ニュース
» 2009年02月18日 22時12分 公開

海外ファンが「ロックマン10」を(勝手に)制作中!?日々是遊戯

海外でも「MEGAMAN」の名前で人気の、おなじみ「ロックマン」シリーズ。昨年「ロックマン9」が10年ぶりにリリースされて話題になったばかりだが、なんと早くも続編の映像がYouTubeで公開中とのこと!?

[池谷勇人,ITmedia]

本物顔負けの完成度

 昨年Wiiウェアとしてリリースされ、時代に逆行した「ファミコン風」のグラフィックで話題となった「ロックマン9 野望の復活!!」。これに感銘を受けて……かどうかは知らないが、どうやら気の早い海外ファンの間で現在、勝手に続編の制作が進められている模様。

 タイトルはそのものズバリ「MEGAMAN 10」。まだ開発中ではあるものの、現時点で3本の動画が作者により公開されており、うち2本は、8体いるボスのうち「TankMan(タンクマン)」、「RainbowMan(レインボーマン)」ステージの様子をそれぞれ納めたもの、もう1本は映像内で使われているサウンドについて作者自身が解説したものとなっている。中でも必見なのがレインボーマンステージで、おなじみの“即死ビーム”が曲がったり、拡がったりと、これまでにないトリッキーな動きで迫ってくるのがユニーク。シリーズのファンならきっと「攻略してみたい欲求」にかられること間違いなしだ。

YouTube内にある作者のチャンネル。グラフィックや音楽も含め、すべて一人で作っているというからスゴい
タイトル画面。無残にもぎ取られたロックバスターがちょっと意味深

ボスのアイデアなどもすべてオリジナル。イラストもそれっぽく描かれている
レインボーマンステージの1シーン。即死ビームが頭上から迫る!

 ついでに「ロックマン」の改造ネタと言えば以前、スーパーファミコンで発売された「ロックマン7」をあえてファミコン風にリメイクする――というプロジェクトがファンの間で立ち上がったことがあった(こちらを参照)。せっかくスーパーファミコンになって、グラフィック的にもより美しくなった「ロックマン7」を、何もわざわざファミコン風にしなくても……と思うかもしれないが、昔からのファンの中には「『ロックマン』」と言えばあの絵じゃないと!」という人はけっこう多い。こちらはすでに開発が終了しており、実際に完成したものをダウンロードして遊ぶことも可能となっているので、ぜひその見事な「移植ぶり」を確かめてみてほしい。

こちらが完成した“ファミコン版”「ロックマン7」のタイトル画面
ドット絵などはすべてファンが新たに書き起こしている
スーパーファミコン版が手元にある人は、見比べながら遊ぶとなお楽しい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声