ニュース
» 2009年02月17日 23時59分 公開

日々是遊戯:フリーウェアからWiiウェアへ。世界に羽ばたく「洞窟物語」の魅力

昨年末、Wiiウェアでのリメイクが正式にアナウンスされた「洞窟物語」。残念ながら今のところ日本での発売は未定となっているが、この機会にあらためて「洞窟物語」の魅力を紹介してみたい。

[池谷勇人,ITmedia]

世界が認めた、傑作フリーゲーム

 突然ですが、「Cave Story」というゲームを知っていますか?

 またの名を「洞窟物語」。もともとは日本の「開発室Pixel」というサイトで開発・公開されたフリーゲームだが、なぜか海外に熱狂的なファンが多く、北米では昨年末、ついにWiiウェアとしてリメイクされることが正式にアナウンスされ、大いにファンを喜ばせたりした(Wiiウェア版)。

 ゲーム内容は、いわゆる「メトロイド」型の洞窟探索型アクションゲーム。ファミコン時代を彷彿とさせるドット絵をはじめ、主人公の軽快なアクションや、武器をパワーアップさせながら、ナゾだらけの洞窟を隅々まで探索していくワクワク感など、「昔ながらの」という褒め言葉がぴったりハマる。謎解きや難易度のバランスも絶妙で、「メトロイド」ファンが異様に多い海外でウケたのも、そう考えると必然だったのかもしれない。

 ゲームの舞台は基本的に洞窟内だが、いかんせん巨大なので、中にはミミガーと呼ばれるウサギのような生き物の村があったり、用途のよく分からない巨大建造物なんかもあったりして、先へ進むたびに新鮮な驚きと発見がある。このナゾだらけの洞窟は一体何なのか? 主人公は一体何者なのか? かわいらしいキャラクターたちが織りなす、思いがけず骨太なストーリーにも引き込まれる。

 残念ながら、日本での発売については今のところ未定となっているが、もちろんオリジナルのWindows版自体はフリーウェアとして今でも公開中なので、こちらでいつでもダウンロード可能。もしまだプレイしたことがない人は、この機会にぜひプレイしてみてほしいと思う。

こちらがオリジナルのWindows版。広大な洞窟の中を、様々なナゾを解き明かしながら進んでいく

 ちなみに今回、開発者であるPixel氏に紹介の許可をいただこうと連絡してみたところ、開発中のWiiウェア版のスクリーンショットも何枚かいただくことができた。上のPC版と比較してみると、レトロな雰囲気はしっかり残しつつも、Wiiの画面解像度に合わせ、グラフィックの描き込みがより緻密になっているのが分かるだろう。日本でのリリースについては「努力中です」(Pixel氏)とのことだったので、いつの日か、このグラフィックが日本のWiiでも楽しめる日を楽しみに待ちたいところだ。


こちらが現在開発中のWiiウェア版。Windows版に比べ、さらに磨きがかかった「ドット絵芸術」に注目!

(C) 2008 Nicalis, Inc. All Rights Reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン