ニュース
» 2009年03月18日 19時59分 公開

電脳空間にダイブせよ! 10年ぶりに蘇る「オラタン」はファンの期待に応えられるか日々是遊戯

先日行われた「やっぱ遊びな祭09」で初出展となった、Xbox LIVE アーケード版「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム Ver.5.66」。果たしてそのデキは、ファンの期待に応えられるものだったのか?

[池谷勇人,ITmedia]

「オラタン」の名に偽りなし!

出展されていた試遊台の中では、「初音ミク -Project DIVA-」に次ぐ人気

 3月14日から15日にかけ開催された、セガのユーザー参加型イベント「やっぱ遊びな祭09」。PSPで発売予定の「初音ミク -Project DIVA-」をはじめ、同社の最新タイトルが数多く出展された同イベントだが、個人的にもっとも注目していたのが、つい先日、Xbox LIVE アーケードでの復活が発表されたばかりの「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム Ver.5.66(以下、オラタン)」だった。

 「オラタン」と言えば何を隠そう、これまで筆者が遊んだゲームの中でも歴代ベスト3に入るほどのマイフェイバリット。本当は「やっぱ遊びな祭09」の取材記事の中で触れてもよかったのだが、無理を言ってこのゲームだけ「日々是」枠に回してもらったのでした。

 そんな(たぶん大半の読者にとってはどうでもいい)前置きはさておき、とにかく「オラタン」である。今回会場に設置されていたのは開発度80%のバージョンで、シングルモードの場合はステージ3まで、対戦モードを選んだ場合は、Xbox 360を2台接続したシステムリンク対戦(2ラウンド先取)をそれぞれ楽しむことができた。最終的な調整についてはまだこれからとのことだが、ゲームモードやキャラクターなどについては現時点ですべて開放されており、かなり完成に近い段階のものであることは間違いなさそうだ。


写真だと分かりにくいが、解像度アップにより映像はますますキレイに

 操作方法については、アーケード版に比較的近い「ツインスティックタイプ」と、DC版のように、ジャンプやしゃがみといったアクションを各ボタンに割り当てた「スタンダードタイプ」の2種類がデフォルトで存在(ツインスティックタイプの場合、デジタルパッドやボタンをスティックがわりに使用することも可能)。これに加えて、コンフィグメニューを開けば、ボタン1個単位でのさらに細かなキーアサインも可能となっていた。また、ボタン数の増加によりDC版ではカットされてしまっていた「スペシャルボタン」や「旋回」などの一部操作がより直感的に行えるようになっているのもうれしいところ。もともとパッドでプレイしていた人なら、触った瞬間からすぐに、バーチャロイドの性能をフルに引き出すことができるはずだ。実際、会場ではパッドでかなり「極まった」動きを見せている人も多かった。

 一方、「ツインスティックタイプ」はどうかというと、さすがにアーケード版の操作性には大きく劣るものの、「慣れればなんとかなるかな」という感想を持った(筆者はアーケード出身なのでツインスティック派)。はっきり言って、最初の1ラウンド目ではまったく思うようにバーチャロイドを操ることができず途方に暮れたが、2ラウンド目、3ラウンド目とプレイを重ねていくにつれて、少しずつではあるがパッドでの操作に体の方がなじんできているのがわかった。さすがにツインスティックとまったく同じ動きを習得するには相当な修練を要しそうだが、この感じなら10ラウンドも遊べば、シングルモードをクリアできるくらいまでは行けそうだ。

 また肝心のゲーム内容についてだが、少なくとも会場でプレイした人の感想を聞くかぎり、アーケード版との目立った違いは確認できず、移植度はかなり高いと見てよさそう。唯一見た目で大きく異なる点と言えば高解像度化くらいだが、これについては文句など出ようはずもない。もちろん、解像度が上がってもちゃんと常時60フレームでヌルヌル動いてくれていたのでご安心を。バランスなども基本的にアーケード版「Ver.5.66」準拠で、移植にあたって調整などは一切加えていないとのことだった。

 おそらく筆者同様、特別な思いを寄せているファンも多いであろうXbox LIVE アーケード版「オラタン」だが、10年ぶりに触った“それ”は、まさしく「オラタン」そのものといって差し支えないものだった。今回は残念ながら、Xbox LIVEによるネットワーク対戦までは体験できなかったが、こちらについてもきっとファンの期待に応えてくれるものと期待したいところだ。

 あと残る不安要素と言えば、専用ツインスティックが発売されるかどうかだが、これについては公式サイト内、3月10日のコラムにて「様々な形で検討を続けているが、現時点では確定情報を申し上げられる段階ではない」というコメントが正式に出されている。「発売確定」ではないのが残念だが、「発売できるように動いてくれている」のは間違いないので、こちらもぜひファンの期待に応えられるようにがんばってほしい。

メインメニューはこんな感じ。スコアアタックなどのオリジナルモードも
操作方法はこんな感じ。さらに細かく設定することも可能だ
「左右旋回」や「スペシャル」などを、空いているボタンに割り振ってみた


その他画面写真

(C)SEGA CHARACTERS (C)SEGA/AUTOMUSS
CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」