ニュース
» 2009年04月07日 19時07分 公開

日々是遊戯:圧巻! レゴ5万個を使って作られた巨大DSiがニューヨークに出現中

ニンテンドーDSiの発売を記念して、ニューヨークにある「Nintendo World Store」に巨大DSiが出現! 一件精巧なモックに見えるが、実はこれ、すべてレゴブロックで作られたものだとか。

[池谷勇人,ITmedia]

思わずホンモノと見まごう精巧さ

店頭で見るとこんな感じに。上画面の猫がステキです

 北米でも4月5日に発売となったニンテンドーDSi。これを記念して、ニューヨークにある任天堂の直営ショップ「Nintendo World Store」にて、レゴを使って作られた超リアルな巨大DSiが展示中となっている。

 作者であるSean Kenny氏のサイトによると、このDSiを作るのに使用したレゴブロックは合計で5万1324個、制作時間は200時間以上とのこと。ちなみに横幅は約7フィート(約213センチ)、重さに至ってはなんと250ポンド(約113キロ)と、DSi約528個分に相当。いつでも一緒に持ち歩ける「マイDS」がDSiのコンセプトだが、さすがにこのサイズだと持ち歩きは難しい。

 また、サイズもさることながら、圧巻なのがその精巧さ。作者のサイトに掲載されている写真を見ると、DSiの目玉である2つのカメラや、側面のSDカードスロットなどはもちろん、背面にあるネジ穴や注意書きといったものまでしっかり再現されていて驚かされる。もちろん液晶スクリーン内に映し出された、メニュー画面や猫の写真もすべてレゴブロックにより描かれており、しかもちゃんとドットバイドットになっているというこだわりよう。一瞬、タッチしたら本当に動くんじゃないかとさえ思えてしまう。

 このほか、YouTubeには制作過程を記録した動画も作者自身により投稿されていたりして、こちらも必見の内容となっている。近々ロックフェラーセンターへ行く用事がある人は、ついでに見に行ってみてはいかがでしょうか。

あまりにリアルすぎて、作者の方が小さくなったように見える
背面もこのとおり。注意書きやバーコードも忠実に再現

関連キーワード

ニンテンドーDSi | LEGO | 直営 | 日々是遊戯


(C)2009 SeanKenney.com


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた