ニュース
» 2009年03月26日 16時43分 公開

海外ファンが語る「私がまだ『ストIV』を買わない7つの理由」とは?日々是遊戯

対戦格闘ゲームとしては久々のスマッシュヒットとなったカプコンの「ストリートファイターIV」。そんな中、海外ニュースサイトで「私がまだ『ストIV』を買わない7つの理由」なる記事が掲載され、一部で話題となっている模様。

[池谷勇人,ITmedia]

ファンだからこその厳しい意見も

 発売から約10日で全世界累計200万本出荷を達成、レビューサイトでも軒並み高評価を獲得するなど、海外でも好調なスタートをきったカプコンの「ストリートファイターIV」ですが、海外サイト「Destructoid」では、そんな流れにあえて逆らって「Seven reasons why I haven't bought Street Fighter IV yet(私がまだ『ストIV』を買っていない7つの理由)」という記事を掲載しています。ここで挙げられている「7つの理由」は以下のとおり。

7:金銭的余裕がなかった
「ここ2週間ほどの間に、北米では本当に多くのすばらしいゲームが発売され、結局私は『ストIV』のためにそれらのゲームを我慢することができなかった」と、発売時期の悪さ、および「ストIV」の魅力が他のゲームを上回れなかったことを指摘。

6:まだ「タツカプ」「SFII Turbo HD Remix」が現役だし
「オンライン対戦はすでに『Super Street Fighter II Turbo HD Remix』がカバーしているし、新要素の多さでは『タツノコVS.カプコン』の方が上」とし、「これらのタイトルを経験している場合、60ドルに見合った興奮を得るのは難しい」と説明しています。

5:目新しいキャラクターがいない
「新キャラクターが少なく、ゲームプレイに新鮮味がない」と、新キャラクターの不足から来る物足りなさを指摘。また「家庭用版では『ストリートファイターZERO』シリーズから6人のキャラクターが追加されているが、おかげでますます『ストリートファイターZERO3』の3Dリミックス版というイメージが強くなってしまった」とも。

4:どうせ「Championship Edition」とか出すんでしょ?
「私が長年のファン経験から学んだのは、カプコンが少なくともあと2回は“改良版”を出すだろうということ」と、どうせ買うなら「改良版」が出た後でいいのでは、と説明。さらに記事内では「彼らは12カ月以内にきっと『ストIV』の新バージョンをリリースする」との大胆予想も。

3:格闘ゲームはアーケードで遊んでこそ
「自宅で遊べば確かにお金は節約できるかもしれないが、互いのプライドとコインを賭けて戦うアーケード版の興奮は、家庭用版では絶対に得られない」と指摘。「アーケード特有の雰囲気や緊張感は、オンライン対戦などでは再現できない」としています。

2:2Dじゃない「ストリートファイター」なんて!
「『ストリートファイターIII 3rd Strike』はゲーム史上もっともイカしたドット絵ゲームだった」とし、「『ストリートファイター』シリーズからドット絵を取ってしまうなんて、犯罪要素のない『GTA』シリーズ、カタマリを転がさない『塊魂』のようなもの」だと、3D化への落胆ぶりを語っています。

1:ファントム・メナス・シンドローム
「かつて『スター・ウォーズ』ファンが失望を味わったように、偉大な作品の続編は、常にファンの“こうなってほしい”、“きっとこうなるに違いない”という期待と妄想にさらされることになる。『ストIV』は確かに良いゲームだが、残念ながら私がかつて期待していた「ストIV」像にはほど遠いものだった」と、発売前の期待が大きすぎたことを最大の理由に挙げています。ちなみに「ファントム・メナス・シンドローム」というのは、「続編に期待しすぎてガッカリすること」を指す言葉のようです。

ストリートファイター好きなのにまだ買ってないという人、思い当たるフシはありましたか?

 中にはちょっと強引なものもありますが、この記事の筆者はPCエンジン版「ファイティングストリート」(初代「ストリートファイター」の移植版)からの熱心なシリーズファンだそうで、基本的には「シリーズが好きだからこそ買わなかった」という、ファンゆえの難しい心の機微がつづられています。個々の項目についてコメントするのはあえて避けますが、いずれにしても、わざわざ「買わなかった理由」なんて記事が出てくるあたり、海外における「ストIV」熱の高さが垣間見えるニュースと言えます。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」