ニュース
» 2009年03月02日 18時59分 公開

すごいゲームではなく面白いゲームを――「勇者30」制作発表会

マーベラスエンターテイメントは、5月28日に発売を予定しているPSP用“超速RPG”「勇者30」の制作発表会を開催。メインテーマを制作したTHE ALFEEの高見沢さんも駆けつけ、“ゲームのお祭り”を盛り上げる。

[加藤亘,ITmedia]

ギャップを楽しむ

 マーベラスエンターテイメントは、5月28日に発売を予定しているPSP用“超速RPG”「勇者30」の制作発表会を都内、赤坂ガーデンシティで行った。発表会には、サウンド制作に携わったTHE ALFEEの高見沢俊彦氏も駆けつけ、サウンドクリエイターの古代祐三氏と桜庭統氏を交え、楽曲についてのトークショーも行われた。


 「勇者30」は、500年に渡って繰り広げられてきた人類と魔王との壮絶な戦いを、4つの異なる視点から描いた超速RPG。プレイヤーは世界に災厄をもたらす魔王を“わずか30秒”で倒し、世界を救うことを目指す。“超速RPG”と名付けられてはいるものの、「勇者30(RPG)」「王女30(STG)」「魔王30(RST)」「騎士30(ACT)」といった豊富なゲームモードが用意されているのが特徴。

 冒頭、挨拶に立ったマーベラスエンターテイメント取締役 チーフクリエイティブオフィサーの和田泰宏氏はまず、自社を小さなパブリッシャーと理解しながらもプロジェクトに賛同してくれたクリエイターたちに謝意を述べ、暗い話題が多い時節だからこそ、1人でも多くの人に喜びと楽しさを提供したいと、「勇者30」への期待を語った。

 次に登壇した本作プロデューサーの高木謙一郎氏は「すごいゲームではなく、面白いゲーム」を提供すれば、いずれは話題となりつながっていき、広がりが生まれると、多くのクリエイターが参加する「勇者30」をゲームのお祭りと称した。この通常ならば30時間はかかるRPGを30秒でクリアするという無茶なコンセプトから始まった「勇者30」は、前述したとおり4つのモードの先に、さらなるモードが隠されていると明かす。アドホックモードでの4人対戦についても触れ、このレトロなビジュアルと壮大な世界観、そして大げさな音楽とのギャップを楽しんでほしいとアピールした。

ヒットは1人の思いつきから始まると、プロデューサーの高木氏を紹介する和田氏
ギャップを楽しんでほしいと高木氏

 「勇者30」は、30秒で戦闘して、レベルをあげて、お金をため、装備を整え、イベントをこなして魔王を倒す。「勇者30」のゲームモードでは、1クエストにつき1体の魔王がいて、ひとつのストーリーが展開される。モンスターを倒しレベルを上げながら、何人もの魔王を倒してクエストを進めていくのだ。この世界では半日が30秒という計算で、女神にお金を払って時を30秒だけ巻き戻してもらうこともできるが、お金がないと身ぐるみはがされることもあるとか。

「勇者30」は、時間がないのにイベントが多彩。足りない時間はお金で解決という、実にシビアな内容

「王女30」は、王様の病気を治すため冒険に出るも、門限は30秒という無茶な設定。門限のために30秒で撃って撃って撃ちまくるシューティング!

リアルタイムシミュレーションの「魔王30」は、夜明けまであと30秒で、何者かに操られた人間たちを倒すという、結果的には悪行根絶シミュレーション

賢者が魔物を全滅させる呪文の詠唱が終わるまで30秒。その間、騎士として死守する壮絶アクションが展開される


 ちなみに、3月7日より全国で順次テレビCMが公開される。それぞれ、勇者編、王女編、魔王編、騎士編と4パターンあり、バラエティー番組風の構成となっている。会場ではその全パターンが紹介された。


 発表会にはサウンドクリエイターの古代祐三氏と桜庭統氏のトークショウも行われた。「勇者30」の楽曲を制作するにあたり、古代氏はテンポのよさを、桜庭氏は4つあるモードによりさまざまなユーザーが楽しめる点を意識。30秒でいかに盛り上げられるか、ドット絵でも重厚な音楽にすることでそのギャップを楽しめるようにしたとこだわりを披露した。特に古代氏は、短い中にドラマを入れ込むことに苦労したのだとか。しかし、完成してきたゲームの映像を見て、そのスピード感にインスパイアされたのだそうだ。2人とも楽曲には満足しており、短い時間ながらエキサイトできると、ユーザーへのコメントも忘れてはいなかった。


気持ち的には魔王側と語る高見沢氏は、420本あまりのギターを所有するギター収集マニア。今回は、「勇者30」をイメージして剣の形をしたギターを持って登場した

 そして、なんといっても注目なのは、本作制作に参加する豪華クリエイターの中に、アーティストの高見沢俊彦氏がいるということ。発表会ではお祝いに高見沢氏が駆けつけ、ゲームに楽曲を提供したいきさつなどが語られた。高見沢氏は、基本的に音楽という点では一緒だが、ゲームの世界観と自分の音楽をどう融合させられるかに注力。ビジュアルを見ながらテレビCMにも使用されるメインテーマを制作したのだとか。

 高見沢氏も語っていたように、本作は30秒で目的を果たすという、なにかと忙しい現代人にぴたりとマッチする内容でありながら、ドット絵の脱力ぎみなグラフィックと、やけに重厚な世界観と音楽のギャップが魅力の内容となっている。現在、Playstation Storeでは体験版を配信している。興味のある方は、ぜひともダウンロードしてもらいたい。


「勇者30」(ゆうしゃさんじゅう)
対応機種PSP
ジャンル超速RPG
発売予定日5月28日
価格(税込)4410円
プレイ人数1〜4人

※画面は開発中のものです。
(C)2009 Marvelous Entertainment Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」