ニュース
» 2009年04月06日 15時27分 公開

「天使之戀2 Online」の日本サービスタイトル決定――「エンジェル戦記」

[ITmedia]

 キューエンタテインメントは、台湾のUserJoy Technologyが開発、運営を行う爽快バトルアクションMMORPG「天使之戀2 Online」の日本国内におけるサービスタイトルとタイトルロゴを「エンジェル戦記」に決定したと発表した。

 これは、先日発表された「天使之戀2 Online」日本独占配信権の獲得に伴うもので、以後日本では「エンジェル戦記」としてサービス開始に向けて開発が進められることになる。基本プレイ料金は無料/アイテム課金。

 「エンジェル戦記」は、台湾において2008年10月よりサービスが開始されているもので、日本ではPCだけでなくプレイステーション 3でもサービスされている「AngelLoveOnline」のテイストを引き継ぐゲームシステムとストーリーが用意されている。

 特徴としては、「MMO」RPGと「MO」RPGの要素が融合したシステムが挙げられる。街などのプレイヤーが集まるエリアはMMO形式、爽快なアクションが楽しいバトルフィールドはMO形式のインスタンスとなっている。バトルフィールドがインスタンス形式になっているため、初心者でも熟練者でも自分のレベルにあわせたステージにいつでチャレンジでき、かつ、他のプレイヤーと気軽にパーティを組めるような工夫もされている。また、バトルフィールドがインスタンス形式になっていることで、他のプレイヤーとのモンスターの取り合いを避けることができるのも大きな特徴のひとつだろう。そして、戦闘システムは素早い戦闘リズムと華麗なエフェクト、一人でモンスターの大軍と戦う爽快感、COMBOシステムが導入されており、緊張感あふれるバトルが楽しめる。

簡単クリック操作でモンスターの大群をなぎ払う爽快かつ豪快なバトルが楽しめる
バトルフィールドの奥には巨大なボスとの戦闘が待ち受けている。1人で挑むか、それとも仲間と挑むかはあなた次第
(C)2009 UserJoy Technology Co., Ltd.
(C)2009 Q Entertainment Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.