「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



チャプター4の最新情報を公開、「テイルズウィーバー」5周年記念オフラインイベント (2/2)

前のページへ 1|2       

日本オリジナルマップ登場、Ver.4.56以降のアップデート予定

wk_090223tale12.jpg

 ここから先は、実装時期など詳細は未定だが次のアップデート「エピソード2 チャプター5」以降で導入されるかも(?)しれないコンテンツを紹介してく。プレイヤーが最も気になるのはおそらく、日本独自マップ「鬼哭の城」と新PvPシステム「シルバースカル」の2点だろう。

 鬼哭の城は現在開発中で初公開となる情報だ。既存マップ「忍桜の里」から繋がる「鬼哭の城の入口」を含む5階層で構成されており、いつも霧が出て暗く陰鬱な雰囲気が特徴のエリアである。実際のダンジョンは3階層目の「兵舎」から始まり、推奨レベルは50〜100と低め。2階層目の「武器、食料貯蔵庫」から推奨レベル100〜150、最後の「天守閣」はレベル150〜255と上級者向けになっている。鬼哭の城ではモンスターが城壁など高い位置からプレイヤーに対して、攻撃を仕掛けてくるという、テイルズウィーバー初の高さの概念が設定される。鬼哭の城でしか入手できないドロップ装備もあるので、範囲攻撃が可能なメンバーをパーティに加えて行くのが良さそうだ。

wk_090223tale13.jpgwk_090223tale14.jpg

wk_090223tale15.jpgwk_090223tale16.jpg

 一方の「シルバースカル」は既存コンテンツ「ファイトクラブ」を改良したPvPシステムである。シルバースカルでは従来行えなかった、他サーバのキャラクターとの対戦、チーム戦など対戦方式のバリエーションも増やしている。現時点ではまだ未定だが、勝敗ポイントによる購入アイテムの追加や、戦術の称号システムにシルバースカル限定の称号なども予定されている。

wk_090223tale17.jpgwk_090223tale18.jpgwk_090223tale19.jpg

待望の新キャラクター、「イサック」&「アナイス」実装はいつ?

 前回行われたユーザーカンファレンスでも、そのキャラクター設定などが公開されたイサック&アナイス。魅力あるキャラクターで定評があるテイルズウィーバーだけに、この2人の実装を心待ちにしているプレイヤーも少なくないだろう。キャラクター設定について幾つかの新情報は明らかにされたが、残念ながら実装次期について坂下氏はサラっと「まだ、だいぶ先になりそうです」と述べるのみ。固有の攻撃スキルやそのモーションなどが公開されないところを見ると、2009年内の実装ももしかすると難しいのかもしれない。

イサック・デュカステル

wk_090223tale20.jpgwk_090223tale21.jpg 本イベントで、サンスルリア女王の夫で大変な子供好きという設定が明らかになったイサック。35歳という年齢は、テイルズウィーバーのキャラクターでも最年長のオヤジキャラ! 妻あてのラブレターをマメに書いているらしい、愛すべきオヤジなのだ

アナイス(アナベル)・デル・カリル

wk_090223tale22.jpgwk_090223tale23.jpg 召還術に優れているアナイス。二重人格で二つの名前を持っているという設定は以前も紹介されたが、アナイスだけなぜか血液型が非公開になっている。このあたりが二重人格と何か関係あるのかもしれない。初公開のイラストは、赤いリボンをしているのがアナベルで、右端のリボン無しが本来の人格アナイスとなっている。

 最後に今後実装が予定される……かもしれない、企画中アイテムの画像が一部発表された。「ゼリッピの抱擁」や「ビニールプール」など、テイルズウィーバーの柔らかい世界観に似合う可愛いアイテムばかりなので、ぜひとも実現してほしいものだ。

wk_090223tale24.jpgwk_090223tale25.jpgwk_090223tale26.jpg

wk_090223tale27.jpgwk_090223tale28.jpgwk_090223tale29.jpg

wk_090223tale30.jpg

 アップデート&今後のスケジュール発表後は、「Vanilla Mood」によるゲーム音楽の生演奏、イスピンフィギュアやキャラデザイナー直筆色紙、各種オリジナルグッズが当たるプレゼント抽選会などが行われた。

 筆者はテイルズウィーバー初のオフラインイベントから毎回欠かさず取材しているのだが、他のMMOROGのイベントに比べて、実に和やかというか温かい雰囲気が特徴だと感じている。一つは女性の参加者が多いというのが理由だろう。PCオンラインゲームの敷居は5年前に比べて格段に下がったとはいえ、オフラインイベントにまで足を運ぶのは圧倒的に男性だ。女性一人、あるいは女性同士での参加者が目立つのも、テイルズウィーバーというタイトルが持つ柔らかい空気、魅力的なキャラクターたち、そして何よりもプレイヤー同士の交流が盛んだからこそであろう。5周年を迎え、いよいよ長寿タイトルの仲間入りをしたテイルズウィーバー。このスタンスを崩さす、よりいっそうプレイヤーに愛されるMMORPGとして育っていってほしいものだ。

wk_090223tale31.jpgwk_090223tale32.jpgwk_090223tale33.jpg
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.