ニュース
» 2009年03月05日 19時24分 公開

1万人のファンが駆けつけた!! 「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」イベントリポート (1/2)

2月28日から3月1日にかけて「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」が東京・品川で開催された。インターシティホールにて行われた展示会と物販の様子をリポートする。コスプレイヤー特集もあるよ。

[ふじたけ,ITmedia]

 +D Gamesで掲載した「智代アフター」のレビュー記事にもあるように、いわゆる“泣きゲー”を世に多く輩出し、確固たる地位を築いているKeyブランド。そのKeyブランドの設立10周年を記念して、「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」が東京・品川の品川インターシティホールで開催された。

行列は続くよどこまでも

入場待機列の一部。入り口がまったく見えません……

 イベント前日はあいにくの雪。にも関わらず、夜を徹して並んだファンが多数いたようで、ネット上では「リアル相沢祐一か!」(※)との突っ込みが散見された。まあ、残念ながら待っている相手は名雪じゃなくて、開場時間なんですけどね。

 当日会場に着いて真っ先に目についたのがずらーっと並んだ入場待ちの大行列! コミックマーケットにおけるビジュアルアーツの物販待機列などをご存知の方ならば想像できるかもしれないが、本イベントでもそれに負けず劣らず、行列がひっきりなしに続く。開場の午前11時から5時間経過した午後4時ごろになっても列は消えることなく、改めてKeyブランドの人気の高さがうかがえるものだった。

 それと並行して、当日販売されたグッズを求める人波も半端なものではない。今回の目玉とも言える樋上いたるさんの限定版画集、「White Clover」は両日ともにかなり早い段階で完売してしまったため、入手できなかった諸氏もいるのではないだろうか。それ以外のアイテムもお昼を過ぎたころにはその多くが完売していた。

※Keyブランド第1作目となる「Kanon」の冒頭の、主人公の相沢祐一が雪が積もる広場のベンチで、幼馴染の水瀬名雪を待つというエピソードから

物販購入待ちの皆さん(左)。昼過ぎには半数近くのグッズが完売してしまった

 物販のほかにさまざまなグッズが当選するカプセルトイ(いわゆるガチャガチャ)も大人気を博しており、昼過ぎには完売してしまったようだ。会場内に別途設けられたカプセルトイ開封用スペースではその中身に一喜一憂する購入者たちの姿が……。カプセルトイ完売後にはガチャガチャをまわすために使われた記念コインのみを販売していた。ちなみに当選アイテムの目玉中の目玉、Keyスタッフ直筆Tシャツの1枚がヤフオクで出品されており、3月5日現在200万円以上もの価格で入札されている。お祭りの空気を読めない人に当選してしまったのは残念なことだが、これもある意味ではKeyブランドの人気の高さを表しているのかもしれない……。


ガチャガチャをまわすのに必要なコインの販売所(左)、ガチャガチャをまわすにも長蛇の列(中央)、カプセルトイ開封用スペース(右)

カプセルトイも昼過ぎには完売。その後は記念コインのみを販売していた(左)。当たりを引くと交換で入手できたTシャツ。当たった人は早くも今年の運を使い切ったかも!?

行列に耐えたその先には魅力溢れる展示物たち

入ってすぐに、Keyのマスコットとも言えるカエルがお出迎え

 ゲームゾーンでは先日発表されたばかりのPS2版「Little Busters!」がプレイアブル出展されていたということもあり、大きな賑わいを見せていた。他にもケータイ版「Kanon」、Xbox 360版「CLANNAD」、会場でも販売されていたPSP版「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」と、意外なハードに移植された名作たちを新鮮な気持ちで見つめるファンの姿が。


すべての移植作品がプレイアブル出展されており、非常に混雑していた

 また、3月19日に発売されるPSP版「智代アフター」のPSP専用特製壁紙が配信されるということで、入手方法が記載された看板付近にはPSPを持つ人だかりができていた。

PSP専用特製壁紙の入手方法が記載された看板と人だかり

 本イベントのメインともいえる展示スペースでは、はっきり言ってしまうとすべての展示物が注目を集めていたのだが、中でもひときわ目立っていたのがKey10年の歩みをまとめた歴史年表。ゲームソフトを含め、これまでに発売されたKey関連商品も年表に沿って展示されていた。

Key10年のあゆみ。パノラマで見ると実に壮観。余白にはスタッフたちがコメントを書いたり、店頭用の、ゲーム中とは違うムービーが流されていた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた