ニュース
» 2009年04月07日 19時07分 公開

圧巻! レゴ5万個を使って作られた巨大DSiがニューヨークに出現中日々是遊戯

ニンテンドーDSiの発売を記念して、ニューヨークにある「Nintendo World Store」に巨大DSiが出現! 一件精巧なモックに見えるが、実はこれ、すべてレゴブロックで作られたものだとか。

[池谷勇人,ITmedia]

思わずホンモノと見まごう精巧さ

店頭で見るとこんな感じに。上画面の猫がステキです

 北米でも4月5日に発売となったニンテンドーDSi。これを記念して、ニューヨークにある任天堂の直営ショップ「Nintendo World Store」にて、レゴを使って作られた超リアルな巨大DSiが展示中となっている。

 作者であるSean Kenny氏のサイトによると、このDSiを作るのに使用したレゴブロックは合計で5万1324個、制作時間は200時間以上とのこと。ちなみに横幅は約7フィート(約213センチ)、重さに至ってはなんと250ポンド(約113キロ)と、DSi約528個分に相当。いつでも一緒に持ち歩ける「マイDS」がDSiのコンセプトだが、さすがにこのサイズだと持ち歩きは難しい。

 また、サイズもさることながら、圧巻なのがその精巧さ。作者のサイトに掲載されている写真を見ると、DSiの目玉である2つのカメラや、側面のSDカードスロットなどはもちろん、背面にあるネジ穴や注意書きといったものまでしっかり再現されていて驚かされる。もちろん液晶スクリーン内に映し出された、メニュー画面や猫の写真もすべてレゴブロックにより描かれており、しかもちゃんとドットバイドットになっているというこだわりよう。一瞬、タッチしたら本当に動くんじゃないかとさえ思えてしまう。

 このほか、YouTubeには制作過程を記録した動画も作者自身により投稿されていたりして、こちらも必見の内容となっている。近々ロックフェラーセンターへ行く用事がある人は、ついでに見に行ってみてはいかがでしょうか。

あまりにリアルすぎて、作者の方が小さくなったように見える
背面もこのとおり。注意書きやバーコードも忠実に再現

関連キーワード

ニンテンドーDSi | LEGO | 直営 | 日々是遊戯


(C)2009 SeanKenney.com


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響