ニュース
» 2009年03月05日 19時24分 公開

1万人のファンが駆けつけた!! 「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」イベントリポート(1/2 ページ)

2月28日から3月1日にかけて「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」が東京・品川で開催された。インターシティホールにて行われた展示会と物販の様子をリポートする。コスプレイヤー特集もあるよ。

[ふじたけ,ITmedia]

 +D Gamesで掲載した「智代アフター」のレビュー記事にもあるように、いわゆる“泣きゲー”を世に多く輩出し、確固たる地位を築いているKeyブランド。そのKeyブランドの設立10周年を記念して、「KEY 10th MEMORIAL FES,〜あの日から始まった僕らの時を刻む唄〜」が東京・品川の品川インターシティホールで開催された。

行列は続くよどこまでも

入場待機列の一部。入り口がまったく見えません……

 イベント前日はあいにくの雪。にも関わらず、夜を徹して並んだファンが多数いたようで、ネット上では「リアル相沢祐一か!」(※)との突っ込みが散見された。まあ、残念ながら待っている相手は名雪じゃなくて、開場時間なんですけどね。

 当日会場に着いて真っ先に目についたのがずらーっと並んだ入場待ちの大行列! コミックマーケットにおけるビジュアルアーツの物販待機列などをご存知の方ならば想像できるかもしれないが、本イベントでもそれに負けず劣らず、行列がひっきりなしに続く。開場の午前11時から5時間経過した午後4時ごろになっても列は消えることなく、改めてKeyブランドの人気の高さがうかがえるものだった。

 それと並行して、当日販売されたグッズを求める人波も半端なものではない。今回の目玉とも言える樋上いたるさんの限定版画集、「White Clover」は両日ともにかなり早い段階で完売してしまったため、入手できなかった諸氏もいるのではないだろうか。それ以外のアイテムもお昼を過ぎたころにはその多くが完売していた。

※Keyブランド第1作目となる「Kanon」の冒頭の、主人公の相沢祐一が雪が積もる広場のベンチで、幼馴染の水瀬名雪を待つというエピソードから

物販購入待ちの皆さん(左)。昼過ぎには半数近くのグッズが完売してしまった

 物販のほかにさまざまなグッズが当選するカプセルトイ(いわゆるガチャガチャ)も大人気を博しており、昼過ぎには完売してしまったようだ。会場内に別途設けられたカプセルトイ開封用スペースではその中身に一喜一憂する購入者たちの姿が……。カプセルトイ完売後にはガチャガチャをまわすために使われた記念コインのみを販売していた。ちなみに当選アイテムの目玉中の目玉、Keyスタッフ直筆Tシャツの1枚がヤフオクで出品されており、3月5日現在200万円以上もの価格で入札されている。お祭りの空気を読めない人に当選してしまったのは残念なことだが、これもある意味ではKeyブランドの人気の高さを表しているのかもしれない……。


ガチャガチャをまわすのに必要なコインの販売所(左)、ガチャガチャをまわすにも長蛇の列(中央)、カプセルトイ開封用スペース(右)

カプセルトイも昼過ぎには完売。その後は記念コインのみを販売していた(左)。当たりを引くと交換で入手できたTシャツ。当たった人は早くも今年の運を使い切ったかも!?

行列に耐えたその先には魅力溢れる展示物たち

入ってすぐに、Keyのマスコットとも言えるカエルがお出迎え

 ゲームゾーンでは先日発表されたばかりのPS2版「Little Busters!」がプレイアブル出展されていたということもあり、大きな賑わいを見せていた。他にもケータイ版「Kanon」、Xbox 360版「CLANNAD」、会場でも販売されていたPSP版「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」と、意外なハードに移植された名作たちを新鮮な気持ちで見つめるファンの姿が。


すべての移植作品がプレイアブル出展されており、非常に混雑していた

 また、3月19日に発売されるPSP版「智代アフター」のPSP専用特製壁紙が配信されるということで、入手方法が記載された看板付近にはPSPを持つ人だかりができていた。

PSP専用特製壁紙の入手方法が記載された看板と人だかり

 本イベントのメインともいえる展示スペースでは、はっきり言ってしまうとすべての展示物が注目を集めていたのだが、中でもひときわ目立っていたのがKey10年の歩みをまとめた歴史年表。ゲームソフトを含め、これまでに発売されたKey関連商品も年表に沿って展示されていた。

Key10年のあゆみ。パノラマで見ると実に壮観。余白にはスタッフたちがコメントを書いたり、店頭用の、ゲーム中とは違うムービーが流されていた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」