“クリス・レッドフィールド”の生き様を見よ――「バイオハザード5」

シリーズ第1作目「バイオハザード」で起こった“洋館事件”の生存者のひとりで、優れた観察力と洞察力を持つ「バイオハザード5」の主人公クリス・レッドフィールド。今回は彼が歩んできた道を振り返る。

» 2009年02月04日 00時00分 公開
[ITmedia]

 カプコンから3月5日に発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「バイオハザード5」。本作の主人公クリス・レッドフィールドは、シリーズ第1作目「バイオハザード」で起こった“洋館事件”の生存者のひとり。「バイオハザード2」の主人公クレア・レッドフィールドの兄であり、シリーズを通して暗躍する敵、アルバート・ウェスカーとは浅はかならぬ因縁を持つ。今回はシリーズの事件を紐解きながら、クリスの軌跡を振り返っていく。

photo

●洋館事件に続く、すべての始まり――「バイオハザード0」

 1998年7月。

 アメリカ合衆国中西部に位置する工業都市、ラクーンシティ。北部のアークレイ山地を始めとして美しい自然の残るこの土地で、人が食い殺される連続猟奇殺人事件が巻き起こっていた。

 事態を重く見たラクーン市警は、特殊部隊S.T.A.R.S.を派遣する。そこには巨大製薬企業アンブレラによるもくろみが隠されていた……。


photo

●ウェスカーが本性を現す――「バイオハザード」

 1998年7月。

 黄道特急事件の捜索中、突如消息を絶った特殊部隊S.T.A.R.S.ブラヴォーチームを、クリス・レッドフィールドとジル・バレンタインを始めとするS.T.A.R.S.アルファチームが捜索へと向かった。

 隊長のアルバート・ウェスカーに先導され洋館へとたどり着くクリスたちだったが、その洋館こそ、対立組織への転進を図るアンブレラの研究員でもあるウェスカーが、己の野望を遂行するために仕掛けた罠であった。


photo

●ラクーン市に残ったジルの物語――「バイオハザード3 ラストエスケープ」

 1998年9月。

 洋館事件から2カ月、一時は平穏を取り戻したラクーン市に再び異変が起こる。

 市外では異常殺人が頻発し、奇病が流行しだしたのだ。t-ウィルスが流出し、街全体がバイオハザードに見舞われる。

 アンブレラの動きを極秘で調査するため、街に残留していたS.T.A.R.S.隊員ジル・バレンタインは街からの脱出を始める。しかし、アンブレラの放った追跡者が執拗(しつよう)にジルへと迫る……。


photo

●狂気の街に足を踏み入れた新米警官とクリスの妹――「バイオハザード2」

 1998年9月。

 音信の途絶えた兄クリスの消息を追って、妹のクレア・レッドフィールドは、ラクーンシティを目指してバイクを飛ばしていた。同じ頃、夕日に染まったハイウェイを走る1台の車があった。レオン・S・ケネディ。ラクーン市警に新しく配属が決まった新米警官だ。

 アンブレラ社の陰謀により、この世界が圧倒的な恐怖と絶望に包まれることを、2人はまだ知らなかった。


photo

●クリスとウェスカー、因縁の再会――「バイオハザード コード:ベロニカ」

 1998年12月。

 奇病の原因がアンブレラの進める生物兵器にあることを察知したクリスは、単独で事件の真相を追う。一方、ラクーンシティを脱出したクレアは、兄のわずかな手がかりを頼りにヨーロッパへ向かうも、パリのアンブレラ研究所で捕らえられる。

 移送された先は、絶海の孤島・ロックフォート島。始祖ウィルス発見に深い関わりを持つアシュフォード家が統治するその島には、更なる陰謀を企むウェスカーの姿もあった……。


photo

●アンブレラ崩壊の真実が明らかに――「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」

 2003年。

 S.T.A.R.S.を離れた後、私設対バイオハザード部隊を組織したクリスとジルは、秘かに稼働を始めたロシアのアンブレラ支部を強襲するも、ウェスカーの謀略により、狂気のまん延する場所に変わっていた。

 極寒の地で、クリス、ウェスカー、アンブレラ残党による三つ巴の死闘が始まる……。−−

photo

●エイダの陰にウェスカーあり――「バイオハザード4」

 2004年秋。

 ラクーンシティの消滅から既に6年が経過していた。合衆国エージェントとなったレオンは、何者かに誘拐された大統領の娘・アシュリーを救出するため、単身ヨーロッパの寒村を訪れていた。

 しかし、村人から情報を得られないどころか、逆に強襲を受け、一転して窮地からの脱出劇が始まる。さらにその村には、ウェスカーにより寄生生物「プラーガ」の情報を集めることを命じられたエイダ・ウォンの姿もあった。

●そして舞台はアフリカの大地へ――「バイオハザード5」

 アフリカの大地に伸びる道を行く1台の車。やがて車はキジュジュ自治区内の近くに停車し、ひとりの男が降り立った。クリス・レッドフィールドである。クリスが辺りを見回していると、女性が近づいてきた。

 「ようこそアフリカへ、シェバ・アローマよ」

 差し出された手を握り返し、クリスは今回の作戦でも相棒がいることを知る。多くの任務をこなす中、失った仲間も少なくない。この世界は命をかけてまで守る価値があるのだろうか? その自問に、今はまだ答えはない。

 だがクリスは、これだけは分かっていた。俺にはやらなければならないことがある。

photophotophoto

photophotophoto

バイオハザード5
発売予定日 3月5日
価格(税込) 8800円
対応機種 プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンル サバイバルホラー
CERO D(17才以上対象)
発売元 カプコン
(C)CAPCOM CO., LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」