of Duty」も「Guitar Hero」シリーズとあわせてActivisionを代表するタイトルになりました。発売月に2プラットフォームで200万本突破はご立派! PS3版も好調なので、プラットフォームをあわせると、実は一番売れたソフトって言えるんじゃないかしら?

 Wiiのハード数から見ても、前月に発売された「Wii Music」など新作が牽引してるのかな(なんと11月はWii向けに新作が50タイトルも発売されている)? と思いきや、相変わらず「はじめてのWii」、「Wii Fit」、「マリオカートWii」なんかが売れてるんだな。「Wii Music」は30万本弱止まり。北米版Wiiは「Wii Sports」を同梱してるから、どっちにしても「Wii Sports」が稼働率の一番高いソフトって言えるでしょうけどね。

 あまりにも満足度が高いせいか、Wiiのソフト装着率は1台あたり5本以下になってしまいましたよん……。これってソフトメーカーにとってはたまらんよね。1本あたりの満足度が高い、ってのはすばらしいことなんですけど、ビジネスで考えるとちょっと……。出回ってるハードとは言え、ソフトは回転してない、ってことですからねぇ。

 圏外ですが11位に「街へ行こうよ どうぶつの森」(英語名:Animal Crossing: City Folk)が入っていますの。初動でドカンと、ではなくジワジワと行くこの「ぶつもり」シリーズ。2005年に発売されたDS版は、ランキングにはあまり出てこなかったんですけど、2008年までの間にじりじりと販売本数を重ねて180万本を突破してるのよ。これって、北米の「口コミ」プロモーションを物語る一つの例だよね〜。

 欧州ではハンドヘルド向けも好調のようだけど、北米ではコンソール向けの販売数量がハンパない感じですな。11月だけで69タイトルも発売されたDSタイトルはどうなってるんだ? と思っちゃうのも事実。インストールベース(出回ってるハード数)が増えてきているのにソフト装着率が高くない、つまり、1本を楽しく長〜く遊べちゃうのだ。前述したまったくWiiの状況と同じですな。

 さて、それでは本題に行きまっか! 日本はハリウッド化して北米が日本化するっちゅー訳の分からない話(笑)から、お約束のオンラインに関してお話しさせていただきやす。まぁ読んでみてくんしゃい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」