ニュース
» 2009年02月06日 18時28分 公開

「桃鉄」で80兆円あったらどれだけ物件が買えるか計算してみた日々是遊戯

「桃太郎電鉄」が原因でハドソンに脅迫メールを送り、先ごろ威力業務妨害の容疑で逮捕された“桃鉄男”。ケタが大きすぎてピンと来ないが、彼がハドソンに要求した「80兆円」って一体どれくらいの大金?

[池谷勇人,ITmedia]

大金すぎてピンと来ない数字

 モバイル版「桃太郎電鉄」に100年モードがないことなどに不満を抱き、「現金80兆円を持ってJR高松駅まで来い」「爆弾を送りつけて皆殺しにしてやる」などの脅迫メールをハドソンに送信し、威力業務妨害の容疑で先ごろ逮捕された“桃鉄男”。

 いろいろとツッコミどころ満載なこのニュースだが、個人的に気になったのが「80兆円」という金額の大きさ。数字だけ聞いてもケタが大きすぎてピンとこないため、参考程度になればと手元にあったDS「桃太郎電鉄20周年」で、80兆円あったらいったいどれだけの物件が買えるのか計算してみました。

 計算と言ってもやることは単純で、マップ閲覧モードでひとつひとつの物件駅を北から順にチェックし、各物件の金額をひたすら足していくだけ。かくして約2時間にわたる奮闘の結果、導き出されたのがこちらの数字。それでは早速どうぞ。

「桃太郎電鉄20周年」地域別合計物件額
北海道1231億3000万円(31駅、145物件)
東北990億6100万円(32駅、174物件)
関東2兆3566億5500万円(30駅、182物件)
中部3733億6000万円(36駅、215物件)
近畿2526億1500万円(21駅、121物件)
中国・四国1兆2886億3200万円(28駅、155物件)
九州3676億5000万円(29駅、167物件)
海外2417億8000万円(3駅、17物件)
合計4兆9819億9300万円(210駅、1176物件)

 ――ということで、「桃太郎電鉄20周年」で収録されている全210駅、1176物件の合計金額はズバリ「4兆9819億9300万円」という結果に。80兆円あれば、日本中の物件を16回ずつ買い占めてもまだお釣りが来ることが判明いたしました。そんな大金を手に入れて、この容疑者はいったい何をするつもりだったのか……。そもそも80兆円と言えば日本の国家予算(一般会計予算)にも匹敵する数字であって、とても一企業が支払える額でないことくらい分かりそうなものだ。

 ちなみに高額物件駅ベスト3は、上から順に岡山(1兆12億3000万円)、横浜(4440億円)、幕張(3620億円)という結果に。岡山が1位なのはもちろん、シリーズファンにはおなじみの高額物件「桃太郎ランド(1兆円)」があるためですね。

 また今回の事件に関して「桃太郎電鉄」シリーズの生みの親であるさくまあきら氏は、自身のブログ「仕事人裏日記」の中で、「 もったいない! ゲームに関する要望は、『桃鉄研究所』に送ってくれなきゃ!」「何を改善してほしかったんだろう。そっちのほうが、気になっちゃうよ」などとコメント。翌日の日記でも、報道を聞いて心配した読者からのメールに「100年モードにしたら、一発で電池なくなっちゃうよね」「20年で全物件制覇は、上級者じゃないとぎりぎり達成できないように作っているから、ぎりぎりで達成できなくて、悔しかったんだろうね」などと回答している。怒ったり、あきれたりするよりも先に「もったいない!」というコメントが出てくるあたりに、さくま氏の人柄が表れているようだ。

 とは言え、どんな理由や背景があったにしても、犯行予告や脅迫はれっきとした犯罪。ましてその理由がゲームというのは、同じゲームファンとして悲しくやりきれないものがある。大事に至らなかったと言え、いろいろ考えさせられる今回のニュースだった。

今回使用したDS「桃太郎電鉄20周年」。ハドソンより好評発売中
全国のマップを見渡せる「虫メガネ」機能。これでひたすら物件駅をチェックしていきます
ファンなら一度は所有してみたい「桃太郎ランド」でさえ、その価格は1兆円
(C)2008 HUDSON SOFT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響