ニュース
» 2009年04月01日 11時06分 公開

マクロスFに夏目友人帳――2008年の人気アニメが旋風を巻き起こした第3回声優アワード詳細リポート(1/3 ページ)

声優界のアカデミー賞として発足した声優アワードが3月7日、東京・秋葉原で開催された。声優アワードは今回が第3回となる。

[ふじたけ,ITmedia]
司会を務めた文化放送アナウンサーの長谷川のび太さんと遠藤里沙さん

 3月7日、東京・秋葉原のUDXシアターにて第3回声優アワードが開催された。声優アワードは声優という文化を次の世代につないでいくため、声優界のアカデミー賞として発足した。声優の地位向上と発展、新しい才能の発見と育成、長年の功績に対しての敬意、そして声優のさらなる飛躍を目指し、年に1回開催されている。

まずはフレッシュさあふれる新人賞から発表!!

新人女優賞に輝いた阿澄佳奈さん

 開幕後、まずは新人女優賞が発表された。新人女優賞に輝いたのは「ひだまりスケッチ365」でゆの役を好演した阿澄佳奈さん、「絶対可憐チルドレン」の三宮紫穂役など多くのヒロインを演じた戸松遥さんの二人。二人ともトップバッターを飾ったということもあってか緊張気味の様子。それでもしっかりした口調で、「声優・阿澄佳奈としてこの場でご挨拶させていただけることを本当に光栄に思っております」、「10代最後にこのような素敵な賞をいただくことができて、自分を誇りに思うと同時に逆に満足せず、これを新たなスタートだと思ってこれからより一層頑張っていきたいと思っております」(戸松さん)と、喜びの気持ちを述べる。

 新人女優賞の次は、もちろん新人男優賞の番。新人男優賞には「PERSONA-trinity soul-」の神郷慎役などを演じた岡本信彦さんと、「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)」の比泉秋名役などを演じた梶裕貴さんが選ばれた。二人とも正統派の主人公や明るい性格のキャラクターから狂気に満ちた、または陰のあるキャラクターといった幅のある登場人物を演じきった演技力が評価されての受賞となった。双方感謝の気持ちを述べた後、「尊敬できる方々と出会うことが出来ました。僕もそんな役者、人間になりたいと思います」(岡本さん)、「学んだ経験を生かして立派な役者、人間になっていけるように頑張りたいと思います」(梶さん)と、現状に甘んじることなくこれからも成長していく意気込みを露わにした。

岡本信彦さん(左)と梶裕貴さん。新進気鋭の二人だ

 続いて発表されたのは、ちょっと特殊な賞とも言えるパーソナリティ賞。パーソナリティ賞は声優自らの名前や演じている役名でWeb、ラジオ、テレビ、その他の番組でパーソナリティとして活躍している声優から選ばれる。そんなパーソナリティ賞は、奥歯に衣着せぬトークが大人気の神谷浩史さんに贈られた。受賞の感想を求められると神谷さんは、「ラジオは僕にとって特別なメディアです。というのも僕が子どものころ、テレビが一家に一台だった時代、ラジオは子どもの僕にとって初めて一人で独占できたメディアでした。そのラジオにこうして関わることができて本当に幸せに思います。僕が関わらせていただいているすべてのラジオ番組のスタッフ、パーソナリティ、そして何より、その番組を聴いてくださっている全てのリスナーの方々、その方々の代表としてこの賞をいただきたいと思います」と、ラジオに対する想いを熱弁する。

ラジオへの想いを熱弁する神谷浩史さん

 アワード前半のトリを飾るのは歌唱賞。読者の方もご存知の通り、最近は声優のCDがオリコンランキングの上位に食い込むことも少なくない。そんな素晴らしい歌声と活躍が求められる歌唱賞を「マクロスFrontier」のランカ・リー役でデビューした中島愛(めぐみ)さんが受賞! 「すごく胸がいっぱいです。とても嬉しいです。歌唱賞ということで、この賞を頂くことができたのは私一人の力ではなくて、私を支えてくださったすべての方々のおかげだと思っています。マクロスFの河森正治さん、菅野よう子さんをはじめ、たくさんのスタッフの方々、キャストの皆さん、そして応援してくださったファンの皆さんに改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました」(中島さん)ちなみにランカ・リー=中島愛名義のシングル、「星間飛行」はオリコン週刊チャート5位を記録している。

2008年はスターへの階段を一気に駆け上った中島愛さん。感動の武道館ライブの記憶も新しい

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる